このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子供の成長効果もある!?パパママの家事とお片付けをお手伝い。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月29日

最近は、共働きの家庭の増加や子ども自身の塾や習い事の増加によって、お手伝いをする子どもが減っていると言われている。しかし、子どものお手伝いにはいろいろな効果があると言われており、お手伝いの機会を増やすことは大切なことだ。子どものお手伝いのなかでも特に多いのは「食事の準備や片付け」だが、今回は子どもに手伝ってもらいたい家事のひとつ「食事の片付け」について紹介しよう。

1. 子どものお手伝いの効果

子どもにお手伝いをさせたがらない親側の理由として、「自分でやった方が早い」という声を聞くことが多い。しかし、子どもにとってお手伝いは、親の家事の手間を少なくするためだけでなく、子ども自身の成長にも深く関わっている。

一般的に、子どものお手伝いの効果としてはこのようなことが言われている。
  • 人の役に立つという体験をすることで、自信が付く
  • お手伝いをやり遂げることで、辛抱強くなる
  • 自分のことを自分でできるようになることで、自立心が芽生える
  • 手伝うことによって、気が利くようになる
  • お手伝いを通して、コミュニケーションが深まる
また、お手伝いを一度体験することによって「子どもが自主的にお手伝いをするようになった」「兄弟の面倒を見てくれるようになった」という声もよく聞かれる。子どもの成長が見られることは、親にとっては何よりうれしいことだ。

2. お手伝いをさせる工夫

自主的にお手伝いをする子どももいるかもしれないが、はじめのうちは難しいだろう。子どもが自分からお手伝いをするようになるには、ちょっとした工夫が必要だ。
  • ほめる...お手伝いをした時には必ずほめよう。「自分のお手伝いが誰かの役に立った!」「喜んでもらえた!」ということは、子どもにとって自信につながる。
  • 出来そうなことを頼む...子どもの年齢によっても、お手伝いできることは違ってくる。難しいことを頼むのではなく、その子の年齢や性格などに合った内容を頼むようにしよう。
  • そっと見守る...子どもは自分なりに考えてお手伝いをするものだ。その途中で「もっとこうしたらいい」などアドバイスをしようとすると、子どもがやる気を失ってしまう。「失敗しても大丈夫」という気持ちで、温かく見守ろう。
  • 楽しく取り組む...お手伝いとは言っても、楽しく取り組むことが何より大切だ。親子でいろいろな会話をしながら取り組むことも、良いコミュニケーションになる。

3. 食事のお片付け

年齢によっても出来ることは異なるが、まずは簡単なことから始めるようにしよう。一例として、簡単にできることから上から順に並べてみた。

早ければ「こぼしたものを拭く」のは1~2才頃から取り組める。「食器を洗う/拭く/収納する」は小学校低学年位になればお手伝いできるだろう。
  • こぼしたものを拭く
  • ゴミを拾う
  • テーブルを拭く
  • 食器を流しに運ぶ
  • 食器を洗う(すすぎのみ)
  • 食器を洗う(食器全般、洗剤を使って行う)
  • 食器を拭く
  • 食器を収納する
ご参考までに、食事の準備についても触れておこう。こちらも上から順に簡単に出来るものから並べている。
  • お箸を並べる
  • 簡単な調理(こねる・混ぜる)
  • 野菜を洗う
  • 卵を割る
  • 料理を運ぶ
  • 料理の下ごしらえ
  • ごはんをよそう
  • お米を研ぐ
  • 包丁を使った調理
  • 火を使った調理

結論

子どものお手伝いには、さまざまな効果があることが分かった。始めは時間がかかるかもしれないが、慣れてくると自分なりに工夫してお手伝いをするようになる。子どもがお手伝いをしたときには「ありがとうね」「助かったよ」と声をかけることも忘れないでおこう。

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ