このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

小学生・中学生の親必見!かさばるプリントのおすすめ整理術

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

学校から持って帰ってくるプリントはもちろん、塾や予備校からのプリントは想像以上に大量である。プリントをきれいに整理しようと張り切ると、ストレスになってしまうことはないだろうか。プリントはきっちりファイリングして、整理する必要はない。ざっくりと管理して、必要な時に取り出せる工夫をご紹介する。

1. 脱クリアファイル プリント整理は定位置を決めることから

プリント整理はとりあえず定位置を決めて、そこに入れていくことから始めよう。そのためには「大学」「高校」「中学校」「塾」など、分類する必要がある。いったんクリアファイルに入れることが多いかもしれないが、一度しまうと整理整頓することがなかなかできなくなってしまう。それを避けるために定位置としておすすめしたいのは、クリアファイルではなく、インデックスがついた固めのボックスだ。

クリアファイルのように綴じられている場合、一度入れるとぱっと取り出しにくい上に、収納枚数にも限界がある。ハンギングホルダーを利用すれば挟み込むタイプの場合は枚数に上限がないためおすすめだ。じゃばらになっていて、そこにどんどん書類を入れるだけで、管理しやすい上に取り出しやすい。

ここで注意してほしいのは、このファイルはあくまで一時置き場であるということだ。ここを定位置にせず、定期的にきちんとファイルして管理しよう。

2. 塾のプリント整理は特に重要

クリアファイルにプリントをどんどん入れていると、いつの間にかプリントが大量になっていることはないだろうか。できれば月に1回、もしくは2週間に1回の頻度でファイルを整理しよう。

大学や高校、中学などからのプリントは、イベント前後に配られる特別な手紙のほか、定期的に発行される学校だより、クラスだよりなどがある。イベントに関するお知らせは、そのイベントが終わってしまえば保管する必要はない。また日付が過ぎたものも捨ててしまおう。

塾の場合、プリントは勉強関連、保護者へのお知らせ、本人へのお知らせと、種類が増えるため、それを分類しファイリングしていく。塾関連のものは、子どもが見たい時にチェックできる場所に置いておこう。プリントの順番がバラバラにならないように、ハンギングホルダーなどに入れておくことのもおすすめだ。塾のプリントを使いやすく管理することで、探す手間がなくなり、勉強に取り組みやすい環境となる。環境を整えることは、効率よく勉強ができることにもつながるのだ。

3. プリントを写真で管理する方法

中学生、高校生、大学生となると、スマートフォンを持っているケースも多くなるだろう。そういった場合、プリントをもらったらすぐに撮影し、それを共有するというのも管理方法としておすすめだ。写真を撮っておけば、プリントが紛失することもなくなり、かつ各々がチェックしたいタイミングでどこでも見ることができる。

写真を撮影し、そのデータに分かりやすい名前を付けて、共有するという作業は、親が行う必要が出てくるかもしれないが、一度フローが決まってしまえば想像以上に快適な管理方法となる。

最近はプリント管理用のアプリも出ているので、自分が使いやすいと感じるアプリを探してみよう。ペーパーレスが進む現代において、家庭でもプリントのデータ化を検討してみるとよいだろう。

結論

学校や塾のプリントの管理に関する悩みは、今も昔も変わらない。大切なのは、管理する手順が自分にとってストレスにならないことだ。ペーパーレスでは原本がなくて不安と感じるタイプの人や、大量のプリントを見るだけで嫌になる人など、タイプはそれぞれなため、まずは自分に合ったスタイルの管理方法を知ることから始めよう。その上で、より効率よくプリントを管理する方法を検討してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ