このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自由研究最後の大仕事!模造紙へのまとめ方を小学校教諭が伝授

投稿者:小学校教諭 岩間智恵美(いわまちえみ)

2019年7月29日

自由研究は実験・観察・工作などからお子さんが興味のあることを選び、さまざまなことを学習しながら楽しく行うことができる宿題だ。そして、自由研究の「まとめ」は自分が頑張って研究したことを、他の児童や先生に伝える大事な役割を担っている。まとめ方にはいろいろな方法があるが、今回は模造紙を使った自由研究のまとめ方について、元小学校教諭の立場から、手順とコツを紹介していこう。

1. まずは小さい紙でレイアウトを考える

まず気をつけたいのは、自由研究のまとめをいきなり模造紙に直接書き始めること難易度が高いということだ。大きな紙ほど失敗したときの修正が大変なので、まずは自由研究のまとめをどんなレイアウトにするかを小さい紙にまとめていこう。

注意点

  • 自由研究のタイトルや大切なことは大きな字で書く
  • 写真や絵を貼る場所を確保する
  • 使う色を決めておき、ペンを準備しておく

書くべきこと

  • 題名(自由研究のテーマ)
  • 自由研究に選んだ理由
  • 自由研究の内容と方法
  • 自由研究の結果や分かったこと
  • 感想
  • 自由研究するときに参考にしたもの
これらをそれぞれどのくらいの分量で書くのか、配置はどうするかを考えて小さい紙に書き、自由研究のレイアウトを確認しよう。

2. 模造紙に自由研究の内容を下書きをする

レイアウトが決まり、模造紙を書く段階になっても、いきなり直接書かず下書きをすると仕上がりが綺麗だ。

レイアウトを考えた際に使用した紙を見ながら、模造紙に写真や図を貼る場所や文字を書く場所など、大まかな要素のレイアウトを、鉛筆で線を引き区切っていく。上手に仕上げるコツは、一気に下書きを終わらせるのではなく、下書きしながらたまに遠くから見てバランスを確認することだ。

子どもは、文章を書いている最中に文字の大きさと、模造紙の大きさのバランスがとりにくく、書き終わった後にスペースが大幅に空いてしまったり、逆に最後になるにつれて入りきらなくなったりする。私も教諭時代に、「自由研究についてまだ書きたいことがたくさんあったのに、気がついたらもうスペースがない!もう少し字を小さくすればよかった!」となっている子どもをよく見た。

自由研究の下書きをする際には、必ず文字を書く前に要素ごとに区切って、文字を書き始めた際のも時々はなれてバランスを確認するようにしよう。

下書きをするときの他の注意点は、写真や図は場所を確保するだけにしてまだ貼らないことだ。始めから貼ってしまうと、下書きに失敗して消しゴムで消すときにくしゃくしゃになったり消しカスで汚れてしまったりするので、写真や図は最後に貼るようにしよう。

3. ペン書きをする

模造紙の下書きが完成したら、いよいよ次はペンでなぞって清書しよう。ペンでなぞって乾いたら、下書きの鉛筆のあとを消す。先ほど書いたように、下書きを消す時にも、くしゃくしゃになってしまうので写真はまだ貼らないでおこう。

色ペンもこのタイミングで使うことになる。カラフルな色づかいが好きな子はたくさん色を使いがちだが、自由研究の中で強調したいことが分からなくなってしまうのでほどほどにしたほうがいい。また、色ペンは文字に使うだけでなく、アンダーラインやマークにも使えるので、バランスを考えて色ペンの使い道を決めよう。

題名や見出しなどは、他の色紙や画用紙を使って作成するとアクセントがついて印象的になるのでおすすめだ。

4. 写真を貼る

ペン書きが終わったら、あらかじめスペースを空けていたところに写真を貼る。このとき、写真をそのまま貼ってもいいし、自由研究の中で強調したい部分を中心にして切ったり、シールなどで装飾したりしても構わない。

ただし、装飾はやりすぎてしまうと自由研究のまとめとして逆に見栄えが悪くなってしまうので注意しよう。すべての写真を貼り終えて、最終チェックを行ったら自由研究の完成だ。

結論

模造紙を使った自由研究のまとめ方は手順さえ覚えてしまえばそんなに難しいことはない。日ごろノートに小さい字で書くことがほとんどである子どもにとっては、いきなり大きい模造紙に自由研究のまとめを書くことは大変かもしれない。まとめのすべてをお子さん自身で取り組むのが難しい場合は、ここで紹介してきたことを参考にして少し手伝ってあげるといいだろう。親子で取り組めば、自由研究がさらに楽しいものになる。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ