このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

生後3ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方って?遊び道具やお出かけ先も紹介

投稿者:ライター 佐藤夏帆(さとうなほ)

2019年8月27日

生後3ヶ月を過ぎると成長も緩やかになり、いよいよおもちゃで遊べるようになったり、反応がよくなってくる。ただ、「まだどんな風に遊べばいいか分からない」とお考えの方もいるのではないだろうか?そこで、生後3ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方や、遊び道具、お出かけ先でのおもちゃを紹介する。

1. 生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴

赤ちゃんは産院を退院してからの1ヶ月間、1日あたり約40gずつ体重が増え、生後3ヶ月になると、出生児の頃と比べ約2倍の体重になる。身長は平均で12〜13㎝伸びる。

また、生後3ヶ月から4ヶ月の間に6割以上の赤ちゃんの首が座ってくるため、うつ伏せに寝かせると頭をもちあげるようになる。ガラガラやボールなどの軽くて握りやすいものを少しの間持つことができるようにもなるため、生後3ヶ月がおもちゃで遊べるようになる目安といえる。

それまでは動くものを目で追いはするものの、無表情がぎこちなかったのが、生後3ヶ月になってくると、「いないいないばあ」をされると声を出して笑うなど、少しずつお父さんやお母さんとコミュニケーションがとれるようになってくる。たくさん遊んで親子のコミュニケーションをとってみよう。

2. 生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊び道具

生後3ヶ月の赤ちゃんは、軽くて握りやすいおもちゃを持たせるとギュッと握ってみたり、振り回してみたりと、遊ぶようになる。この時期は持っているものをそのまま口に持っていくため、飲み込んでしまうようなサイズのものは避けた方がよい。また、生後3ヶ月の赤ちゃんは音の識別ができるようになってくるので、音の出るおもちゃもおすすめだ。そこで生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃを3つ紹介する。

ガラガラ

音の識別ができるようになる生後3ヶ月の赤ちゃんには、やはりガラガラが遊びやすい。小さな手でも持ちやすく、自分で振って綺麗な音が出るため、赤ちゃんにとってはすごく不思議で面白いのだ。まだ自分で握らない場合は、お父さんがカランカランと振ってあげて、目で追わせたり音を感じてもらったりしよう。楽器の前段階のリズム遊びにもなるのでおすすめだ。

大人の手のひらサイズのぬいぐるみ

生後3ヶ月の赤ちゃんは何にでも興味津々で、手にしたものをすぐに口に運んで舐めたり噛んだりするようになる。もし赤ちゃんが飲み込んでしまったら大変なので、大人の手のひらサイズのぬいぐるみを選ぼう。そのくらい大きければ飲み込むことはないので、いくら舐めても心配ない。

握れるところがあるボール

つるんとした普通のボールだと、まだ片手で掴むことはできない。生後3ヶ月の赤ちゃんは両手で1つのものを持つことが難しいため、まずはオーボールなどの片手で掴みやすいボールがおすすめだ。ボールを握って振り回すうちにポーンと飛んでいったり、ころころ転がったりと、動くものを目で追えるようになった生後3ヶ月の赤ちゃんにはぴったりなおもちゃだ。

3. お出かけ先で遊べるおもちゃ

「たまにはショッピングもしたいけど、生後3ヶ月の赤ちゃんがいるしな...」と悩んでいる方はいないだろうか?生後3ヶ月の赤ちゃんと一緒にお出かけする時は、いくつかのポイントを押さえていれば安心だ。お父さんとお母さんが笑顔で過ごすことが育児には最も大切なことなので、息抜きのためにも外出してみよう。

生後3ヶ月の赤ちゃんを連れて外出する時は、まず近くに授乳室があるかどうか、オムツ替えできるスペースがあるかどうかを調べておくといざという時安心だ。そしてお出かけ先での大切なアイテムがおもちゃである。赤ちゃんが退屈してしまわないように、いくつかのおもちゃや絵本を持っていくことをおすすめする。

生後3ヶ月の赤ちゃんと一緒のお出かけには、お父さんやお母さんが抱っこで疲れてしまった時や、荷物置きとしてもベビーカーが便利だ。近年はベビーカーに取り付けるおもちゃや布絵本がたくさんあり、おもちゃが落ちてしまう心配がないのもよい。そこで、お出かけ先で遊べるおもちゃを2つ紹介する。

はらぺこあおむし ソフトブック ミニ

大人気のはらぺこあおむしの布絵本で、この1冊で数字・色・物の名前を学ぶことができる。肌触りの異なる素材を使用しているので、クシャッと握るだけでも楽しい。また、ピッと音がなるページもあるので、音も楽しめる。さらに、ベビーカーだけでなくチャイルドシートに取り付けることも可能なので、車の中でも赤ちゃんが遊ぶことができる。

ブルブルショーン

ひつじのショーンのお尻部分の輪っかを引っ張ると、ブルブルと震えながら元に戻るため、握ることが好きな生後3ヶ月の赤ちゃんにぴったりだ。中にはビーズが入っているので、振って楽しむこともできる。もちろんベビーカーに取り付け可能なので、お出かけ先でも遊ぶことができる。

結論

生後3ヶ月の赤ちゃんが喜ぶ遊び方や、遊び道具、お出かけ先でのおもちゃを紹介した。ガラガラやボールなどの生後3ヶ月の赤ちゃんにぴったりなおもちゃは、視覚や触覚を刺激し、好奇心を高めてくれる。ぴったりなおもちゃを選んで、家族のお出かけも楽しもう!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ