このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【今のトレンドは袴】小学生の卒業式の服はレンタルがおすすめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

小学生のお子さんの卒業式が近づいてきて、服装や髪型についてお悩みではないだろうか?選択肢が多い一方で、ドレスコードがあるので、あまり派手にはできない。しかし、一生で一度のことなので、気に入った服装にしてあげたいのも事実だろう。そこで今回、小学生の卒業式についてまとめたので、参考にしてほしい。

1. 男の子の卒業式はスーツが主流だが、袴もあり

中学、高校と違って小学校は比較的私服で通う所も多いため、卒業式となると服装選びが大変になるだろう。もちろん、購入してもいいのだが、レンタルもおすすめだ。

購入した場合、小学生の男の子はすぐに身体も大きくなって着られなくなるし、そうそう卒業式のようなフォーマルな場に出ることもないだろう。

記念として取っておきたい気持ちもわかるが、小学生の卒業式で着たきり、という可能性があることも理解しておくべきだろう。また、昨今袴が主流になりつつある地域も見られるが、着付けが必要になるので、レンタルも兼ねた一括サービスの利用をおすすめする。

というわけで、ここでは男の子の服のレンタルについて、ポイントを紹介していこう。

地域や毎年のトレンドにもよるが、男の子の小学生卒業の服装といえば、全国的にはスーツが多い傾向にある。レンタルでなくても、ジャケットとパンツ、シャツなどをそろえればいいので、購入とレンタルを合わせて気に入る格好をいろいろと探せるのも魅力だ。

とくにレンタル品は、裾上げなども気軽にできるように工夫されているので便利だ。ちなみに、レンタルに靴は含まれていないこともあるので、レンタル期間とあわせて事前に確認しておこう。

スーツが定番な一方で、袴という選択肢もあり、むしろ主流になっている地域もみられる。念の為、袴が許されているかを確認したうえで、着用するかを検討するといいだろう。

2. 女の子の卒業式は袴かブレザーか悩むところ

男の子の場合も女の子の場合も、小学生卒業の服にいいものを準備しようと思うと、高額になりがちだ。普段から頻繁に着ることもそうそうなく、女の子もまだまだ育ち盛りであることを考えると、やはりレンタルがいいだろう。

コストを抑えながら、高品質な衣装を多くの中から選べるという楽しみもある。とくに女の子の卒業式の服として近ごろは袴がトレンドになっていることもあり、レンタルであればトレンドを気軽に取り入れられるのでおすすめである。さっそくポイントを抑えていこう。

袴の場合もブレザーの場合も、衣装に靴が含まれていないことも多いので、別途レンタルするか、自分で用意するのを忘れないようにしておこう。また、袴の場合は自宅で着付けができる工夫がされているものもあるが、やはり普段着慣れていないならば、当日焦らないように、事前に一度は着付けておくべきだろう。その際、シワが多少なりとも付くことが想定されるので、アイロンで容易にシワが取れるものだと安心だろう。

ちなみに、親の和装が許されているケースもあるので、念の為確認した上で、子どもと合わせて和装をするのもいい思い出になることだろう。

子どもの服装と合わせる際に決して忘れてはいけないのは、主役なのはあくまでも子どもであり、保護者ではないということだ。ドレスコードは重視すべきであり、具体的には訪問着程度で参加するのが望ましい。スーツの場合などは、ブラックを基本に、グレーやベージュなどのシンプルな服装がいいだろう。

3. 小学生の女の子の卒業式での髪型を考える

男の子の小学生もそうだが、女の子はとくに髪型もキレイにかわいくしてあげたいところだろう。着付けをプロに任せる場合は気にする必要はないが、自分の手でセットしてあげるのもいいものだ。

しかし、そうなると見栄えとドレスコードのバランスが難しく感じないだろうか?あまり地味なのは素っ気ないし、派手になってしまうと小学生卒業の雰囲気にあわないなど、微妙なバランスがあることだろう。そこで、推奨したい髪型アレンジを、子どもの髪の長さごとに提案していくので、ご検討いただければ幸いだ。

ショートヘアーは編み込みをアレンジに取り入れよう

ショートヘアーはアレンジする余地がないと思われがちだが、そんなことはない。ぜひとも普段よりも手を入れてあげてほしい。具体的には、編み込みを取り入れたり、ポンパドールにしたりするとグッと印象が変わって特別感が出る。これらは比較的バランスも取りやすいのでおすすめだ。

セミロング以上はアレンジの幅が広がる

セミロング以上になるとやはり髪型アレンジの種類も豊富になってくるので、服装と合わせて、じっくりと検討するといいだろう。具体的には、編み込みによるアレンジは定番としておすすめでき、またサイドに結びを作ったハーフアップなどはフォーマルな服装に合わせやすく、大人っぽい雰囲気も出て卒業式にもぴったりだろう。

結論

小学生の卒業式は比較的自由であり、選択肢の幅が広かったり、毎年の微妙なトレンドの違いもあったりして、戸惑うこともあるだろう。しかし、人生にたった一度の小学生の卒業なので、それらを楽しんでいろいろと選んでみてほしい。今回の情報が一つの指針になれば幸いだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ