このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

数理パズル・タングラムは手作りできる!基本の材料はたったひとつ!

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年8月28日

数理パズル【タングラム】は、大きさの異なる三角形5つと四角形2つ、計7つのピースでいろいろな形を作って遊ぶ知育玩具だ。実はこのタングラムが、簡単に手作りできることをご存知だろうか。もし家にダンボールがあれば、材料費0円でトライできる。この機会に、手作りのタングラムで図形脳の育成を目指してみるのはいかがだろうか。

1. 手作りタングラムの材料を選ぼう

タングラムの手作りに必要な材料はただひとつ、「正方形の用紙」だけである。タングラムでの遊びを少し試したいなら、折り紙1枚を切るだけでもよいのだ。

ただし、ご承知の通り折り紙は薄いため、耐久性が低い。子どもが遊んでいるうちに、すぐグチャグチャになってしまうだろう。そこで、タングラム作りによく選ばれているのは下記のような材料だ。
  • 厚紙
  • ダンボール
  • マグネットシート
  • ジョイントマット
厚紙は折り紙のようにカットが手軽だが、厚みが足りない。対してダンボールは、しっかりと長く遊べるだけの耐久性がある。他にもマグネットシートでもタングラムを作ことができるが、マグネットボードも必要な為、注意しよう。

またダンボールで作ったタングラムに折り紙を貼る、マグネットシートのタングラムにダンボールで厚みを出す、など、材料をそれぞれ組み合わせて作ることも可能だ。作りやすそうな材料や遊びやすそうな材料を検討してみよう。

2. タングラムの作り方1:線を引く

タングラムの材料を決めたら、材料を正方形にして、ピースにカットするための線を用紙に引いていこう。線を引く前の下準備として、正方形4辺の中点に印をつけておくとわかりやすい。
  • 対角線を1本引く
  • 1と平行になるように、正方形2辺の中点を結ぶ
  • 2の線を超えないようにもう1本の対角線を引く
  • 1の線を超えないように、かつ3と平行になるよう正方形2辺の中点を結ぶ
  • 正方形の辺と平行になるように、2と3の交点から1に向かって線を引く

タングラムの型紙をダウンロードする方法

どんなパターンのタングラムが良いのかわからないという方は、タングラムの台紙をダウンロードして使うのがおすすめだ。

株式会社パディンハウスのサイト「ちびむすドリル」では、そのまま使えるタングラムのフォーマットが公開されている。

こちらをダウンロードして、普通紙はもちろん、100均に売っているシール用紙にプリントアウトして台紙の素材に貼り付けるだけで、タングラムの規則性ある線が再現可能だ。希望の大きさに合わせて、倍率を変えて使うこともできる。

3. タングラムの作り方2:カットする

タングラムの線引きまでできたら、線の通りにカットしていこう。折り紙や厚紙であれば、子どもも一緒に取り組める。しかし、ダンボールやマグネットシート、ジョイントマットのカットは、大きなハサミやカッターナイフを使う。安全のために大人がカットするようにしよう。

タングラムを切り出す際は、ハサミよりもカッターの使用をおすすめする。なぜかというと、タングラムの外側がきれいに残っていれば、それを使って片付け用の枠も作れるためだ。ぜひタングラムの枠も作って、図形と一緒にお片付け習慣も身につけよう。

4. タングラムの問題集も手作りしてみよう

初めてタングラムを触る子どもは、どのように遊んだらよいかわからず戸惑ってしまう場合もある。

そこで問題集もプリントアウトして作っておくのがおすすめだ。前述のちびむすドリルには、入門編から上級編までレベル別に問題が掲載されている。2~3歳の子どもなら、2~3ピースを使う入門編から取り組んでみよう。

結論

200年以上昔の中国で生まれたタングラムは世界中へ伝わり、現在も新しい問題が続々と作成されている。図形に慣れることだけでなく、集中力や想像力、思考力の育成にも期待されているパズルなのだ。既製品もたくさん発売されているが、一度手作りで試してみて、長く楽しめそうだったら既製品を購入するという順番でも遅くはない。30分程度で簡単に手作りできるうえ、大人も楽しめる問題もあるので、親子でタングラムに挑戦してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ