このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

サッカー教室はいつからできる?選び方や月謝、保護者の負担まで紹介

投稿者:
ライター 植村麻衣子(うえむらまいこ)

2019年8月15日

昔からサッカーは習い事の中でも子どもからの人気が高く、最近ではサッカー教室に通う女の子も多い。そのため、子どもをサッカー教室に入れたいと思っている方が多いのではないだろうか。そこで今回はサッカー教室に入るタイミングやサッカー教室の選び方、サッカー教室に入るとかかる費用の相場、保護者にかかる負担などを紹介していく。

1. サッカー教室に行くのはいつから?

サッカー教室の中には2、3歳くらいから始められるところもある。しかし、2、3歳はボールを蹴ったり捕ったりすることはできるが、まだサッカーのルールを理解することが難しい年齢だ。

そのため、ルールが理解できるようになったり、チームの仲間と協力しながらチームプレイができるようになったりする年長から小学校低学年の間くらいにサッカー教室に入ることが多いようだ。

2. サッカー教室の選び方

目的に合わせて選ぶ

サッカー教室にはサッカースクールとクラブチーム、スポーツ少年団の3種類ある。

まず、サッカースクールは幼児やサッカーを始めたばかりの子どもを対象にしていて、サッカーの基礎を学んだり、サッカーを楽しむことに重きを置いている。

次に、クラブチームはJリーグクラブや企業などが法人運営していて、元プロサッカー選手など専門のコーチの指導を受けることができ、本格的にサッカーを学ぶことができる。

最後にスポーツ少年団だが、スポーツ少年団はサッカー経験のある保護者たちが有志で指導していることが多く、地域の小学校を中心に活動している。学校の友達が同じチームにいたり、練習場所が学校であったりするため、通いやすいというメリットがある。

このようにサッカー教室によって活動内容や指導者に違いがあるため、楽しくサッカーをしたいのか、将来プロを目指したいのかなど、サッカーを習う目的に合わせてどこのサッカー教室に通うかを決めよう。

通いやすさで選ぶ

サッカー教室によって平日の夕方を中心に練習するところや、週末を中心に練習するところなどさまざまなため、他の習い事や子どもの生活リズムなどに合ったところを選ぶようにしよう。

また、送迎のしやすさもサッカー教室選びの重要なポイントだ。徒歩や自転車であれば子どもが無理なく通える距離かどうか、自宅から練習場所までのルートは安全かどうかを確認し、車で送迎するのであれば、練習場所付近に駐車場があるかどうかを確認しておこう。

3. サッカー教室の費用の相場は?

サッカー教室によって月謝の金額は異なるが、幼児向けのサッカースクールやクラブチームであれば5,000~10,000円程度、地域のスポーツ少年団であれば2,000~4,000円程度のところが多いようだ。

また、サッカー教室に入ると、月謝以外にも1,000~5,000円程度の入会金や5,000~10,000円程度の年会費が必要なサッカー教室もある。

さらにユニフォームやTシャツ、サッカーボール、シューズなどを購入する場合、それらの費用がそれぞれ5,000~10,000円程度かかってくる。

4. 保護者にかかる負担

幼児向けのサッカー教室やクラブチームであれば保護者の負担は軽く、練習の送迎や付き添いだけで済む場合が多いようだ。

一方地域のスポーツ少年団は先ほどご紹介したように指導者やスタッフが有志であることが多いため、月謝は比較的安いことが多い。しかし、その一方で保護者のサポートが必要になることが多い。

練習の送迎や付き添いはもちろん、グラウンドの整備や試合会場の手配、ユニフォームの洗濯、試合の送迎や応援、お茶の用意など多岐にわたり、毎週土日は保護者も子どものサッカーに時間を費やさなければならないことが多いようだ。

保護者にかかる負担が大きすぎて辞めざるを得なかった、ということにならないよう、サッカー教室に入る前に家族でしっかり相談をしておくと安心だ。

結論

サッカー教室によって対象年齢や目的、月謝、保護者の負担などが大きく異なってくる事がお分かりいただけたのではないだろうか。「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、HPや口コミなどであらかじめサッカー教室に関する情報収集をしてから、子どもにも親にも合ったサッカー教室を見つけよう!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ