このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子連れでハワイ旅を楽しもう!必要な準備やおすすめのスポットを紹介

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年7月29日

今年は子連れでハワイに海外旅行へチャレンジしたいとお考えの方も多いのではないだろうか。今回はそんな時の「持ち物は何を用意すればいい?」「飛行機の中でどう過す?」「何歳からハワイへ連れて行ける?」などのよくある疑問の答えや、家族で楽しめるおすすめスポットの情報をお届けしよう。

1. 子連れのハワイ旅行はいつからOK?

人気旅行ガイド誌「地球の歩き方」がおこなった調査では、10歳以下の子連れで海外旅行に行かれた方の旅行先の第一位も、行ってみたい旅行先の第一位も共にハワイが選ばれた。

では子連れでのハワイ旅行は、いつから可能なのだろうか。ANAでは、幼児の年齢が生後8日から2歳と表記されているおり、ほかの航空会社でも、「生後8日から」としていることが多いようだ。

ミキハウス子育て総研が行った調査によれば、「お子さまが初めて海外旅行に行った年齢、もしくは何歳ぐらいになれば行きたいか?」という問いに対しては以下のような結果だった。
  • 1位 6歳以上(26.0%)
  • 2位 1歳(17.4%)
  • 3位 3歳(14.8%)
ものごとがはっきりわかる年齢、記憶に残る年齢に連れて行きたいと回答する方がみられる一方で、「0歳でのハワイ旅行は、子どもが動き回らない分楽だった」という声もあった。

2. 子連れのハワイ旅行におすすめの便利グッズ

子連れでのハワイ旅行で、持っていくと役立つ便利グッズをご紹介しよう。子どもの年齢などに応じて用意してみて欲しい。
  • 常備薬
    慣れない気候や食事で体調を崩すことが考えられるため、大人も子どもも常備薬を用意しておこう。普段飲んでいる薬はもちろん、おなかの薬、風邪薬、解熱・鎮痛剤があると安心だ。
  • 体温計
    ハワイの体温計は日本のものとは表示の仕方が異なるため、持参することをおすすめしたい。
  • 機内で使うおもちゃ
    機内で使うおもちゃは、その日初めて開けるものがおすすめだ。またスマホやタブレットに、子どもの好きな動画をインストールしておくことも忘れずに。
  • 子ども用ヘッドホン
    意外と見落としがちなのが機内のイヤフォンは子どもの耳に入りにくいことが多いという点だ。事前に用意しておくと機内でスマホやタブレットを使用する際に非常に便利だ。
  • 水出しのお茶パックとマグ
    毎日ジュースばかりだと、糖分のとりすぎが気になるところ。水出しのお茶パックとストローマグがあれば、節約にもなり一石二鳥だ。
  • おにぎりセット
    おにぎりが好きというお子さんにも対応できるようにお弁当用の一口おにぎりを作るセットをお持ちであればぜひ持って行こう。
  • ハンドミキサー
    現地の食材で離乳食を作りたいときに役立ったという声があった。ホテルで離乳食のサービスを受けることが難しい場合や、コンドミニアムなどに長期滞在する際は検討しよう。
  • いつも食べているお菓子
    いつも食べているベビーせんべいなど、機内のようなすぐにものが手に入りにくい時にも便利な為、準備して出かけよう。

3. 子連れのハワイ旅行を成功させるためには事前の準備が肝心

子連れでのハワイ旅行の成功のカギを握るのは、事前の準備だ。リサーチをしっかりとしておくと、旅先であわてずにすむだろう。

子どもに負担のかからない計画を立てる

子連れでハワイに行く際、まず考慮しなければならないのが、子どもの負担にならないようにすることだ。ついあれもこれもとつめ込みたくなるが、子どものペースに合わせゆったりとしたスケジュールを組むよう心がけよう。

宿泊先は、ハワイでやりたいことや行きたい場所によって決めるとよいだろう。ホテルのほかに、キッチンなどが備え付けられたコンドミニアムという選択肢もある。

旅行の計画が決まったら、レンタカーや交通チケットなど、事前に予約できるものは日本にいる間に予約することをおすすめしたい。そうすることで、滞在期間中がグッとラクになるだろう。

飛行機の予約の際はサービスの確認を忘れずに

飛行機を予約する際は、各航空会社のサービスをしっかり比較することが大切だ。例えば赤ちゃんの粉ミルクは、全日空では用意されているが、日本航空では用意されていないなど、航空会社によって違いがある。

また飛行機の座席は、子どもがぐずったときやおむつ替えのときなどにすぐに離席できる、通路側がおすすめだ。さらに後方ならトイレが近く、人の目があまり気にならない。

赤ちゃん用の機内ベッド「パシネット」は、会社によりサイズが異なり使える席が限られている。また事前の予約が必要なため、早めに問い合わせをしておこう。

必ずやっておくべき準備

子連れでハワイに行く前にやっておかなければならない準備がいくつかあるので、確認しておこう。
  • ESTAを申請する
    ESTAとはアメリカへ旅行する際に必ず申請しなければいけない「ビザ免除プログラム」の電子システムことだ。渡航の72時間前までに申請することが推奨されており、飛行機の搭乗時にも申請できるものの、その際では登場の認証が得られない可能性がある。1度認証されれば2年間有効で、申請料は1人14ドル。旅行会社が申請を代行してくれることもある。
  • パスポートを取得する
    海外旅行に欠かせないパスポートは、生まれたばかりの赤ちゃんも取得する必要がある。パスポートはできあがるまでに1週間ほどかかるため、早めの申請を心がけよう。
  • 海外旅行損害保険に加入する
    旅行中の事故やケガの費用をサポートしてくれる損害保険には是非加入しておこう。お持ちのクレジットカードにそう行った機能がついていたり、旅行会社によって提供している保障の内容が異なるので、確認をしておきたい。

4. ハワイのおすすめスポット・ホテルを大公開

初めて子連れでハワイに行く場合、「どこに行けば楽しめるのか全くわからない」ということもあるだろう。そこで子連れで楽しめるハワイのスポットをいくつかご紹介しよう。

ワイキキ水族館

屋内の水族館は、天候に左右されず暑さもしのげるので、小さな子どもにも安心のスポットだ。こじんまりとしていてすいているので、ゆったり楽しめそうだ。

ホノルル動物園

ワイキキのホテルから徒歩圏内にある便利なロケーションが魅力。動物見学だけでなく、プレイグラウンドで楽しむこともでき、幅広い年代が楽しめる。

ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリー・センター

幼児から楽しめる職業体験などの学びの体験ができるパビリオンが並ぶ体験型テーマパーク。現地の子ども達にも人気の施設な為、ハワイの子どもに混ざって体験を通して交流ができる点も嬉しいポイントだ。

ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ

東京ドーム3個分という広大な敷地にバラエティ豊かなプールやアトラクションがそろっている、ハワイ唯一のウォーターパーク。小さな子どもが安全に楽しめるエリアも用意されている。

結論

いざハワイに行ってみると、日本よりも子どもを見る目がおおらかで、過ごしやすいと感じるだろう。よいだろう。ハワイの素晴らしい環境のなかで、家族の素敵な思い出作りをしてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ