このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【夏休みお出かけ特集】関東近郊のおすすめしたい涼しいスポット4選

投稿者:ライター 佐々倉亜貴子(ささくらあきこ)

2019年7月29日

夏休みは家族との思い出作りに最適だ。子どもたちとどこかへ行きたいけれど、できるだけ涼しい場所はないだろうか?とお考えの方も多いのではないだろうか。今回は関東にある涼しいお出かけスポットを紹介する。避暑ができるおすすめスポットで猛暑に負けず、楽しい夏の思い出作りをしよう。

1. 栃木県「那須高原」

最初に紹介する夏休みにぴったりのお出かけスポットは、栃木県にある「那須高原」だ。那須高原は那須連山の東山麓に広がる高原で、東京から新幹線で1時間20分ほどと日帰りできる距離のため、少し車を走らせて気軽に大自然を楽しむことができる。毎年夏休みには多くの観光客で賑わい、関東でも人気の避暑地だ。

有名な観光地のため、各施設がしっかりと整備されており、子ども連れでも安心して訪れることができる。広大な自然の中で楽しめる動物園やアウトレット、牧場やロープウェイなどさまざまなお出かけスポットが充実している。

天然石アクセサリーや栃木レザー小物など、今流行りの「クラフト系スポット」や、ソーセージやアイスクリーム作りが楽しめる観光牧場も多い。自然の中で遊んだついでに、子どもたちと一緒に夏休みの自由研究にチャレンジするのも楽しそうだ。

2. 長野県「軽井沢」

2つ目の夏休みおすすめスポットは、長野県にある「軽井沢」だ。軽井沢は国内でも有名で、夏休みの避暑地といえば軽井沢!と連想する方も多いだろう。

こちらも東京から新幹線で1時間40分ほどの距離で、日帰りも可能である。軽井沢のイメージにぴったりなおしゃれなカフェなどが多く立ち並び、町を散策するだけでも十分に楽しめる。

ショッピングやサイクリング、軽井沢ブランドの加工食品など、楽しみ方もたくさんあり、それぞれの好みにあった楽しみ方ができる。

また、避暑地「軽井沢」発祥の地である軽井沢ショー記念礼拝堂では、軽井沢の歴史やゆかりの品々に触れられる。その点でも軽井沢は新しくできたおしゃれな建物と歴史ある昔ながらの建物が融合する、バランスの取れた観光地だと言えるだろう。街での観光に疲れたら、歴史と趣のある礼拝堂内で一休みしよう。

3. 群馬県「浅間大滝」

3つ目の夏休みにおすすめのお出かけスポットは、群馬県にある「浅間大滝」だ。浅間大滝は幅2メートル、高さ10メートルの水量豊かな滝で、北軽井沢周辺で最大の滝としても知られる。

滝の近くまで歩いていけるため、身近で滝の壮大さや迫力が体感できるのも魅力だ。滝の周辺はマイナスイオンの効果で夏休み中の暑さのなかであっても涼しく過ごすことができる。

また浅間大滝は、スケールは大きいがメジャーすぎず、夏休みのお出かけシーズン中であっても混雑しないというメリットもある。あまり人が多くない場所でゆっくりと夏休みを満喫したい方に、おすすめのスポットだ。

4. 栃木県「日光」

最後に紹介する夏休みのおすすめスポットは、栃木県の「日光」だ。ここは国内外から多くの方が訪れる人気のお出かけスポットで、標高が1200m~1600mと高い場所に位置する。

そのため、夏休みでも涼しく過ごせる避暑地として、古くから愛されてきた。「見ざる、聞かざる、言わざる」で知られる世界遺産の日光東照宮や、二荒山神社など歴史的なスポットも多い。

夏休みの自由研究のテーマとしても人気があるため、お出かけついでに歴史的建造物を観光してもよいだろう。また、日光の中でも特に涼しい場所が「華厳の滝」だ。滝までの道はエレベーターなどで整備されているため、快適に滝の近くまで行ける。綺麗な水とその水しぶきを浴びて、涼しい夏休みを満喫しよう。

結論

今回は、関東にある夏休みにおすすめの涼しいお出かけスポットを紹介した。猛暑が続く昨今では、なかなか外で遊び続けるのは難しい。子どもたちは大人よりも身長が低く地面に近いため暑さの影響を受けやすく、遊んでいる中でも脱水症状や熱中症の危険性が高いのだ。今回紹介したお出かけスポットは涼をとりながら遊べるため、気温が高い夏休みにもぴったりである。関東にある人気の避暑地を訪れて、水分補給をしながら快適な環境で夏休みの思い出を作ろう!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ