このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【モンテッソーリ教育のおすすめおもちゃ】楽しく自立心を育てよう!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

史上最年少での記録を樹立している藤井聡太棋士が受けていたことで今話題になっているいる「モンテッソーリ教育」という教育法をご存知だろうか?欧米では主流の教育法で、「自立心」を育てると人気を集め、モンテッソーリ教育に欠かせない専用の教具(おもちゃ)も非常に注目されている。今回はモンテッソーリ教育に使用されるおすすめの教具(おもちゃ)を紹介しよう。

1. モンテッソーリ教育の内容や教具(おもちゃ)の使い方とは?

まずはモンテッソーリ教育の教育内容や教具(おもちゃ)の使い方を紹介しよう。モンテッソーリ教育は分割された5つの教育から構成される。
モンテッソーリ教育では、以下のように5つの教育ごとに教具(おもちゃ)を変え、子どもたちの運動や知育を促す。

この教育法における教具(おもちゃ)はただの「遊び道具」ではない。モンテッソーリ教育では教具(おもちゃ)を「教具」と呼び、子どもたちが各教育内容をマスターするために必要不可欠なアイテムとして重要視している。そのため、自宅でモンテッソーリ教育を行なう場合にも教具(おもちゃ)選びが重要となる。

日常生活の練習

モンテッソーリ教育の基礎とも言われる科目がこの日常生活の練習だ。大人と同じようにコップに水を注ぐ、洗濯をするなど、日常生活の動作を練習して、自分のことを自ら行えるという自信や経験を積むことで自立に向けての一歩を踏み出す。

感覚教育

この感覚教育は、小さなものを見つけたり、微妙な違いを区別したりといった感覚器官を鍛える教育だ。モンテッソーリ教育において感覚教育は幼少期に重要視される教育の1つで、感覚教育に使う教具(おもちゃ)には「対にする」「段階づける」「分類する」という3つの操作が含まれる。

言語教育

語彙を豊かにするところから始まり、最終的には文法の教育までを行なう。モンテッソーリ教育では文字やイラストが書かれた教具(おもちゃ)を使い「自然に」言語を学べるように促す。

算数教育

数の概念や基礎、簡単な計算を学ぶ。棒やビースなど実際に手に取れる教具(おもちゃ)を使い、感覚と同時に数や計算を覚える。数字としてだけではなく、感覚的にも数に触れるのがモンテッソーリ教育流だ。

文化教育

小学校の社会科、理科に相当する分野で、言葉や数以外の広い範囲の分野を学習する。子どもたちが興味を持てるように、世界地図や時計など身近なものを通じて知識を広げる。

2. 指先の巧緻性を育てる「シール貼り」

最初に紹介するのは、日常生活の練習になる教具(おもちゃ)「シール貼りセット」だ。
シールを剥がす&貼る動作を通じて指先の運動を促し、集中力を養うことができる。

市販のシールブックでももちろん良いのだが、モンテッソーリ教育で教具(おもちゃ)として使用されるものは、丸シールとそれを貼る台紙がセットになっている。台紙に描かれた絵の中にはシールと同じサイズの「○」が描かれていて、シールを貼って遊べば、台紙の「○」の場所へ正確に貼るための訓練だけでなく、このシール貼りで出たゴミを捨てるという動作もまた自立のための1つの訓練になるのだ。この「シール貼り」は幼い時から使えるモンテッソーリ教育の教具(おもちゃ)としても人気がある。

3. 算数教育におすすめ!「ピンクタワー」

2つ目は算数教育におすすめの「ピンクタワー」だ。これはモンテッソーリ教育の教具(おもちゃ)の中でも非常に有名だ。

ピンク色に塗られた10個の木製の立方体のセットで、すべての立方体がサイズ違いになっている。積み重ねることで高さ、横幅、奥行きが変化し、数だけでなく「大きい・小さい」という量の概念も学ぶことができる。

モンテッソーリ教育の教具(おもちゃ)の特徴であるシンプルな作りだが「一定の角度を付けて重ねる」「壁に沿うように重ねる」などルールを付けて積み上げ、完成した形の変化を注意して観察するように促して使おう。

4. 感覚教育ならこれ!「シリンダーブロック」

3つ目が感覚教育におすすめの「シリンダーブロック」だ。別名「円柱さし」とも呼ばれ、木枠にそれぞれサイズが異なる円柱が入るようになっている。実はこの独特な形にはモンテッソーリ教育のあるねらいがあるのだ。

円柱には小さな取っ手が付いており、この部分を掴むことで手先の細かな動きを学ぶことができる。この3本の指で取っ手部分を摘む動きは、鉛筆を持つ練習として効果的と言われている。

さらに円柱はほんの少しづつ大きさが異なるため、1度全て取り出してしまうと大人でもぴったりのサイズの穴へ戻すことが難しい。これを視覚的な情報を頼りに同じサイズの穴を探して円柱を入れることで、大小を区別する感覚を養うことができるのだ。

結論

今回はモンテッソーリ教育におすすめの教具(おもちゃ)を紹介した。モンテッソーリ教育の教具(おもちゃ)はどれもユニークな形や色をしているが、細部までしっかりと計算されて作られている。しかし、教具(おもちゃ)の持つ力をきちんと引き出すためには、使用方法などの知識が必要だ。与えるだけではなく、大人が適切な使い方や効果を理解した上で子育てに取り入れてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ