このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子ども服やボタンの修繕に。スナップボタンの付け方をご紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

洋服や小物に付いている、パチッと音がなるタイプの「スナップボタン」。子ども服に使われることが多いが、最近では可愛くてお洒落なものもあり、小物の修理やアレンジ、ハンドメイドなどでも活躍している。しかし、スナップボタンの素材や種類はさまざまであり、その付け方も多岐にわたる。今回は、スナップボタンの付け方についてご紹介しよう。選び方や縫い付け方はもちろん、縫わずに取り付ける方法についても解説するので、ぜひ参考にしてほしい。

1. 100均や手芸店でスナップボタンを選ぶときの考え方

スナップボタンは、凹凸のついたボタン2つを組み合わせることでしっかりと留めることができるボタンのことだ。簡単に付け外しができて、服に引っかかりにくく、洗濯しても取れにくい。このような特徴から、子ども服をはじめ幅広い用途で利用されている。

そんなスナップボタンには実にさまざまな種類があるが、大きく分けて2つのタイプに分けることができる。

1つめは糸を使って、ボタンを縫い付けるタイプのスナップボタン。主に金属製のものが多く、コートやバッグ、財布などに利用されている。

2つめは打ち具などを利用してボタンを留めて付けるもので、縫い付ける必要がないタイプのスナップボタンだ。主にプラスチック製のものが多く、軽くて扱いやすいため、子ども用や介護用に利用されることが多い。中には打ち具を必要とせず、指の力で付けるものもある。

スナップボタンの素材や生地に留めるための道具は、100均や手芸店で簡単に手に入れることができる。その中から何を選ぶかは、上で紹介した2つのタイプを参考に、用途に合わせて選ぶとよいだろう。

2. 糸を使ってスナップボタンを縫い付ける方法

それでは、実際にスナップボタンの付け方を見ていこう。まずは糸を使って縫い付ける方法を紹介していく。

用意するもの

  • スナップボタン(縫い付けるタイプ)
  • ボタンを付けたい生地
  • ソーイングセット(針・糸・はさみ)

手順

  • 針に糸を通して、糸の端に玉結びをつくる。
  • 生地上の凸のボタンを付けたいところに針を刺し、糸のついた針ですくう。
  • ボタンを置き、空いている穴のどこか1つに糸を通す。
  • 通した穴の外側に針を刺し、生地をすくう。
  • 再び穴から針を出し、また外側に針を通す。これを3〜4回繰り返す。
  • 隣の穴へ移動し、同じように4と5を繰り返す。
  • すべての穴を縫い終えたら、ボタン近くで玉留めをする。
  • ボタンの下に針を通し、玉留めが隠れるように針を抜く。
  • 凸のボタンに、凹のボタンを留める生地を押し付ける。
  • 生地に残った跡を目印に、1〜8の要領で凹のボタンを縫い付けて完成。
スナップボタンをよりしっかり固定したい場合は、穴を通すたびに針に糸を巻きつけてからゆっくり抜こう。そうすれば糸が外れにくくなり、強度を増すことができる。

3. スナップボタンを縫わないで取り付ける方法

縫わずに付けられるスナップボタンは、打ち具やハンディプレスを使うタイプと、使わないタイプの2つに分けることができる。今回は特別な道具を必要としない、プラスチック製のスナップボタンを取り付ける方法を紹介する。ちなみにプラスチック製の場合、縫い付けるタイプとは違って1対のスナップボタンで4つのパーツが1セットとなっていることが多い。

用意するもの

  • スナップボタン(プラスチック製の縫い付けないタイプ)
  • ボタンを付けたい生地
  • 穴を空けられるもの(キリや目打ちなど)

手順

  • 生地上のスナップボタンを付けたい場所に、キリなどで穴を空ける。
  • 布をはさむように凹凸のボタンを合わせて留める。
  • もう1組の凹凸のボタンも同じ要領で留める。
縫い付ける場合と比べると手順は非常にシンプルだが、生地に穴を開ける必要があるので、場所を間違えると大変なことになってしまう。ボタンを取り付ける際には、場所を念入りに確認しておこう。

結論

スナップボタンの付け方を習得すれば、ボタンの修繕やハンドメイドなどをする際に非常に役に立つ。裁縫や細かい作業が苦手という方は、縫い付けない方法をつい選んでしまうかもしれない。しかし、ボタンの特徴や用途に合わせてボタンの種類を選ぶことはとても大切だ。ぜひこの機会にお気に入りのスナップボタンを見つけ、取り付けにチャレンジしてみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ