このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ランドセルをすっきりきれいに収納するためのおすすめアイデア!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

小学生の子どもがいる家庭では、ランドセルの収納方法にお困りのケースが少なくない。それなりに大きさがあり、リビングや玄関に置きっ放しにされるとなかなか邪魔になってしまうため、決まった置き場所が必要だ。そこで今回はランドセルの収納方法について解説。カラーボックスや椅子の下を活用する方法について、玄関に置いても散らかった印象に見せないためのアイデアとあわせて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. カラーボックスを使ってランドセルを収納

ランドセルはマチが深く、厚みのある素材が使われているので存在感がある。リビングや玄関に放置されていると邪魔になるし散らかった印象に見えるが、毎日使うものなので出しづらい場所にしまい込むわけにもいかない。子どもがきちんと片づけしてくれるよう、適切な収納位置を見つける必要がある。

そこでおすすめなのがカラーボックスだ。カラーボックスの中にはランドセルがすっぽり入るようなサイズが設定されていることが多いので、とくに手を加えることもなく学習道具などと一緒にランドセルを収納するのにうってつけなのだ。

カラーボックスは子ども部屋のスペースにあわせて立てて使うこともできるし、寝かして使っても構わない。背丈が小さい低学年のうちは横にして、大きくなったら縦にするという使い方もよいだろう。もちろん、複数のカラーボックスを横にして何段か重ねて使うのもおすすめだ。また、カラーボックスの中には中板を動かすことができるタイプのものもあるので、ランドセルを出し入れしやすい高さに調整できておすすめだ。

2. 椅子の下にランドセルを収納するという手も

子ども部屋が狭くてランドセルを置くための家具を増やすことができないときにおすすめなのが、椅子の下をランドセルの収納場所として活用する方法だ。学習机の椅子の中には、はじめからランドセルを置くことを想定してラックが設けられているもの、高さが調節できるものもあり大人になっても使える。

椅子の下は、持て余しがちなデッドスペースの一つだ。これを有効活用することができれば、省スペースが実現できるだけでなく、低い位置なのでランドセルも目立ちにくい。

ただし、ランドセルを椅子の下に置いておくと、重みで椅子を動かしづらくなってしまうことがある。椅子に座るのがおっくうになって子どもの勉強する意欲を削いではいけないので、椅子をスムーズに動かしやすいキャスターつきのものを選ぶのもよいだろう。

また、椅子のうしろにランドセルをかけるという収納方法もある。ただし、低学年の子どもの場合は重たいランドセルを高く持ち上げるのが難しいということも少なくない。ランドセルの重みで椅子が倒れる恐れもあるので、中身を全部出してからランドセルをかけるようきちんと教えたほうがよさそうだ。

3. ランドセルを玄関に置いても散らかった印象に見せないためには?

どんなに注意しても子どもが玄関にランドセルを置きっ放しにしてしまう場合は、いっそのこと玄関にランドセル置き場を作るという方法もある。壁にフックを取り付けてそこにランドセルをかけておくことにしたり、ベンチを設置してその上にランドセルを置いたりするだけでも、玄関が散らかった感じには見えなくなるものだ。

また、ランドセルハンガーを置いてもよいだろうし、ラックつきのハンガーに収納しておくのもよいだろう。ただし、玄関はお客様が家の中に入ってまず目にする場所なので、なるべくおしゃれで高級感があるアイテムを選ぶのがおすすめだ。

結論

ランドセルがリビングや玄関に放置されていると、散らかった印象になりがちだ。カラーボックスや椅子の下をうまく活用して、すっきり&使いやすい収納を実現してほしい。玄関に置く場合はフックやラックつきのハンガーを使うなど、きちんと整理整頓されているようにみせる工夫をしてみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ