このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子供と一緒にやってみよう!さやいんげんの筋取りを楽しむコツとは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

子どもの野菜嫌いに頭を悩ませる親は多い。しかし、一緒に料理をしてみたら、その野菜に興味を持ち、「美味しい!」と言って食べてくれた、という経験はないだろうか。お手伝いは、好きな食べ物を増やすチャンス。そこで、子どもでもできる下ごしらえとして、さやいんげんの筋取りを紹介する。

1. おすすめする理由

さやいんげんの筋取りが子どものお手伝いにおすすめの理由を、子ども視点、親視点で説明する。

こどもにとっての利点

  • 簡単!
    これがいちばん大事。とくに小さい子は難しいと飽きてしまう。せっかくの手伝いたい気持ちが半減してしまっては元も子もない。
  • ゲーム感覚
    さやいんげんをひとつかみ用意して、さあ誰が早く取れるかな、と競争するとゲーム感覚で楽しくできる。
  • 丸ごと食べられる
    さやいんげんは茹でるだけで、そのままの形でも食べることができる。これが結構重要。細かく切って何かに混ぜるよりも、丸ごと食べることで野菜をダイレクトに親しむことができる。

親にとっての利点

  • 余計な手間がかからない
    子どもに手伝ってもらうと、キッチンが汚れたり、時間がかかったり、親としては逆に大変ということが多い。筋取りならちょっと破片が散らかる程度。それに親がやっても面倒くさいし、時間もある程度かかる。親も助かるというわけだ。
  • 子守も兼ねられる
    子どもの遊びや話の相手をしながらキッチンとリビングを行ったり来たりしていると料理がなかなかはかどらないこともあるだろう。キッチンに呼んで筋取りをしてもらえば、子どもを見守りながら自分は他の作業もできるので料理の支度もスムーズに進む。

2. 筋をスムーズに取る方法

子どもたちにちゃんと教えられるように、筋の取り方をおさらいしておこう。

① さやいんげんの片方のヘタをつまみ、先端から5mmほどを内側に折り曲げる。

② 折った時についてくる糸状のものが筋なので、そのまま筋がつながっている状態でヘタを下方向へスーッと引っ張る。

③ ヘタを折っていない反対側からも、同じようにヘタを折り内側に向けて下方向へ引っ張る。

力を入れ過ぎると筋が途中で切れてしまうので、ゆっくりスーッと引っ張るように気をつけよう。

3. 子どもが好きなさやいんげん料理

せっかくお手伝いしてくれたのだから、子どもが好きそうな料理をつくってあげよう。

まずは茹で方をおさらい

筋を取ったさやいんげんは、下茹でしてから使うことが多い。念のため茹で方も紹介する。

① さやいんげんは料理に合わせて適宜カットする。
② 小さじ1杯程度の塩を加えて沸騰させた湯にさやいんげんを入れて、1分~1分半程度茹でたら、ザルに上げて流水で粗熱を取る。

さやいんげんのソテー

筋を取ったさやいんげんを長いままオリーブオイルと少しのにんにくでソテーして、塩でシンプルに味つけ。丸ごと食べられ、味も形もダイレクトにわかる。

ゴマツナ和えいんげん

下ごしらえしたさやいんげんにツナを加え、砂糖醤油とゴマで和える。ゴマ和えにツナを足すことで、こどもも大好きな味に。

さやいんげんのクリームチーズ和え

下ごしらえしたさやいんげんをクリームチーズと味噌で和える。大人用には唐辛子を加えるとよい。

じゃがいんげん

ベーコンを炒め、油がでてきたらじゃがいも、さやいんげんの順に加えて炒め合わせる。塩こしょうで味付けして出来上がり。

4. 作りながら教えたい、さやいんげん豆知識

せっかくなら、食材についての話をしながら手伝ってもらおう。

「さやいんげん」と「いんげん豆」の違い

「さやいんげん」は、さやの中の豆がまだ未成熟のうちに収穫し、さやごと食べるもの。

「いんげん豆」は、豆が成熟するのを待ってから収穫し、豆を乾燥させた乾物として売られている豆のこと。

昔は乾燥させた「いんげん豆」しか食べられていなかった。さやごと食べるようになったのは江戸時代末期。

さやいんげんを「いんげん」と呼ぶのはOK。「いんげん豆」と呼ぶのはちょっと間違っているということだ。

「いんげん豆」の由来

いんげん豆の原産地は、中南米。江戸時代に隠元(いんげん)禅師という和尚さんが日本に伝えたため、名前からとって「隠元豆」と名付けられた。

結論

親も助かるし、子どもにも簡単な、さやいんげんの筋取り。お手伝いをはじめたばかりの子どもにもぴったりの作業だ。ここからステップアップして、いつかは料理をひと通り任せられるくらいに成長してくれるかもしれない。何よりも一緒に楽しむ、ということを心がけよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ