このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

将来はバレエダンサーに!バレエ教室に通う前に知っておくといいこと

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 6日

バレエは子どもの習い事の人気ランキングで、常にトップ10圏内をキープしている人気の習い事だ。しかし、少しハードルのが高く感じる方も多い。そこで今回は、習い始めるには早い方がいいのか、費用はいくらくらいかかるのかなど、気になるポイントをまとめて紹介しよう。

1. バレエを習うなら何歳からがいいの?

バレエ教室の募集要項を見ると、3歳ごろからの募集が多い。3歳ほどの小さいうちから始めると、リズム感が備わりやすく、姿勢がよくなりやすかいというメリットがある。

しかし、子どもがバレエ教室に通いたいと希望すれば、就学前後、もしくは小学校の高学年でも遅くはない。

有名なバレエダンサーの草刈民代さんは8歳、熊川哲也さんは10歳から始めたそうだ。意外にも遅めの開始だが、ほかの有名ダンサーも5歳以降にバレエ教室に通い始めた方は少なくない。

つまり、ただ早ければ早いほどよいというわけではなく、子どもがやりたいと思う時に始めても遅くはないのだ。いまさら始めても、と思わずに、子どもが意欲を示したら始めどきだ。

2. 教室に通う費用、相場はいくらくらい?

バレエ教室というと、費用はやや高額なイメージがあるが実際はどうなのだろうか。一般的なバレエ教室で調べてみると、その月謝は週に1回程度のレッスンで6千円〜1万5千円程度と大きく差がある。その理由は、バレエ教室ごとに方針が異なるためだ。

例えば、しっかりプロを目指す教室やコースでは、当然費用は高くなる。一方、楽しく身体を動かすことを目的として、コンクールなどには参加しない教室は低めの値段設定になっている。

何を目的として習いたいのか、それをしっかり考えてから教室選びをすることが大切なのだ。また、バレエ教室によっては「生演奏でレッスンをする日は値段が上がる」など特別な日を設定している場合もあるので確認をしよう。

3. 重要!通う教室の選び方

バレエ教室選びのポイントとしては、まず、何を目的に習いたいのかを考えよう。プロを目指すほど頑張るのか、それとも楽しく身体を動かして姿勢や協調性を身につけるのかなど、目的はさまざまある。ここに齟齬があるととても辛い習い事となってしまうため、十分親子で話し合おう。

また、ぜひ教室見学をすることをおすすめしたい。目的と合っていても、子どもと教室が合わなければ続けられない。先生のキャラクターや通い続けられそうな環境か、レッスンの雰囲気などを体験してから決めると安心だ。

コンクールや発表会などの様子も、バレエ教室に通い続けるなかでは大切なポイントとなる。

バレエ教室に限ったことではないが、一度始めた習い事をやめたり、教室を変えるのはなかなか大変なことだ。そのため、習い始める前にそのバレエ教室でいいのかをしっかり見極めよう。

4. これだけは揃えたい、バレエ教室に通うのに必要なもの

バレエ教室に通い始める時にはレオタード、タイツ、バレエシューズの3つが必要となる。

レオタード

いわゆるバレエのお稽古着だ。シンプルなものから、スカートが付いたもの、ふわふわのチュチュが付いたものなどバリエーションも豊富だ。バレエ教室ごとに指定される場合もあるので、必ず購入前に確認しよう。

タイツ

穴あきと穴なしの2タイプがある。穴あきはトゥシューズを履く場合に使用するものなので、初心者は穴なしが一般的だ。

バレエシューズ

これもバレエ教室によって指定をされる場合がある。女の子ならタイツと色を合わせることが多いので、一緒に検討した方が無難だ。一口にバレエシューズといってもソールの形や、素材、ゴムの形など細かなポイントがあるので、こちらも必ず確認しよう。

結論

バレエ教室は習い事としては人気が高く、華やかなイメージから憧れる子どもは多い。プロを目指す場合はもちろん、趣味として楽しむ場合など、目的をよく話し合って、子どものやる気を後押しすべく、バレエ教室選びから実際のレッスンまで、しっかり準備をして送り出してあげよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ