このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ベビーカーなしの子育ては不便?その必要性を徹底検証

投稿者:
ライター 杉谷香奈子(すぎたにかなこ)

2019年7月29日

子育てにベビーカーは本当に必要なのだろうか?と悩んでいる人も少なくない。子育て中のお父さんの中には「移動する時に便利」という声もある中で、「エレベーターを探すのが大変なので使わない」など、ライフスタイルや考え方によって意見が分かれるようだ。今回は、ベビーカーなしの子育てのメリット、デメリットなどや地域による必要性の違いなどについて検証する。

1. 子育て中にベビーカーが必要な理由

抱っこが辛い時もベビーカーなら移動がスムーズ

生まれたての時は軽々と抱っこできた赤ちゃんも、だんだんと重くなり、1歳を迎える頃には体重も約10キロにもなる。抱っこ紐やスリング(抱っこ用のハンモック状用具)のみの移動は、「肩や腰がつらい」という方も多い。また外出時は歩き始めの年齢になっても、まだ長時間の歩行は疲れて抱っこして欲しがったり、眠くなってしまう子どもが多い。そんな時もベビーカーを使えば楽々と移動が可能だ。

外出時の子どもの安全管理がしやすい

子育て中は、子どもの安全には常に気を使っているという方も多いだろう。特にまだ歩けない、または足元がまだおぼつかない年齢の子どもは、怪我や迷子が不安だという声も多い。

例えば銀行や病院の手続きの際や、買い物の会計の際などは、「子どもから目を離さず、用事も済ませなくてはならないので大変」という声もある。こんな時、ベビーカーに子どもを乗せておけば、比較的ゆっくりと用事を済ませることが出来る。

最近ではスーパーや公共の施設にベビーカートが用意されていることも多い。しかし、使用できる年齢に満たない場合や、混雑する休日では空きがないというもあるため、ベビーカーを持参した方がより安心だ。

2. 子育て中はベビーカーでは不便なこともある?

段差を上らなければいけないシーンは多い

子育て中のお父さんやお母さんにとって、ベビーカーは移動を楽にする便利なアイテムだが、段差を上らなければいけない時には移動が非常に困難だ。

「エレベーターがない集合住宅に住んでいる場合や、エレベーターがない地下鉄周辺に住んでいたり、段差や坂が多いエリアに住んでいる場合は、ベビーカーと子どもを抱えて移動する必要も出てくる。一般的なベビーカーは約5キロと、1歳児の体重と合わせればその重さは約15キロ以上にもなる。このような場合、軽量なスリングやおんぶひもの方が移動はスムーズだ。

ベビーカーを子どもが嫌がる場合もある

抱っこが好きな赤ちゃんの中には、ベビーカーに乗せると嫌がって泣いてしまうという子もいる。こうした場合、ベビーカーを買ったもののほとんど使用しなかったという家庭も多いのだ。逆におんぶ紐やスリングを嫌がる子どももいる。こうした子育てグッズは子どもの様子を見て使用を検討したほうがよいだろう。

3. 東京近郊と郊外では違う?ベビーカーなしが不便なのはどっち

東京近郊では公共の交通機関をしようする方も多く、車がなくとも外出に不自由しないため車を持たないという家庭も多い。

電車やバスなどの公共交通機関を使って移動する際にはベビーカーがあった方が便利だ。
ただし、階段が少ない地下鉄や、混雑する路線を使うときは、スリングやおんぶ紐、コンパクトサイズのベビーカーを使用した方が利便性は高いだろう。

郊外で子育てをする場合、車の移動が多いという家庭が多い。基本的に車にチャイルドシートを設置して、モールやスーパーなどでは貸出用のベビーカートを使用するため、ベビーカーは必要なかったと話す家庭も多いのだ。

しかし、ベビーカートがない場所へのお出かけが多い場合は、ベビーカーがあると助かる。また、歩き始めた頃の子どもが歩くことに疲れた時は、ベビーカーに乗せて休ませることができるため、ベビーカーは欠かせないという声もある。歩き始める前には不要だったものの、歩くようになってから小回りのきくバギータイプのベビーカーを購入するという家庭も多いのだ。

このように、住んでいる地域だけでなく、子どもの性格や年齢によっても必要性は異なる。新生児から生後3ヶ月までのお出かけ回数が少ない時期は抱っこやスリングでのり切り、様子を見てベビーカーの購入を検討するのがベストだろう。

4. いつから大丈夫?ベビーカーなしの子育て

子育てにおいてベビーカーが必要なくなるのはいつ頃なのだろうか?子どもの発達には個人差があるが、歩き始めるのがだいたい1歳前後で始めはよちよち歩きでも、1歳半頃から足取りがしっかりして来る。この頃からベビーカーを嫌がり、自分で歩きたがるお子さんも出てくる。

2歳を過ぎると動きがとても活発になり、好奇心旺盛になってくるため、移動は自分の足でしたいという子も出てくるようだ。なかには色々なところへ自分で行きたがり、足が速くて追いつくのが大変というケースもある。この頃から、ベビーカーは子どもがくたびれた時だけ使うという家庭が多くなる。3歳になると多くの子どもがベビーカーを卒業するようだ。

結論

ベビーカーが必要かどうかは、居住区の環境や、車移動か電車移動か、また子どもの発達段階など、家庭によって非常に様々だ。そのため、赤ちゃんが生まれて子育てがスタート間もない頃は少し様子をみて、本当に必要と感じたら購入するという方法もある。自治体によっては、子育てセンター等で安価で貸し出しをしている場合もあるので調べてみよう。また最初は気軽にレンタルで試してから購入するのもひとつの方法だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ