このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

学習塾はいつから行くもの?選び方には大切なポイントがあった!

投稿者:ライター 岩間智恵美(いわまちえみ)

2019年8月 3日

子どもの学習状況について心配する親は少なくない。学校の授業をしっかり理解できているのか、宿題だけで学習量が足りているのかなど、心配はつきものだ。そんなとき、学習塾を検討する方も多いのではないだろうか。今回は、学習塾を通い始める時期や教室の選び方などについて紹介していく。

1. 何歳から学習塾に通うべき?

筆者の経験上、小学3年生になると学習塾へ通う家庭が増えてくる。考えられる理由としては以下の様な点が挙げられる。あくまでも一般的な例であるため、すべての子どもに当てはまるわけではないが、子供の状況に合わせて参考にしてみてはいかがだろうか。

教科が増える

小学3年生になると、それまで無かった理科・社会の授業が始める。教科数が増えたことで、子どもが学習についてこられなくなる。ついてこられなくなった部分を学習塾で補おう。

学校に慣れて勉強の緊張感が無くなる

小学1年生のときは、初めての経験が多く、何事にも一生懸命取り組む子どもが多い。教室で長時間クラスのみんなで勉強すること、出された宿題に取り組むことも初めてだ。初めての経験は緊張感があるため、しっかりと取り組む。小学2年生になると、下級生が入学する。「お兄さん、お姉さんとして頑張ろう」という意識から、学習に力を入れる子がいるだろう。

しかし3年生になると、学校生活にも慣れてきて、宿題に取り組む態度などが中だるみし始める時期だ。授業の集中も切れる時期なので学力低下しやすい。学習塾で友達と競い合い、励ましまいながら勉強するのはいい刺激になる。

中学受験の準備

中学受験のカリキュラムは小学3年生からスタートする塾もある。高学年から中学受験対策をする子どもいるが、苦手教科が多い場合、学習塾に通う期間が短いと全てを克服できないまま受験を迎えてしまう。中学受験を決めている場合は、小学3年生から通い始めたほうがいいと考えている家庭も多い様だ。

2. 教室の選び方

学習塾にはいくつか種類がある。子どもの学習状況や性格によってどのような教室にするべきなのかしっかり確認していこう。

集団指導

教室のような環境で勉強するのが集団指導だ。塾の規模によって集団の人数は異なる。他の子どもと同じ空間で学習をしていくので、競い合いがいい刺激となる。しかし、集団で学習をしていくので、1人がつまづいてもそのまま学習が進んでしまうことがある。

個別指導

講師1人対生徒1~3人の体制の指導を個別指導と言う。苦手な部分や分からなかった部分はその都度質問することができるので、学習の苦手部分が多い子どもにはおすすめだ。しかし、講師との距離感が近いため、講師との相性が肝心になる。

eーラーニング

家で学習することができるのがe-ラーニングだ。いつでも受講することができるので、生活スタイルに合わせて学習することができる。映像なので、繰り返し見ることもでき、分からないところで一時停止することもできる。

しかし、目の前に講師がいるわけではないので、その場ですぐ質問することができない。また、進度管理など、お父さんやお母さんのサポートが必要な場合も多い。

3. 学習塾の宿題

学習塾に宿題は調節してくれる塾もあるのでの宿題が増えることで負担に感じる子どももいるが、その子の学力や性格を考慮して宿題の量を調節してくれる塾もある。また、年齢によって宿題の内容は変化することが多い。

小学生の場合

小学生で学習塾に通う場合は、学習塾の宿題が負担に感じることは少ないだろう。小学生の場合は1回の授業で学習する範囲がそれほど広くない。また、学校が終わるのも中学生や高校生と比べて早いので時間的にも余裕があるだろう。しかし、中学受験を考えている場合は受験対策のために宿題が多くなる傾向がある。

中学生の場合

中学生となると部活が始まるので、学習塾の宿題をこなす時間が十分に取れない場合がある。また、1・2年生のときと比べて3年生の受験シーズンになると学習塾の宿題は増える。また、入試レベルに合わせて宿題を出されることがあるので宿題の難易度もあがる。

夏期講習・冬期講習を受ける場合、学習塾の授業回数も増えるのでその分宿題も増えることが多い。しかし、夏休み・冬休み期間で時間に余裕があるためしっかり取り組むことができる。しかし、宿題をためてしまうと後々大変になるので、子どもが学習塾の宿題を計画的に取り組めるように、親が宿題の進捗状態を把握しておく必要がある。

結論

現在でははいろいろなタイプの学習塾が存在する。どんなタイプの学習塾が自分の子どもに向いているのかを考えることが大切だ。そのために、子どもの成績だけではなく、日ごろの学習状況をしっかり把握して、子どもが集中して取り組むことができる学習塾や、子どもの実力が発揮できる学習塾を見つけてあげよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ