このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

小学校5年生向け!ワンランク上の自由研究テーマ4つ

投稿者:ライター 佐々倉亜貴子(ささくらあきこ)

2019年8月10日

小学校5年生からは高学年の仲間入りとなる。それにともない、夏休みの宿題である自由研究も今までよりランクアップさせてみてはいかがだろうか。小学校低学年から中学年までは工作や観察をして結果を記録するところまでがゴールであった。高学年ではさらにテーマを掘り下げて、なぜそうなったか?と疑問を持ち、解決するまでをまとめたい。今回は小学校5年生におすすめの自由研究アイデアを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 自宅で育てる!野菜の種を発芽させよう

最初に紹介する自由研究は「野菜の種の発芽」だ。小学校5年生の理科では植物の発芽について学習する。理科の授業で得た知識を使って、実際に種を発芽させよう。

私たちが毎日食べているさまざまな野菜や果物にはどんな種が入っているのだろうか?いつもは捨ててしまう種の部分をとっておき、自由研究として活用する。

材料

  • 野菜や果物の種(りんご、トマト、ピーマンなど)
  • 種を育てる容器(トレイなど浅いものでOK)

やり方

まず、とっておいた野菜や果物の種をしっかりと洗い、一晩水の中に浸けておこう。種の準備ができたら、容器に土を入れて種をまく。一週間程度すると発芽するので、それまで毎日きりふきなどで忘れずに水をやる。

発芽までの種や土の変化、発芽に要した時間、発芽した後の芽の違いなどを観察し、自由研究としてまとめよう。記録用に写真を使えば、よりデータが鮮明になるだろう。

2. 中身が見える!?スケルトン卵

2つ目に紹介する自由研究は小学校5年生に人気の「スケルトン卵作り」だ。卵をまるごと酢に付けて、中身が見えるスケルトン卵を作成する。

材料

  • 生卵
  • ビン
  • ティッシュ
  • 輪ゴム

やり方

ビンの中に生卵を入れて、全体が浸かるように酢をたっぷりと注ごう。酢を入れ終わったら、ビンにティッシュをかぶせて輪ゴムで留める。少し時間が経つと、卵の周りにたくさんの泡が付き始めるだろう。そのまま卵の状態変化を観察しよう。

だいたい3日~5日ほど酢に付けておき、その間は毎日時間を決めて観察を続ける。最後にビンから卵を取り出し、水で洗えばスケルトン卵の完成だ。

スケルトン卵は手で持つとゴムボールのように柔らかい。なぜ卵の殻がなくなったのか?卵の殻が消えていく過程はどうだったか?なぜビンを密閉せずにティッシュで蓋をしたのか?酢に入れる前と後で見た目以外に違いがあったか?このような疑問を見つけて、観察や調査を通じて解決するのが自由研究をまとめるコツである。

3. 栄養を調べる!一週間の献立観察

3つ目の自由研究は「一週間の献立観察」だ。夏休みに家で食べたご飯を写真に撮り、どんな食材を食べていて、どんな栄養素が含まれているかを調べよう。

材料

この自由研究を行う際に必要なものは記録用のカメラと結果をまとめる模造紙やノートのみだ。

やり方

家庭科で教わったように、食品には大きく分けて5つのグループ(炭水化物、脂質、たんぱく質、無機質、ビタミン)がある。ご飯を食べる前に写真撮影をして、普段の一週間の食事を表などにまとめよう。そして食べたものを5つのグループに分類し、どの栄養素をどれだけ摂取しているかを調べる。

自由研究をグレードアップさせるには、さらにひと工夫を加えよう。
摂取量が少なかった栄養素を補う方法や健康バランスがよい献立を自分で考えて実際に作ってみるのもよいだろう。

4. 手作りおもちゃ!スーパーボールを作ろう

最後の自由研究は塩を使った「スーパーボール作り」だ。せんたくのりに塩を混ぜると、固まりができる。それを丸めてスーパーボールのようなボールを作ろう。比較的短時間ででき、実験の後も遊べるので人気の高い自由研究だ。

材料

  • せんたくのり
  • プラスチックコップ
  • マドラー
  • 手袋(ポリエチレン)

やり方

せんたくのりは液体P.V.Aまたはポリビニルアルコールと書かれたものを用意しよう。コップにせんたくのりと塩を入れてマドラーでかき混ぜる。この時、同時に絵の具やラメを入れると、色付きのカラーボールができるのでおすすめだ。

混ぜ終わると、中に白っぽいかたまりができる。ポリエチレンの手袋をはめて、かたまりを取り出したら水を切るように絞ろう。一分ほど握って形を丸く整えれば完成だ。

市販されているスーパーボールとは材料が違うので、はね方に違いがある。この点を観察してまとめてみても楽しい。また、スーパーボールが固まっていく途中経過や、塩を加えてかたまりができる原因を調べてまとめれば、よりよい自由研究になるだろう。

結論

今回は小学校5年生におすすめの自由研究アイデアを紹介した。高学年の自由研究は観察や記録だけでなく、考察を含めることでより高度な作品になる。また、低学年の自由研究と違い必要な期間も伸びてくるため、テーマを早めに決めて計画的に取り組むことが自由研究成功の鍵である。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ