このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ママがいない日の子供の夜ご飯どうしてる?簡単レシピを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

お母さんにも息抜きでお出かけしたり急な用事があって、お父さんと子ども達でお留守番になるようなこともあるだろう。そんな時にあわてないために、お母さんがいない日のお手軽な夜ごはんのレパートリーを増やしておこう。おすすめのお手軽ごはんを集めてみたのでご紹介しよう。

1. 煮込み系メニュー

お母さんがお出かけするときの作り置きとして、お母さんにもお父さんにも負担が少ないのが定番の「煮込み系料理」。煮込み系料理は基本的に水分が多いため、温めなおしやすく、味の劣化がしにくいのが特徴だ。カレーやシチュー、ポトフや肉じゃが、おでんなどは定番メニューだろう。外出前でバタバタのお母さんにも嬉しい簡単メニューが並ぶ。

さらに、お出かけ前に少し余裕があったり、お出かけしやすい雰囲気作りのために手間をかけられるのであれば、おすすめなのが、チキンのトマト煮、ロールキャベツ、煮込みハンバーグなどだ。子どもが小さくお母さんが出かける時にぐずりやすい場合もあるだろう。そんな時には子どもの好きなメニューを作り置きしておけば、お母さんも子どももご機嫌だ。

ロールキャベツやハンバーグは時間に余裕があるときに作って冷凍しておいたものを使っても大丈夫。お母さんのお出かけが前もってわかっている場合には、数日前から準備をしておくのが当日慌てないための鉄則だ。

ちなみに、煮込み料理は作ったあとそのまま鍋に入れて常温においておくことも多いだろうが、長時間放置すると細菌も増殖しやすくなり、食中毒などを起こしてしまう可能性も高くなるため注意が必要だ。すぐに食べないのであれば、鍋から容器に移し替えて冷蔵庫で保存するのが安心だ。さらに食べる前に、よく撹拌しながら温めることで、食中毒のリスクをさらに減らすことができる。

2. 仕上げにひと手間系メニュー

そのまま温めるだけでなく、最後のひと手間ができるようなお父さんにおすすめなのがこちら。お母さんとの連携プレーが必要となるので、お母さんのお出かけ前に料理についても簡単な打ち合わせが必要だ。
  • パスタメニュー:お母さんがミートソースやクリームソースを作っておき、パスタはお父さんが茹でてソースをかける。熱々のソースとパスタを味わうことができる。
  • うどん:お母さんが野菜や肉類など具が入っただし汁を用意しておき、お父さんは仕上げにゆでうどんを投入。温めて食べるだけの簡単メニューだろう。
  • クリームグラタン:マカロニグラタンなど、お母さんが前もって作って器に盛りつけておいたものに、お父さんがチーズをトッピングしてオーブン(またはオーブントースター)で焼くだけ。冷蔵庫で冷えている場合は、電子レンジで少し温めてから仕上げに焼くようにしよう。
  • 親子丼:お母さんが、お出かけ前に鶏肉と玉ねぎなどの具材を出汁で煮ておき、お父さんは溶き卵で仕上げる。小さい鍋を使って一人前ずつ卵を回しかけると、おいしくきれいに仕上がる。ちなみに牛丼、豚丼、中華丼といったその他の丼メニューはごはんにかけるだけなのでお手軽だ。具だくさんのみそ汁と合わせておくと、野菜も充足する。

3. 子どもと一緒にクッキング

お母さんがお出かけ前にあまり時間がなかったり、おでかけ時間が長くなりそうな場合には、外食やお弁当などの選択肢もあるが、クッキング自体を子どもと一緒に楽しめば、お留守番ではなくお父さんと子どもにとっても特別な一日になる。子どもやお父さんのレベルに合わせて、お母さんには下ごしらえまでやっておいてもらったり、買物から挑戦するのも良いだろう。

中でも簡単なのはホットプレートメニューだ。火を使った調理に抵抗があるときでも、ホットプレートでは簡単にクッキングができる。焼きそば、焼きうどん、お好み焼き。ステーキや焼き肉を焼いたり、焼き餃子も楽しめる。餃子は子どもでも包むことができるが、市販の餃子を買っておけば焼くだけで簡単だ。

手巻寿司やサンドイッチも、子どもの好みに合わせて好きなだけ食べさせることができるので、子どもとお父さんだけの食事を楽しめるメニューの一つだ。そして、子どもと一緒にクッキングした時には、できれば調理道具などは洗って片づけておきたい。お出かけから帰ってきたお母さんの負担を大幅に減らすことができ、お父さんと子どもへの信頼感アップにもつながる。

結論

お母さんがお出かけする際に気になる食事だが、お母さん一人に任せっきりにしておくだけではなく、お母さんとお父さんが連携プレーすることで、特別な時間になることも。普段からお父さんも料理や後片付けを手伝うなど、クッキングのスキルを上げておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ