このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スポーツで「子供のやる気を引き出す」ために親ができること4選

投稿者:ライター Brunner Akiko(ブルーナ明子)

2019年8月21日

「練習は続けているけれどやる気がみえない」「スポーツでもやる気を引き出したい」という方もいるだろう。そこで今回は、スポーツで子どものやる気を引き出すために親ができるサポートについていくつか紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. スポーツに集中できる環境を整える

みなさんにもスポーツをするときに使いやすい道具や好きなスポーツウェアを着用するとやる気を高めることができた経験があるのではないだろうか。

これは子どものやる気にも同様のことがいえることであり、やる気が出ないように見える場合には必要な道具やウェアを整えることをおすすめしたい。

スポーツに必要な道具を一緒に選ぶ

子どもの場合は、機能性や手入れのしやすさなどから親が子どもに必要な道具や衣類などを選ぶ機会が多いが、やる気を引き出すためには子どもに「自分で選ばさせる」という機会を与えるのもよい方法である。

子どもが自分で必要なものを選ぶことで、道具などへ愛着がわくことに加えてものを大切に取り扱うことを学び、やる気やモチベーションを維持することができるようになる。そのため、サイズや季節が変わることで道具や衣類などを買い替えるときには、ぜひ子どもと一緒に選ぶことをおすすめしたい。

2. 親はサポートに徹する

子どもがプレーするスポーツの経験をもつ親はついつい口を出しがちになってしまう。しかし、それは子どもにとって「親にやらされている」「親から信頼されていない」という気持ちを強めてしまい、やる気を削いでしまう原因にもなりかねないため、親は子どもから質問を受けたときには助言する程度に気持ちを抑えておくとよいだろう。また、子どもの年齢が低いほど自ら練習場所や遠征先への移動手段・道具の購入などを確保することが難しいため、親は子どもができないことを行なうだけでも十分なサポートになる。

もしかすると「親のサポートは子どものやる気には関係ないだろう」と考える方もいるかもしれないが、子どもは親の行動を実によく観察しており、子どもは親の献身的な姿を見せることで「もっと活躍するところを見て褒めてもらいたい!」「上手になってレギュラーになりたい」など自発的なやる気につなげることができる。親自身がスポーツに力が入り過ぎてしまうと、子どものやる気を削いでしまう発言や行動にもつながってしまうため「親はサポートに徹する」ことをおすすめしたい。

3. スポーツの理解を深めるような話題をもつ

親はさまざまな事柄についての知識や経験が豊富なため、ついつい子どものパーソナルトレーナーになりがちであるが、これは子どものやる気を削いでしまう原因にもなりかねない。そこで親が子どものやる気や自分のプレーを振り返ることで上達をサポートしたいという方は、子ども自身で自分のプレーについて考える機会を与えられる質問やスポーツの理解を深められる質問や話題をもつことを意識するとよいだろう。

こどもの発達段階にもよるが、親に質問されても自分で答えを見つけられなかったり不適切と感じたときには、練習の際に指導者や仲間に質問してプレーの改善や向上に努めようとやる気をもつことにつなげることができるはずである。

4. 子どもの努力を称える

プレーするスポーツの種目によっても異なるが、ときには子どもがレギュラーの選抜から漏れてしまったり、負けてしまったりすることもある。そのときには子ども自身も気持ちが沈みやる気も低迷しているため、これまでの努力した過程や工夫についてきちんと褒め称えることで次の目標に向けたやる気につなげることができるためとても重要である。

また「どうしてあの子がレギュラーなの?」「どうして練習通りできなかったの?」などと発言することは避けるべきであることを忘れてはならない。これは、子どものやる気を削いでしてしまうだけでなくスポーツを嫌いになってしまう原因にもなるためぜひ注意していただきたい。

結論

今回は、スポーツで子どものやる気を引き出すために親ができることについて紹介したがいかがだっただろうか。親の立場であれば「せっかくスポーツするならやる気をしっかりもってほしい」と思いがちだが、子どもはスポーツだけでなく努力の大切さや人間関係の在り方などについても学んでいる。そのため、ぜひスポーツを子どもが楽しく継続できることを第一に考えながらやる気を維持できるようにこちらの内容を参考にサポートしていただきたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ