このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トイレトレーニングのカギは「踏み台」だった!選び方や作り方を紹介

投稿者:ライター 岩間智恵美(いわまちえみ)

2019年7月29日

子どもが成長するにつれて、必ず必要になってくるトイレトレーニング。「おしっこしたくなったら自然とできるようになるでしょ。」と考えていたものの、なかなか進まないとお悩みの方も多いのではないだろうか。そもそのトイレに行きたがらないという子どもも多い。そんな時に心強い味方となるのが踏み台だ。今回は踏み台についていくつか紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. トイレトレーニングに踏み台は必要?

トイレトレーニングで踏み台を使用する家庭は多いが、「そもそも踏み台っているの?」とお考えの方も多いだろう。結論から言うと、トイレトレーニングを成功させるためには、断然あったほうがいい。

子どもにとって大人の便座は高く、座るためによじ登る必要がある。自分で座ることができなければなかなかトイレをやってみようという気にならない。また座れたとしても高く不安定な位置では怖いと感じるだけでなく、踏ん張ることができないので、用を足すのに時間がかかってしまう。

ところが、自分の体に合った踏み台があれば自分で座ることができるため、もっとスムーズに行うことができる。踏み台があればトイレトレーニングが終わった後も、自分でトイレに行くようになるため、トイレのたびに子どもを抱っこする必要がないという点も非常に魅力的だ。

2. 失敗しない踏み台の選び方

初めて踏み台を購入するとき、どれを買えばよいのか迷った時はトイレトレーニングの目的やトイレの広さに合わせて選んでみてはいかがだろうか。

トイレに興味をもたせたいのであれば、子どもの好きなキャラクターがプリントされている踏み台を用意すると楽しくトイレトレーニングを行うことができる。安定感を求めるのであれば、補助便座とステップが一体型のものがおすすめだ。トイレでスペースを取らないもの、大人が使用する際に邪魔にならないものは必要なら、1〜2段の小型の踏み台もいいだろう。

しかし、ここで見逃してはいけないのは、子どもの身長に合わせて一人で登ることができる踏み台を選ぶようにするという点だ。踏み台は多くの種類が販売されているが、子どもが自分で上り下りできること、きちんと踏み台に足をつけて便座に座れることが大切だ。

3. 折りたたみ式踏み台なら省スペース

トイレトレーニング用の踏み台は思ったよりも場所をとる。大人がトイレを使用するときに邪魔になってしまうという声も多い。そんな悩みにも答えてくれるのが折りたたみ式の踏み台だ。脚立のようなステップに補助便座が付いているタイプなら安定感もあり、いざという時は畳んで横にしまえる。また、補助便座と踏み台を別々に購入するよりも経済的だ。

そのほかにも、折りたたみ式の脚立を踏み台に使用しているという家庭もあるようだ。一段式や二段式など、高さも様々なタイプの脚立が販売されている。子どもの体型にあったサイズを見つけることが難しい場合にも、脚立ならちょうどよい高さが見つかる。

トイレトレーニングが終わった後は少し高いところの掃除がしたい、手が届かないといった時にも再利用できるという点も魅力的だ。さらに脚立なら子どもでも持てるくらい軽い物が多いので、トイレトレーニングをするときに子ども自身で運ぶことができるのだ。子ども自身で踏み台を運ばせることで、トイレトレーニングに意欲的に取り組むようになるだろう。

4. 牛乳パックやダンボールで手作り踏み台に挑戦!

トイレトレーニングのために踏み台見てみると、2,000円、3,000円、4,000円と予想よりも高い金額に驚く方も少なくはないだろう。そこでおすすめしたいのが、ダンボールを使った踏み台だ。家にあるダンボールを使って、見た目もかわいくすれば非常に経済的だ。子どもと一緒に作るのも楽しい。子どものやる気アップにもつながる。

またメンテナンスや捨てやすい点も非常に助かる。使用用途上、どうしても汚れが気になるが、子育て中はこまめな掃除をするのは難しい。しかしダンボールの踏み台なら気軽に捨ててしまえる。

ほかにも、牛乳パックを並べて踏み台を作るという家庭もあるようだ。すでに箱型なため、縦方向に並べて、ガムテープで束ね、上にダンボールで蓋をするように足を置く部分を作れば完成だ。最後にリメイクシートでおしゃれに装飾すれば強度も十分の踏み台が簡単に作れる。ここで注意して欲しいのは牛乳パックを横方向に並べると強度に問題が生じる。必ず柱を並べるように牛乳パックを立てて並べて作成しよう。

結論

トイレトレーニングは、子どもが成長する中で避けては通れない道だ。出来るだけスムーズに終わらせたいと考える方も多いだろう。今回ご紹介したように市販品だけでなく、手作りの踏み台も、子どもの体型やトイレのサイズに合わせて作れるため、ぜひチャレンジしてみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ