このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

おもちゃを子供が自分で片付けるようになる!とっておき収納法公開

投稿者:
ライター 旗手早奈恵(はたてさなえ)

2019年8月 2日

子どもが生まれておもちゃが家の中に増えたという家庭も多いのではないだろうか。増やさないように日々気をつけていても、プレゼントや手土産でもらったり、飲食店やイベントの景品としてもらったりしていると自然と増えていってしまう。今回は、おもちゃの収納アイデアについてご紹介する。子ども自身が遊びやすく片付けやすい収納を心がけておうち遊びを楽しもう。

1. おもちゃの収納で注意したいこと

おもちゃの収納は、基本的に子どもが自分で取り出して、遊んだ後に自分で片付けることのできるようなものが望ましい。

リビングルームはおもちゃを隠して収納したいという声もあるが、おもちゃを一つの大きな箱に収める収納方法は、子どもにとっても遊びたいものがすぐに取り出せず、箱をひっくり返してから取り出すため、どうしても散らかりやすい。さらに、扉のついた棚の場合、指を挟んでしまう危険や、子どもの視界におもちゃが入らなくなってしまうため、せっかく持っているおもちゃで遊ばなくなってしまう。

こうした点から、おもちゃの収納は子どもからおもちゃが見えるような棚やカゴを利用して収納するのが望ましい。色や素材を工夫して、インテリアに馴染むよう工夫するのが良い方法といえるだろう。

また、小さな兄弟がいる場合、飲み込める大きさのパーツやブロックを手の届くところに置かない工夫をしたいという家庭もあるだろう。こうした場合は年齢に合わせた高さに配置するなど、子どもと話し合い、おもちゃで遊ぶ際のルールと共に収納を作ってみよう。

2. 幼稚園や保育園でも採用!分かりやすいオープンラック

シンプルなオープンラックやカラーボックスは、幼稚園や保育園でも採用されているおもちゃの基本的な収納方法だ。棚にカゴやトレイを設置して、おもちゃの種類ごとに分けて収納するため、わかりやすく、子どもが自分で片付けることもできる。

さらに、幼稚園や保育園では棚におもちゃの写真を小さく貼り付けて、おもちゃの置き場の目印にしていることも多い。文字が読めるようになるまではラベリングにもそのような工夫があると良いだろう。

しかし、オープンラックを家庭に取り入れた場合、おもちゃや棚にかかるほこりが気になってしまう。定期的におもちゃを拭いたり洗浄したりすることは、どの収納方法でも行いたいことだが、オープンラックの場合は、それに加えてはたきやモップでこまめにほこりを払うとよいだろう。

3. 将来ランドセルラックや本棚にできる家具を選ぼう

おもちゃは保育園や幼稚園に通っている時期は収納に困るほどあふれてくるものだが、小学校に入るとおもちゃの規模も小さくなるが、代わりに本や学用品の収納場所が必要になっていく。そうなった時に教科書やランドセルを収納できるようなタイプのラックなどを先に購入しておくというのも良い方法だ。はじめから本の仕切りやハンガーバー、フックなどのついたものからおもちゃの収納を選んでみよう。

入学のために揃えるものはランドセルや机だけにとどまらず、気づけばまとまった金額を出費していることになるため、教科書やランドセルに使える収納を先に購入しておくと入学準備の負担が少なくなる。ひとつの家具を長く使うことで子どもにも愛着が生まれ、ものを大切に扱うようになっていくだろう。

4. カラフルなバケツに投げ込み収納

カラフルなゴム製のバケツをおもちゃの収納にするのもおすすめだ。色ごとに入れるものを決め、蓋を利用すれば積み重ねることができる。細かく並べたり、きちんと片付けたりすることにこだわる子どもにはあまり向かないのだが、片付けがあまり得意ではない子どもの場合はざっと入れることで遊ぶスペースが綺麗になるのでストレスが少ないだろう。

このバケツは水遊びやアウトドアでも大活躍し、使わない場合も重ねておいておくことが出来るので、大きさを変えていくつか購入しておくとあらゆる場面で活躍してくれる。

結論

自宅でのおもちゃの片付けは、子どもにとって自分の持ち物を管理する大切な第一歩といえる。ものを大切にすること、整理整頓することは、その後の通園、通学の際に自分の支度や持ち物に責任を持つことにもつながっていく。ただし、ただ「片付けなさい」と子どもに言うだけでは戸惑うばかりで片付けは進まない。子どもにも分かりやすく、片付けや整理整頓ができる収納環境を整えてあげることが肝要となる。小さな棚ひとつからで構わないので、その棚はしっかりと自分で片付けること、遊んだ後は決められた場所に収納することを少しずつ学ばせていこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ