このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

どうしてプログラミング教育が必修化?文部科学省の指針を徹底解説!

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年8月24日

2020年、いよいよ小学校でプログラミング教育が必修化されるが、「実際にどのような内容で行われるのか、よくわからない」という方も多いのではないだろうか。そこで今回は、文部科学省が目指すプログラミング教育の内容について、文部科学省の指針をもとに、わかりやすく解説しよう。

1. どうしてプログラミング教育が必修化されたのか?

2020年にプログラミング教育が小学校で必修化されるが、これについて「なぜ?」と疑問を持つ方も多いのではないだろうか。そこでまずは、プログラミング教育が必修化された背景を見ていこう。

文部科学省は、「今後多くの職業で、程度の差はあるもののITのスキルが必要となると考えられ、現に、海外の多くの国でプログラミング教育が行われている」と述べている。

第4次産業革命により高度なIT人材は日本でも必要不可欠となったが、諸外国と比べ、日本は高度なIT人材が圧倒的に不足しているとされる。

経済産業省によると、日本のIT人材は2020年には約37万人、2030年には約79万人も不足すると予測されている。こういったことから、急速なIT化に対応できる人材を育てることは国の急務といえるだろう。

また、社会はIT化だけでなく、グローバル化も進んでいる。このグローバル化に対応する人材を育てる目的においても、プログラミング教育は役立つとされている。

変化の激しいグローバル社会に対応するためには、問題解決能力やコミュニケーション能力などが求められるが、こういった能力を高めるためにも、プログラミング教育は効果的だと考えられているためだ。

2. プログラミング教育の目的は?

では、プログラミング教育の目的はどういったところにあるのだろうか?

まず大前提として、2020年の学習指導要領改訂では全ての小学生をプログラマーとして育てることを目的とはしていない。

文部科学省はプログラミング教育の目的について、「プログラミングを体験することでプログラミング的思考を身につけ、各教科のより深い学びにつなげる。」といった内容を述べている。

プログラミング的思考とは、プログラミングに必要な論理的思考や問題解決能力などを指す。今回のプログラミング教育必修化では、小学校でこういった思考を、プログラミングを通して体験的に身につけていくことを目指しているのだ。

たとえば、小学校ではよく稲作体験が行われるが、これは農業の仕組みや、食べ物がどのように作られているかを体験的に学ぶための取り組みだ。

稲作体験することによって、将来農家になることや、農業のノウハウ・米作りの技術を身につけるというところまでは目指していないわけだが、プログラミング教育にも、これと同じことがいえるのである。

3. 小学校のプログラミング教育ではどのようなことをするの?

では実際、小学校のプログラミング教育ではどのようなことが行われるのだろうか。

小学校でプログラミング教育が必修化されることに対する不安の中で、比較的よく耳にするものが、「プログラミングの専門家がいない」ことや、「授業時間数増加への懸念」だ。

しかし、小学校で行われるプログラミング教育は、「プログラミング教育」として特別な時間を設けず、各教科の中で取り入れていくことも想定されている。

たとえば、算数の正多角形の単元であれば、プログラミングを用いていろいろな正多角形を作図するといった方法で、算数の中にプログラミングを自然に取り入れることができる。

このように各教科で学ぶ要素の中に、プログラミング教育を自然な形で導入させていけば、小学校の先生にプログラミングの専門的なスキルは必要なく、授業時間数も、プログラミング教育によって増えさなくても対応することができる。
各教科にプログラミング教育を取り入れていくのか、各教科とは別にプログラミング教育の時間を設けるのかは、各学校の裁量に任されている。

4. 海外のプログラミング教育

日本はプログラミング教育を取り入れたのが他の先進国に比べて遅れている。しかし、各国のプログラミング教育の実情を見ると、選択性にしている国が多く、日本のように必修化している国はそう多くはないようだ。そんな海外のプログラミング教育の実情を、いくつかご紹介しよう。

・イギリス
2013年から義務教育期間において、プログラミング言語やアルゴリズムの理解を必修化している。

・フランス
高校の数学の授業に、プログラミング教育が一部取り入れられている。

・フィンランド
2016年から小学校で、プログラミング教育が必修化されている。

・アメリカ
必修化はされておらず、選択科目として学ぶ。

結論

プログラミング教育の必修化について、「思っていたのと違った」と感じた方もいるのではないだろうか。「プログラミング自体よくわからない」という方も少なくないかもしれないが、これからの子どもたちにとって、プログラミングはごく身近なものとなるだろう。お父さんお母さんも、この機会に子どもと一緒にプログラミングを学び、プログラミングへの知識を深めてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ