このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

東京都内で開催される幼児向けサマースクールおすすめ4選!

投稿者:ライター Brunner Akiko(ブルーナアキコ)

2019年7月29日

家族や仕事の都合で長期休暇を取ることは難しいが、子どもたちの夏休み期間を充実して過ごさせてあげたいと考える方も多いだろう。そこで今回は、アクセスも良好な東京都内で2019年度に開催されるサマースクールについて、おすすめを4つご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. Kspace International School(ケイスペース・インターナショナルスクール)

Kspace International Schoolは、子どもの早期英語教育を目的に2001年に東京都港区に創立されたインターナショナルスクールだ。サマースクールの間は英語のみのコミュニケーションとなる。東京都港区白金台にあるため、比較的アクセスしやすい。英語教育に力を入れたサマースクールを選びたいという方におすすめしたい。

2019年度サマースクールの開催期間

Kspace International Schoolは、生後14カ月の乳幼児から8歳までの子どもを対象に毎年サマースクールを開催している。

2019年度の開催期間は、7月15日から8月31日までである。サマースクールの開催時間帯は「9:00から15:00まで」と全日の「9:00から17:00」から選ぶことができる。

クラス分類

2019年のサマースクールプログラムは「3歳未満クラス」「3歳~4歳クラス」「4歳~6歳未満クラス」「6歳~8歳未満クラス」に分けて開催されるため、年齢ごとに応じたプログラムを受講できる。

プログラム内容

Kspace International Schoolのサマースクールプログラムは、週や曜日ごとにテーマが決められたテーマに沿ってさまざまなアクティビティがおこなわれる。

テーマの例としては、月曜日「サイエンス」、火曜日「料理」、水曜日「地理」など子どもたちを飽きさせない工夫がたくさん盛り込まれている。

2. United School of Tokyo(ユナイテッドスクール・オブ・東京)

United School of Tokyoのサマースクールは、幼児から英語のレベルを考慮したクラス分けをしており、初めてのサマースクール参加や英語力に自信のない場合でも安心して参加できる。

2019年度サマースクールの開催期間

United School of Tokyoは、3歳8か月の幼児から11歳までの子どもを対象に毎年サマースクールを開催している。

2019年度の開催期間は、7月1日から8月9日までの9週間だ。サマースクールの開催時間帯は「9:00から15:00まで」であるが「15:00から17:00」までの延長保育を選択することもできる。

プログラム内容

週ごとに異なるテーマが設定されており、工作・アート・サイエンス・クッキング・運動など、五感を活用しながら楽しんで学びを深めることができる工夫が施されているのが大きな特徴である。

3. EtonHouse International pre-school Tokyo(イートンハウス・インターナショナルプレスクール東京)

EtonHouse(イートンハウス)は、1995年にシンガポールでプリスクールが創設されて以来、アジアを中心とする12ヶ国で100校以上の学校を運営している。

サマースクールでは、自然科学について幼児も楽しみながら学ぶことができることに加えて学ぶ語学を「英語」と「中国語」から選ぶことができるのが大きな特徴である。

2019年度サマースクールの開催期間

EtonHouseは、2016年9月以前に誕生した幼児から6歳までの子どもを対象にEtonHouse International Pre-School Tokyoにてサマースクールを開催している。

2019年度の開催期間は6月17日から8月9日までであり、サマースクールの開催時間帯は「8:30から14:00まで」だ。

プログラム内容

週ごとに設定された自然の中にある「木」「火」「金属」「地球」「水」の5つの要素に因んだテーマについて体験を通して語学と自然科学を学ぶことができるのが大きなポイントである。

4. The American School in Japan(アメリカンスクール・イン・ジャパン)

アメリカンスクール・イン・ジャパンの六本木キャンパスでは、年少児から小学1年生を対象にサマースクールを開催している。

全てのアクティビティはネイティブスピーカーが指導するため、子どもたちは自然とネイティブスピーカーの発音を身につけることができるのが大きな特徴である。

2019年度サマースクールの開催期間

六本木キャンパスでは年少からサマースクールに参加することができるが、年少の場合は年中以上の兄姉が同時に申し込む必要がある点に注意が必要だ。また、保育園や幼稚園に通園している経験があり、トイレトレーニングが完了していることが条件になっている。

2019年度の開催期間は、A日程「7月22日から7月31日まで」とB日程「8月1日から8月10まで」の各8日間1コースである。サマースクールは「9:30から14:30まで」の時間帯に開催される。

プログラム内容

アメリカンスクール・イン・ジャパンのサマースクールの特徴は「生きた英語」を自然に吸収できるようなアクティビティを設定している点である。

具体的には、ゲーム・工作・歌・絵本の読み聞かせ・水遊びなど日本の幼稚園でも実践されているプログラムを「英語」で体験できるため、子どもたちも自然と英語の理解を深めることができる。

結論

今回は、2019年度に東京都内で開催される幼児向けサマースクールについてご紹介した。一言に「サマースクール」といっても、必要な英語力に違いがあったり、主催者ごとに指導方針や特徴が異なる。そのため、子どもたちも楽しく有意義な時間を過ごすことができるように目的や子どもの興味や好みに合わせて「サマースクール」を選んでいこう!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ