このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いつ頃が最適?マタニティフォトにベストな撮影時期を解説

投稿者:
ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年7月29日

「マタニティフォトを撮りたいが、いつごろ撮影するのがベストなのか」とお考えの方も多いのではないだろうか。最適な時期は一般的に「妊娠8~9か月ごろ」といわれているが、なぜなのだろうか?今回はマタニティフォトに最適な時期を解説する。

1. マタニティフォトはいつから撮れる?

マタニティフォトの撮影は、いつから開始できるものなのだろうか。「マタニティフォトとは大きいおなかを写す」というイメージから、お腹の膨らみがはっきりしてくる妊娠後期に撮影するという方も多い。なかには、セルフ撮影で、妊娠初期から毎月同じ構図で撮り、おなかの変化を記録する方もいる。

このようにマタニティフォトには、厳密に「いつごろ」という開始時期の制限はなく、「本人たちが撮影したい時期から撮れる」といえる。ただし、現実的には、安定期に入る前の妊娠4か月ごろまでは、つわりに悩む方も多く、写真撮影どころでは場合も多い。

体調やお腹の膨らみ、撮り方を考慮に入れて、スタジオ撮影を検討しているのであれば事前に確認しておくとよいだろう。

2. いつごろがベスト?マタニティフォトに最適な撮影時期

多くのフォトスタジオでは、マタニティフォトを「妊娠後期の8~9か月ごろ」に撮影するように推奨しているようだ。この時期であれば、おなかのふくらみが目立たないという心配がなく、マタニティフォトらしい写真を残せるためだ。

マタニティフォトをこの時期に撮るもう1つの理由は、出産に近づけば近づくほど、女性の体はむくみやすくなるという点である。臨月近くの「手足や顔がパンパンにむくんだ写真を残す」ということに、抵抗がある女性もいる。これを避けるためにも、はっきりとしたおなかのふくらみをきれいに写真に残せる最適な時期が「妊娠8~9か月ごろ」なのである。

3. 妊娠37週以降にマタニティフォトを撮るリスク

いつごろマタニティフォトを撮るか検討している夫婦の中には「出産予定日の前なら間に合うだろう」と考える方もいる。しかし、いくら予定日の前とはいえ、妊娠37週以降のマタニティフォト撮影には「いつ陣痛がきてもおかしくない」というリスクがある。

出産予定日は妊娠40週0日に設定されるものだが、実際には妊娠37週目(10か月の2週目)以降になると、赤ちゃんの身体機能は十分成熟し、いつ母体の外に出ても生きていけると考えられている。この時期の出産を医学用語で「正期産」と呼ぶ。

つまり、予定日より3週間早く生まれることも十分にあり得るということなのだ。前項で述べた「むくみ」の問題だけでなく、突然陣痛や破水が起こる可能性も考えられるため、正期産に入る妊娠37週目以降のマタニティフォト撮影は控えたほうがよいだろう。

4. 状況によって変わる?マタニティフォトの撮影時期に関する注意点

これまで、マタニティフォトのベストな撮影時期が妊娠8~9か月である理由を述べてきたが、どんな方にもこの時期が最適だとは限らない。ここで、マタニティフォトの撮影時期に関する注意点をお伝えしよう。

双子以上の多胎妊娠

双子や三つ子など、二人以上を同時に妊娠している状態を「多胎妊娠」と呼ぶ。多胎妊娠の場合は、妊娠5~7か月ごろにマタニティフォトを撮影しておくと安心だ。

赤ちゃん一人を妊娠するよりも医学的なリスクが高い多胎妊娠は、ハイリスク妊娠に分類され、出産は正期産のころに予定帝王切開となることが多い。さらに、病院の方針や、赤ちゃんの状態などによっては、妊娠8か月ごろから入院する場合もある。多胎妊娠は、母体の負担も大きくなるため、マタニティフォトは妊娠中期の撮影を検討しよう。

医師からの指示を仰ごう

多胎妊娠以外でも、35歳以上の妊娠や、妊娠高血圧症候群などの合併症が現れた場合など、ハイリスク妊娠に分類される場合がある。もしハイリスク妊娠に該当する場合は、マタニティフォトをいつ撮影したらよいか主治医に確認することをおすすめする。

ハイリスク妊娠といわれたわけではなくても、自分たちで決めた時期での撮影に不安を感じる際も、医師に確認すれば安心して撮影に臨めるはずだ。

また、スタジオでマタニティフォトの予約をしていたものの、その時期に安静にするように産院より指示を受けた場合は、無理をせず医師の判断に従おう。

結論

マタニティフォトに最適な時期は一般的に「妊娠8~9か月」といわれているが、妊娠の状況や経過によっては、前倒ししたほうがよい場合もある。妻が無理をすることのない時期を選び、心に残る写真を撮影しよう。適切な時期を選び、楽しくマタニティフォトを撮影できれば、出産に向けて夫婦の絆もさらに深まるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ