このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【マタニティウェディング】最適なドレスの選び方、時期、注意点を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

ウェディングドレスで素敵な結婚式をあげたいと思っても、実際にマタニティウエディングをする時、どんなことに気をつければ良いのか、スケジュールやベストな時期はいつなのか疑問に思われるのではないだろうか。そこでマタニティウェディングドレスの選び方やおすすめのドレスのデザインなど、マタニティウェディングの実際について詳しく見ていこう。

1. マタニティウェディングドレスを選ぶ時期とスケジュール

マタニティウェディングドレスを選ぶ時期と挙式時期を検討する

マタニティウエディングを予定するなら、つわりもなくなり体調が安定してくる妊娠中期がおすすめだ。妊娠何ヶ月に式を挙げることになるのかを計算し、その時期にどれくらい体型が変化しているかを予想してマタニティウエディングドレスのサイズを選ぼう。

サイズ合わせの回数は体型の変化に合わせる

一般的な挙式の場合、ウェディングドレスのサイズ合わせは、初回のドレス選びとと挙式直前との2回ほどである。一方で、マタニティウエディングドレスはお腹の大きさだけにとらわれがちだが、妊娠中期にもなると他の点においてもサイズアップすることもある。

妊娠の経過によるサイズ変更に調整をしていくためには、数回サイズ合わせがあると安心だ。さらに、できれば挙式直前より少し前にサイズ合わせをして、お直しの猶予があるとよい。こうした複数回に渡る準備はマタニティ期の女性にはとても難しい場合も多い。夫を始め家族が体調に合わせて日程調整や移動などのサポートをしてあげるとスムーズに式に臨むことができる。

2. マタニティウェディングドレスを選ぶ際の注意点

重たいドレスは難しいことも

装飾がたくさん付いているものや生地が何層にもなっているものは、見た目は華やかだが実際に着てみると重く感じることが多い。ウエディングドレスは長時間着なければならないので、マタニティの身体には思ったよりも負担に感じることもある。

また、ウエストに切り替えがあって腰で支えるデザインのものは、お腹を締め付ける恐れがあるため、マタニティウエディングを選ぶ際にはこうした点も注意して選ぼう。

フラットシューズによる着丈の変化に注意

妊娠中は転倒の恐れがあったり、足がむくみやすいことから、マタニティウエディングドレスに合わせる靴はハイヒールではなくフラットなタイプの方がよい。ここで注意したいのが靴によってドレスの着丈が変わってくるという点だ。

サイズ合わせの際には靴を履いて着丈を合わせるように家族もサポートしてあげよう。ウエストの切り替えが上の方にあるタイプだと、ハイヒールを履かなくても足長に見えるためおすすめしたい。

3. 失敗しない!マタニティウェディングドレスの選び方

希望に合わせたものを選ぶ

やはり着る女性に合わせたウェディングドレスを選ぶことがベストだ。「妊婦に見えない」「スタイルがよく見える」など、女性の希望を把握して選ぶことが大切だ。

例えば妊婦に見えないものを選びたい場合はお腹まわりが目立たないものを選ぶ事になる。お腹まわりにレースなどの装飾があったり、ふんわりとボリュームを持たせているものなど、マタニティウエディングドレスを選ぶ際には体型がカバーできるものがおすすめだ。

また妊娠の喜びをドレスでも表現したいという場合は、アンダーバストで切り替えがあり、体に沿ったデザインのも存在する。夫婦で話し合って、どんな式にしたいのかというコンセプトも合わせて話し合うのも楽しいかもしれない。

サイズ調整がしやすいものを選ぶ

シャーリングと呼ばれている背中が編み上げになっているデザインのドレスなら、胸まわりもお腹まわりも紐で調整しやすい。妊娠中の体型の変化は個人差が大きく、どのように変化するのか予測することは難しい。

サイズ合わせの回数があまり取れない場合は特に、マタニティウエディングドレスはサイズ調整しやすい作りのものを選んでおくと安心だ。お直しをする場合も、お直しがどの程度可能かをきちんと確認しておこう。

4. マタニティウェディングドレスのおすすめデザイン

サイズ調節がしやすいドレス

先ほどもご紹介した通り、マタニティ期のウェディングは背中が編み上げになっていて、サイズ調整がしやすいものを選んでおくと安心だ。死期が近づくにつれて急にお腹の膨らみが少し目立ってきた、当日は少し体を締め付けないようにしてほしいといった場合にも対応しやすい。

デコルテラインが綺麗なドレス

妊娠するとデコルテラインがきれいに輝くと言われている。そのため、デコルテラインが強調できるデザインはまさにマタニティウェディングにぴったりのデザインだ。また、胸元の花に目が惹かれ、お腹が気にならない。軽くて着心地のよい素材は、お腹の赤ちゃんにも負担をかけず安心だ。

結論

「妊娠していると理想のウェディングドレスは難しい」と女性はあきらめてしまいがちだ。しかし、最近ではマタニティウェディング向けのサービスが充実しており、ドレスの種類も豊富だ。夫をはじめ、家族がマタニティウェディングドレスについて知識を得て、少しでも理想に叶ったウェディングドレスを見つけてほしい。そして、マタニティウェディングドレス選びを楽しもう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ