このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子どもの習い事にテニスが人気急上昇中!何歳から?費用は?徹底解説!

投稿者:
ライター 岩間智恵美(いわまちえみ)

2019年8月 3日

錦織圭選手や大坂なおみ選手、望月慎太郎選手など、日本人テニスプレーヤーの海外での活躍がニュースでとり上げられる事が多くなってきた。そんな姿を見て憧れる子どもも増加傾向にあるという。今回はそんな習い事としてテニスをやってみたいという子どものために「何歳からできるのか」「必要なものはなにか」「費用相場」を解説しよう。

1. 何歳から始めることができるのか

一般的にはテニススクールは4歳、5歳から通うことができるところが多い。ただし、習いたての小さい子どもは力や体力が無いため、多くのテニススクールでは幼い子どもの場合でも安心して楽しめるような工夫がされている。

ボール

通常のテニスボールは硬く、重いので幼い子どもが打つには難しい。そこで、4歳の子どもにも打つことができるスポンジのテニスボールを使う。スポンジなので、スピードやバウンドがゆっくりで打ちやすい。また、身体に当たっても痛くないので安全だ。スポンジのテニスボールにも種類があり、段階を踏んで普通のテニスボールへと移行していく。

コート

小さい子どもがテニスをするには、通常のテニスコートでは広すぎるため、4歳、5歳で始めるときは、通常のテニスコートの半分の広さで行うことが多い。狭いテニスコートだと、簡単にボールに届くことができるので楽しく取り組むことができる。

テニスラケット

子ども用のテニスラケットを使用する。4歳、5歳で始めるのであれば、19~21インチのテニスラケットがおすすめだ。

2. テニス教室に必要なもの

テニススクールに通うためにはどんな道具を準備すればよいのだろうか?ここではテニスを習う際に揃えなければならない道具類をご紹介しよう。

最低限必要なもの

  • テニスラケット
  • テニスシューズ
テニスラケットは子どもの身長によってサイズが異なるので、特に最初はインターネットで購入せずにお店に行って実際に手にとって選んだほうがいいだろう。

ランニングシューズを持っていても、シューズは専用のテニスシューズを準備しよう。ランニングシューズは前に走るために作られている。テニスは前だけでなく左右にも激しく動くスポーツだ。コートで動く際に作られている。また、テニスシューズを使用しないと入ることができないコートもあるので準備したほうがいいだろう。

試合に出る場合

テニススクールに通うだけでなく、試合に出ることも考えているのならば、さらに準備しておくものがある。
  • 予備のテニスラケット
  • ラケットバック
試合中、ラケットのガット(ひもの部分)が切れた場合、予備のラケットがないと試合が続行できなくなってしまうので、2本持っておくといい。ラケットバックは、テニスシューズ・ラケット・ボール・着替えなど試合に必要なものを全て収納することができる。荷物をひとつひとつ持たなくていいので、ラケットバックがあったほうが楽になる。

3. 費用相場はどのくらいか

テニススクールにかかる費用

テニススクールは週に1度のペースで通うことが多い。室内・屋外・個人・集団など、そのテニススクールの形式によって金額は大きく変化するが、月に3000円~8000円が相場になってくる。

スクール以外にかかる費用

  • ボール代
    自主練習をする場合はボールが必要になる。4個入りで大体400円~500円だ。雨に濡れるとボールが跳ねなくなり、使いにくくなる。テニスボールは消耗品になるので、購入することも多い。
  • テニスラケットのガット代
    ガットとはテニスラケットの網の部分のひものことをいう。ガットが切れる頻度は個人差がある。1年に1度の張替えで済む場合もあるが、力が強くなってくると1ヶ月で張り替える必要がある場合もある。ガットそのものは大体2000円ぐらいかかり、自分でガットを張ることは難しいのでお店で張り替えてもらう必要がある。張替え代は1000円~2000円が相場だ。

結論

子どもがテニススクールに通い始めるときに知っておきたいポイントについて紹介してきた。テニスは用意する道具はいくつかあるが、一度そろえて覚えてしまえば大人になってからも楽しむことができるスポーツだ。テニススクールは小学校入学前からでも通うことができる。体験レッスンを実施しているテニススクールもあるので、子どもが少しでもテニスに興味をもったら、体験レッスンからスタートしてみよう!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ