このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ランドセル置き場どうしてる?部屋がきれいに片づく収納アイデア

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

勉強道具を持ち運ぶためのランドセルは、使いやすい場所に収納することが大切だ。とはいえ、出し入れのしやすさを優先しすぎると部屋が散らかった印象になりかねない。そこで今回はランドセルの置き場を特集。リビングに置いてもおしゃれに見せる方法やキッチンワゴンを使ったアイデア、プチDIYでランドセル置き場を手作りする方法を紹介する。

1. リビングにランドセルを置いてもおしゃれに見せるには?

このところリビング学習を取り入れている家庭も増えているようだが、リビングで宿題や勉強をするのであれば、ランドセル置き場をリビングにも作る必要があるだろう。ところがリビングにランドセルを置いてしまうと、どうしても邪魔になったり散らかった印象になったりしがちだ。きちんと整理整頓されているように見せるにはちょっとした工夫が必要になる。

もっとも手軽でおすすめなのが、クローゼットなどにランドセルを収納する方法だ。子供の背の高さに合わせて使いやすい置き場を用意できるし、扉を開けておけば出し入れもしやすい。来客時に扉を閉めるようにすれば室内の景観を損なうこともない。

また、カウンター下に棚や収納ボックスを設置してランドセルを収納するのもおすすめだ。低い位置であれば子供がランドセルを取り出しやすいうえに、ランドセルが目立ちにくい。棚や収納ボックスのトーンを壁紙やほかの家具と統一すればよりおしゃれな印象になる。階段下もランドセル置き場に最適で、デッドスペースになりがちな空間を有効活用できるだけでなく、ランドセルが邪魔になりにくい。

2. キッチンワゴンでどこでもランドセル置き場に

状況に応じてランドセルを収納する場所を変えたい場合におすすめなのが、キッチンワゴンをランドセル置き場として活用する方法だ。とくに便利なのがキャスターつきのキッチンワゴンで、例えば複数の収納場所があるタイプのキッチンワゴンなら、上段にランドセル、中段にはハンカチや靴下、下段に勉強道具を収納するという具合に、いろんな使い方ができる。

キッチンワゴンといってもいろんなサイズがあるので、ランドセルがちょうど収まるものを選ぶのがよいだろう。フックがついていて、制服をかけておくことができるワゴンもある。邪魔に思えたり散らかった印象に見えたりする場合は、キッチンワゴンごと収納スペースに入れてしまってもよい。

3. プチDIYでランドセル置き場を手作りしよう

ちょっとしたDIYでランドセル置き場を手作りすることもできる。とても手軽でDIY初心者にもおすすめなのが、カラーボックスを使うアイデアだ。三段のカラーボックスを用意して組み立てていき、天板だけをつけない状態で完成とし、上段をランドセル置き場にする。天板を排除することで、カラーボックスのサイズに関係なくランドセルの出し入れがしやすくなる。

二段目に教科書などを入れておくための仕切り板をつけてもよいだろう。その場合は、棚板を接着剤で固定すればOKだ。最下段にはレールボードなどを設置して、引き出し式のプラスチックケースを取りつけ、プリントなどを収納するのもおすすめだ。わざわざ収納用の家具を買わなくても、カラーボックスで代用できるのは経済的に助かるし、DIYといってもクギや金槌は不要なので、大工仕事に慣れない方もぜひ試してみてほしい。

結論

なかなか存在感のあるランドセルだけに、リビングに乱雑に放置されたままだと邪魔になるし散らかった感じになってしまう。クローゼットやカウンター下をうまく活用して、子供にとって使いやすく、見た目もすっきりとしたランドセル置き場を作るとよいだろう。キッチンワゴンやDIYも取り入れて、快適な空間を実現するのに役立ててほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ