このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

身近なアイテム活用でできる子供靴の収納法。サイズアウトにも対応!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

成長にあわせてどんどん増えていく子ども靴。使わないなら捨ててしまうのもありだが、下の子が使う場合や、ファーストシューズのような思い入れのある靴はなかなか処分しづらいものだ。そこで今回は、こども靴の収納場所を増やしたり、限られた場所を効率よく使ったりする方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 牛乳パックで子ども靴の靴箱が作れる!壁掛けや靴箱内の仕切りにも

子ども靴が15cmぐらいまでのサイズであれば、牛乳パックで作る靴箱がコストもかからずおすすめだ。牛乳パックは事前によく洗い、先端の三角部分をカットして使う。さらに、子ども靴のサイズにカットし、2つの牛乳パックを両面テープでつなげれば1足分の靴箱になる。

牛乳パックの表面は靴箱内などに収納するならそのままでもよいが、見える場所に置く場合はマスキングテープや包装紙、壁紙などを使ってコーティングするとおしゃれな家具になる。また、牛乳パック1つだけではなく、複数を重ねて使ってもよい。縦は2段、横は1足分の牛乳パックを3、4つ並べる程度が望ましいだろう。

靴箱だけでなく、仕切りとしても牛乳パックは役立つ。高さがある靴箱や壁面に牛乳パックを重ねて配置すれば、より多くのこども靴が収納できる。また、縦の仕切りにはブックエンドを使ってもよいだろう。

2. 100円ショップのアイテムで子ども靴の収納場所を増やす

子ども靴は小さいため、靴箱の中だけでなく、その上下や左右の隙間が収納場所として活用できる。簡単な方法としておすすめなのは100円ショップで隙間に入るサイズのケースを購入すること。シューズケースも売っているが、ファイルケースなども靴を立てれば入れることができる。

床と靴箱の間など、下部の収納スペースは、キャスター付きのケースを使ったり底部に緩衝材を取り付けたりし、引きずることで床に傷が付くのを防止しよう。一方、天井付近の上部は、突っ張り棒を使えばケースの置き場所が作れる。1本だけでなく2、3本使えばケースも安定しやすいだろう。大人でも届きにくい場所なので、イベント用など、たまにしか使わない靴を収納するのに適している。

靴箱やその周囲の壁面に、100円ショップのウォールポケットをかけるのもよい。子ども靴は小さいので、ポケットの中に入れて収納でき、見せるインテリアとしてもおすすめだ。ウォールポケットに入れるほど靴がないときは、針金ハンガーでもよい。両端を曲げれば靴用のハンガーになる。100円ショップでは複数本まとめて売られているため、少量でよい人にとってはウォールポケットより節約になるだろう。

3. 靴箱により多くの子ども靴を入れるアイデア

靴箱内部は、牛乳パックやブックエンドを使ったアイデアのように区切ることで収納量を増やせる。ふた付きのケースならば重ねて使えるため、仕切りがわりにうってつけだ。出し入れを容易にするなら、取っ手や穴の空いたケースが望ましい。

また、トレーを使った収納アイデアもおすすめだ。靴箱の棚にしまうこども靴をはじめその他の靴もトレーに乗せた状態で収納すると、整理整頓や掃除の際、両足分をまとめて出し入れでき、手早く行える。トレーに砂や汚れが付いているので、掃除はトレーをはたくだけで済むこともある。靴箱本体が汚れにくくなるため、賃貸など、備え付けの靴箱を利用しているときにはとくにおすすめだ。

デッドスペースを利用したアイデアといえば、靴箱の扉裏も見逃せない。ここでも突っ張り棒が活用できる。靴を突っ張り棒で挟むように差し込めば、立派な収納スペースになる。

4. サイズアウトした子ども靴は収納だけでなく飾るのもよい

子どもは頻繁に靴のサイズが変わる。いくら収納を増やしても追いつかなくなったら、クローゼットや押入れなど、靴箱以外の場所へサイズアウトした靴を移そう。処分がベストではあるが、ファーストシューズや下の子にとっておきたい場合など、捨てるのをためらうならすぐに決める必要はない。

クローゼットなどにサイズアウトした靴を収納する場合は、キレイに洗って乾かした後、ふた付きケースやジップロックで密封しよう。ラベルに靴の種類やサイズを記入しておけば、後から取り出すときに見つけやすい。1つのケースに2足以上収納するなら、サイズ別で分けよう。

また、サイズアウトした子ども靴はしまっておくだけでなく、インテリアにも使える。当時の写真を添えてそのまま飾るだけでも映えるだろう。靴のダメージが気になるなら、ボックスの中にしまって飾ってもよい。ボックスは1面もしくは全面が透明のものを選ぼう。製品によっては紫外線対策など、靴が色褪せない工夫がしてあり、長く保存しやすいものもある。

結論

子ども靴は大人用に比べてサイズが小さいため、靴箱を区切ればより多くの靴が収納できる。牛乳パックを再利用するほか、100均で使いやすいケースを探すとよいだろう。靴箱以外にも、玄関のデッドスペースを活用すれば、収納スペースが広がる。サイズアウトした靴は一旦別の場所で保管するか、インテリアとして再利用するのもよい。増えやすいこども靴をかしこく収納し、玄関の散らかりを防ごう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ