このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

夏休みに子どもと行きたい人気国内旅行先4選を公開!

投稿者:
ライター 佐々倉亜貴子(ささくらあきこ)

2019年7月29日

夏休みは、子どもを連れて家族みんな揃って国内旅行を計画している方も多いだろう。国内にはたくさんのレジャー施設があり、どこに行けばよいのか迷ってしまう。今回は子ども連れにおすすめの旅行先4選を紹介する。今年の夏休みは家族で忘れられない思い出を作ろう!

1. 国内で海外気分!リゾートを満喫「沖縄」

まず最初に紹介するのが、夏休みの旅行の定番「沖縄」だ。沖縄は国内でありながらも美しいビーチと白い砂浜を堪能できる南国リゾート地である。透き通った海では、シュノーケリングで熱帯魚と触れ合うなどのアクティビティも楽しめる。

そのほかにも夏休みにおすすめの沖縄の観光地を紹介しよう。
  • 美ら海水族館
    美ら海水族館は国内でも最大級クラスの大型水族館である。夏休みの沖縄は天候が崩れる時期もあるが、室内なので天気に左右されずに楽しめる。また、多くのワールドレコードを持っており、巨大水槽「黒潮の海」を始めとした世界スケールの展示を見ることができる。
  • 首里城
    沖縄はかつて「琉球王国」として栄えており、首里城はその王城であった。独特な文化を持つ琉球王国の建物はどれも色鮮やかであり、華やかな雰囲気が感じられる。城内で歴史や文化に触れ、夏休みの課題としてまとめてもよいだろう。

2. 暑い夏におすすめ!グルメも豊富な「北海道」

暑い夏休みには涼しい場所に行きたくなる。次に紹介するのは夏休み旅行で人気の高い「北海道」だ。東京都の約40倍という広大な面積の北海道には、自然遺産から温泉までさまざまな観光スポットがある。北海道の人気スポットを見てみよう。
  • 旭山動物園
    旭山動物園は子どもはもちろん、大人も楽しめる動物園としても人気が高い。動物たちの自然な姿を観察する行動展示スペースや、違う動物を同じ場所で生活させる共生展示スペース、食事中の動物たちを間近で見られるもぐもぐタイムなど見どころがたくさんある。敷地が広く夏休みは来場者も増えるため、先にルートを決めておくのもよいだろう。
  • 白い恋人パーク
    北海道の定番土産といえば「白い恋人」である。この白い恋人パークでは、白い恋人の工場見学やチョコレートに関する展示などを行っている。また、敷地内には0才児から遊べるキッズタウンやミニチュアの家が立ち並ぶガリバータウン、園内を一周できる白い恋人鉄道などアトラクションもたくさんある。小さな子ども連れにおすすめしたいスポットだ。

3. 子ども受け抜群!レジャー施設が豊富な「千葉」

3つ目は都心部から近い「千葉」だ。夏休みといえばディズニー!という方も多いだろう。ディズニーランド&ディズニーシーを始めとして、千葉にはたくさんのテーマパークやレジャー施設がある。夏休みという長期休暇だからこそ、千葉でたくさんの思い出を作ろう。
  • 東京ディズニーリゾート
    東京ディズニーリゾートは国内で最も有名なテーマパークだろう。大人から子どもまで幅広い層に人気があり、夏休み問わず旅行先として人気がある。特に東京ディズニーランドは坂道が少なく、低年齢層向けのアトラクションも多いため子ども連れにおすすめだ。
  • 鴨川シーワールド
    鴨川シーワールドは「海の世界との出会い」をコンセプトにした水族館である。自然環境をリアルに再現した展示方法で約800種類、1万1000点の生き物に会える。特に、海の王者シャチをはじめとした動物たちのショーは必見だ。日本でシャチがいる水族館は2箇所しかないため、子どもたちにもかけがえのない体験となるだろう。

4. 朝から晩まで楽しめる!くいだおれの旅「大阪」

最後に紹介するのが、くいだおれの街とも呼ばれる「大阪」だ。大阪にはたくさんの名物があるので食べ歩きにも最適だ。また、カニ道楽やグリコの看板などインパクト大のランドマークも多い。大阪の観光スポットをめぐり、食事も観光も満喫する欲張りな夏休みを過ごそう。
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
    大阪のテーマパークといえばユニバーサル・スタジオ・ジャパンである。独特なセットのパーク内を歩けば、映画の世界に入ったかのような気分になれるだろう。子どもに人気のミニオンや大ヒット映画のハリーポッターなどエリアごとにたくさんのキャラクターたちが登場する。環境・アトラクション・ショーすべてで楽しめるテーマパークだ。
  • 道頓堀
    道頓堀は大阪を代表する繁華街である。川沿いに設置された大きなグリコの看板は昼夜問わず記念撮影をしている人がいるほど有名なフォトスポットだ。圧巻のサイズのグリコの前で同じポーズをして夏休みの記念写真を撮ろう。また、道頓堀にはさまざまなジャンルの飲食店が並んでおり、「くいだおれ」を象徴する場所でもある。いろんなお店を食べ歩き、大阪の食を堪能しよう。

結論

今回は、家族連れにおすすめの夏休みの国内旅行先を紹介した。どの場所も違った魅力があり、計画を立てるだけでもわくわくする。夏休みの旅行は子どもたちにとっても楽しみなイベントだろう。たくさんの観光スポットの中から子どもたちの興味に合わせた場所を選びたい。今年の夏休みは観光を通して、家族でのかけがえのない思い出を作ろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ