このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

平面以外にも!アイロンビーズをもっと楽しむコツは「立体」だった。

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年8月 3日

「アイロンビーズは、子どもが手芸や工作感覚で遊ぶおもちゃ」と思う方も多いのではないだろうか。たしかに子ども向けの知育玩具だが、最近では大人もハマる方が続出しているおもちゃなのである。アイロンビーズの魅力とは何なのだろうか?

1. お絵かき感覚で創作できる【アイロンビーズ】とは

パイプ状のカラフルなビーズを突起の付いた土台に並べ、お絵かきをする感覚で作った絵柄を、プレート上に仕上げられるおもちゃの通称が【アイロンビーズ】だ。抽象画のような模様やキャラクター、ドット絵など、さまざまなモチーフを表現できる。

絵柄が完成したら専用シートを掛け、そのうえから中温(140~160℃)のアイロンをかけることで、熱で溶けたビーズが互いに接着する、という仕組みだ。

大型玩具店で見かけるアイロンビーズは、長さ、直径が5mmの「パーラービーズ」という製品が多い。ビーズは色の種類もさることながら、透明タイプややラメ入り、夜光タイプなど50種類以上のラインナップがある。

アイロンビーズは、世界最小2.6mmのミニビーズや10mmのマキシビーズが存在する「ハマビーズ」、ソフトな質感の「フューズビーズ」、またIKEAの「PYSSLA ピッスラ」といった種類があり、世界中の子どもたちに愛されている。

2. アイロンビーズはいつから遊べる?対象年齢と注意点

アイロンビーズはいつから子どもに遊ばせられるのだろうか。ここで各アイロンビーズに定められている対象年齢を確認してみよう。

パーラービーズの対象年齢は5歳以上、ハマビーズなら4歳頃と定められている。フューズビーズに関しては2.6mmのミニフューズビーズの場合は対象年齢は7歳以上と設定されている。同サイズのミニハマビーズは10歳頃からの使用が推奨されている。

このことから、通常のアイロンビーズは4~5歳頃、ミニサイズなら小学生頃から始められると考えてよいだろう。直径10mmのハマビーズJr.という製品であれば、3歳頃からの使用も可能だとされている。ただし、いずれのタイプも仕上げのアイロンは親が扱うようにしよう。また、口に入れたり用途以外の方法で遊んだりしないように注意しよう。

3. 3歳から90歳まで魅了するアイロンビーズの効果

単純な工作にも思えるアイロンビーズだが、精巧な作りを目指せるミニアイロンビーズは大人をも魅了している。作る楽しみだけでなく、期待できる効果があるのもアイロンビーズのよいところだ。

第一に期待できるのは「想像力」の育成である。アイロンビーズで始めて遊ぶ時は見本のモチーフを参考に制作をすすめるという方法もあるが、子どもはすぐに独自のパターンに変化させたり、自分で書いた絵を再現するなどアイデア溢れる作品を作り出す。このようにさまざまな応用に対応できるのがアイロンビーズの特徴だ。

アイロンビーズ遊びは「集中力」も養えるといわれている。種類豊富なビーズから使いたいビーズを選択する、小さなビーズをつまんで置いていく、という作業は集中力が必要な作業だ。そして細かい作業を続けていった結果、作品ができあがるときには「達成感」も得られる。この達成感は自立心の土台である「自己肯定感」へつながっていく。

そもそもアイロンビーズは、高齢者のリハビリ向けに考案されたのが始まりだといわれている。現在でも、認知症やメンタルクリニックの認知療法に取り入れられているアイロンビーズは、たしかに知育を促すおもちゃだといえる。

4. プラモ好きのお父さん必見!アイロンビーズは立体も作れる

アイロンビーズは平面のイラストを再現することしかできないように思われることも多いが、実は立体作品に挑戦することもできる。

初めて挑戦する際は、パーラービーズの「おかしのいえセット」など、立体工作向けのキットを使ってみよう。複数の平面パーツを作って立体作品を組み立てる感覚を掴めるはずだ。

アイロンビーズ作品を立体に仕立てるには、アイロン仕上げ直後のやわらかい状態で少し曲げるという方法もある。熱い状態から仕上げるため、軍手をして取り組むと安心だ。

立体アイロンビーズにも魅了される大人は多い。実際に転がして走れるミニカーや、ジオラマレベルの電車を作る方もいる。細かいパーツを作ったあと、組み合わせていく楽しさは、プラモ作りにも通じると頃があるだろう。模型作りが好きな方は、子どもと一緒にぜひ色々な作品作りに挑戦してみてほしい。

結論

想像力や集中力、達成感を養う効果に期待できるアイロンビーズは、大人もハマってしまうほど奥が深い。認知療法にも取り入れられているアイロンビーズは親子3代で遊べるおもちゃでもある。ぜひ家族みんなで挑戦してみよう。平面の作品はキーホルダーやフォトフレーム、スマホケースに仕立てることもできるため、慣れてきたらオリジナルの作品に挑戦してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ