このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【夏休みの家遊び】盛り上がる!今すぐ試したいおすすめアイデア4選

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年7月29日

夏休みは子どもとの時間を楽しみたいとお考えのお父さんやお母さんも多いのではないだろうか。遠方まで出かけたり、新しいおもちゃを買うという楽しみ方もあるが、今回は特別な準備不要で室内でも盛り上がる、楽しい家遊びのアイデア4選を紹介しよう。

1. 夏休みの家遊び1:アイスクリーム作り

暑い夏休みは、冷たいデザートが恋しくなる。そんな時は、家で冷たいアイスクリーム作りをしてみてはいかがだろうか。アイスクリーム作りはシンプルな工程で作れるが、冷却に少し時間がかかるため、子どもと振って遊びながら作ることができる。以下に材料や作り方を紹介したので、参考にしてほしい。

用意するもの

  • 牛乳と生クリーム 100mlずつ
  • 砂糖 30g
  • 氷およそ1kg(冷却用)
  • 食塩およそ330g(冷却用)
  • ジップロックMサイズとLサイズ1枚ずつ
  • 大きめのタオル

作り方

  • Mサイズのジップロックに牛乳、生クリーム、砂糖を入れて袋をもむ。中の空気は少しだけ含むようにして適度に抜いて閉じる。
  • Lサイズのジップロックに食塩と氷を入れて、その中に先ほどのMサイズのジップロックを入れる。
  • タオルの真ん中にLサイズのジップロックを入れ、輪ゴムなどを使って縛る。
  • タオルの片端をお父さん、もう一方の端を子どもが持ち、ぐるぐる振り回すなどよく振って撹拌する。アイスが固まったらできあがりだ。

ポイント

この作り方のポイントは食塩と氷を混ぜると起こる化学反応を、アイスクリーム作りに利用しているという点だ。なぜアイスクリームができるのかを調べてまとめると、夏休みの自由研究にも使える。作る際にはタオルを振り回すときに中に入れたジップロックが落ちないよう、しっかり包むよう注意しよう。

2. 夏休みの家遊び2:新聞紙遊び

家にあるもので夏休みに楽しめる遊びがないかお探しの方には、数分あれば気軽にできる、新聞紙遊びを楽しんでみてはいかがだろうか。

新聞紙でゲーム

新聞紙やチラシを丸め、ゴミ箱の中にシュートする「ゴミ箱バスケット」や、新聞紙を筒状に丸めて剣を作って遊ぶ「チャンバラごっこ」など、体を使う遊びは子どもの運動神経を伸ばす効果も期待できるだろう。

新聞紙をちぎって、作って遊ぶ

新聞紙をちぎるという動作は幼児の指先の巧緻性を鍛えるために効果的といわれている。そのため、新聞紙を一緒にちぎって部屋中にばらまく遊びもおすすめだ。新聞紙の紙吹雪をうちわであおぐと、新聞紙が舞い上がりさらに盛り上がる。

こうした遊びはつい後片付けが心配になるが、このちぎった新聞紙を水で少しといた木工用ボンドに浸して、風船などの土台の周りにペタペタ貼って乾燥させてみよう。固まるとまるでプラスチックのような質感になる。これを利用して、手作りお面を作ったり、新聞紙ではなく和紙を利用してランプシェードを作ったりとアイデア次第て様々な楽しみ方ができる。

3. 夏休みの家遊び3:お宝を探せ!

子どもはドキドキワクワクすることが大好きだ。そこで夏休みには、家の中で宝探しをして楽しんでみてはいかがだろうか。宝を隠して探すだけでもよいが、部屋の中を薄暗くして、子どもに懐中電灯を持たせて洞窟に見立てると、探検している気分を味わえさらに盛り上がるだろう。家のあちこちに小型のランプを置いておく工夫をするともっと楽しめる。

部屋の中に宝を隠し、カーテンを閉めて部屋を暗くしたら準備完了だ。あとは懐中電灯で部屋の中を照らし、宝探しを楽しもう。

夏休み中の天気が悪く薄暗い日や、夜に行うと、さらに雰囲気が出る。宝の地図を用意したり、宝の場所を暗号で示したりしても面白そうだ。夏休み中にいろいろなバリエーションを試してみてはいかがだろうか。

4. 夏休みの家遊び4:段ボールハウス作り

工作が得意な方には、夏休みに子どもと段ボールハウスを作りにチャレンジしてみてほしい。どんな段ボールハウスを作りたいか子どもにアイデアを出してもらい、かたちにする手助けをしてあげよう。

ただし手出ししすぎず、子どもの自主性を尊重することも大切だ。そうすることで子どもの創造力を高めることもできるだろう。子どもの年齢や能力に応じて手伝うよう心がけたい。

作り方と完成した段ボールハウスの写真などを一緒にまとめると、夏休みの自由研究にもなりそうだ。

また段ボールハウスを使ってごっこ遊びを楽しむと、想像力や表現力が身についたり、親子のコミュニケーションがさらに深まったりといった効果も期待できる。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ