このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

聞くだけで「赤ちゃんが泣き止む曲」がある!おすすめ3選を紹介

投稿者:ライター 佐々倉亜貴子(ささくらあきこ)

2019年8月 9日

赤ちゃんがなかなか泣き止まない時におすすめなのが「赤ちゃんが泣き止む曲」だ。専門家が作った曲や口コミなどから、なぜかこの曲を聞くと赤ちゃんが泣き止む!と言われる曲がある。今回はそんな赤ちゃんが泣き止むと話題になっている曲をご紹介しよう。

1. 独特なアニメーションも必見「ふかふかかふかのうた」

最初に紹介するのは「ふかふかかふかのうた」だ。これは音響博士である鈴木松美先生が監修し作成された、音楽動画である。もともとはLOTTEのキャンディ「カフカ」のプロモーション動画として制作されたが、子どもが泣き止む!という口コミから550万回以上再生され話題となった。

この音楽動画を見た赤ちゃんが泣き止むのは偶然ではない。実は科学的根拠に基づいて作成されており、事前テストではこの曲を聞いた96.2%の子が泣き止むという結果が出ている。

赤ちゃんには「定位反射」という反射があり、「ふかふかかふかのうた」はこれを利用している。定位反射とは子どもが初めて見たり聞いたりするものに対してこれはなんだ?と興味を示す反射のことだ。曲に織り込まれたたくさんの効果音や歌い方、周波数などが赤ちゃんの定位反射を促す。反射を利用してこの曲に興味を持たせることで、赤ちゃんが泣き止むという仕組みである。

科学的根拠があると聞くと泣き止む効果も期待できるため、一度は試してみる価値があるだろう。

2. 実績あり!「タケモトピアノCMソング」

次に紹介するのが「タケモトピアノのCMソング」だ。「みんなまあるくタケモトピアノ」「ピアノ売ってちょうだ~い」のフレーズは誰しもが耳にしたことがあるだろう。長年変わらず流れているこの老舗CMも赤ちゃんが泣き止むと言われている曲の1つである。

「タケモトピアノのCMソング」は育児雑誌やテレビ番組でも検証が行われ、「赤ちゃんが泣き止む曲」として紹介されたことがあり、ネット検索をすると実際にこの曲を聞き泣き止む赤ちゃんの動画が多く出てくる。

この曲の特徴として、「音がランダムである」、「リズムが一定でない」、「赤ちゃんが好む周波数である」という点が考えられている。

ランダムな音やリズムは赤ちゃんの興味を引き、このCMソングは赤ちゃんが好む440ヘルツで歌われている。今までに多くの赤ちゃんを泣き止ませてきた老舗ソングも、ぜひ試してみていただきたい。

3. 新定番!ゴールデンボンバー「令和」

最後に紹介する曲は、ゴールデンボンバーの「令和」である。この曲は平成の次の元号である令和が発表された1時間後、すぐにYouTubeに投稿されたことでも話題となった。

その発表の早さ以外にも話題となった理由が「赤ちゃんが泣き止む」という点だ。「令和」を聞かせると赤ちゃんが泣き止む!という口コミがだんだんと広がり、SNSで多くの検証動画がアップされた。この曲を歌っているゴールデンボンバーの公式Twitterでも、赤ちゃんが泣き止む動画が投稿されている。

何より驚くのが赤ちゃんの反応速度だ。検証動画のほとんどで、イントロの開始数秒後には赤ちゃんが泣き止んでいる。この曲は意図的に赤ちゃんを泣き止ませようと作成されたものではないが、他の2曲と同様に興味を引き、心地よい音がしているのだろう。

なかには聞くだけで泣き止む上にそのまま寝てくれた、という口コミも少なくない。困った時には一度試してみたい曲である。

結論

今回は赤ちゃんが泣き止む曲として話題の3曲を紹介した。どの曲も検証動画や事前テストを通じて実際に赤ちゃんが泣き止む様子が見られる。もしも曲を聞いて泣き止んでくれるのであれば、親にとってはかなり嬉しいことだろう。何をしても泣き止まない時、夜泣きが辛い時にはぜひこの3曲を流してみよう。心地のよい音や興味を引く音楽で、赤ちゃんの機嫌もよくなり泣き止むかもしれない。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ