このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

今注目の【親子留学】いつから?費用は?気になる疑問を一気に解決!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月23日

海外旅行に行くのなら、ぜひ語学力の向上を図りたいと考える方も多いのではないだろうか。そんな中、親子一緒に海外留学ができる親子留学に注目が集まっている。そこで今回は、親子留学について留学できる年齢の目安やかかる費用などを解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 親子留学とは

親子留学と海外旅行の違い

親子留学と聞くと、親子で海外に行くことなので、海外旅行とよく似たものだと思う方もいるのではないだろうか。しかし、親子留学とは、親が語学学校に通い、子どもは年齢に応じて現地の託児所、幼稚園、小学校などに通うことを言う。海外旅行と違い、滞在先で親と子がそれぞれが目的を持って過ごすのだ。

親子留学の目的

以前は、親子留学は親のやりたいことを優先させるための留学で、子どもはそれについていくだけというスタイルが多かった。しかし最近では、小学校で英語が必修化されるなど英語学習の重要性が高まっているため、子どもに留学体験をすると同時に、親自身もその期間を語学留学に当てる方が増えている。

2. 親子留学はいつからできる?

子どもの年齢の目安

親子留学は、留学プランを提供する企業や団体によって違いはあるが、0歳から15歳まで可能なプランがある。子どもの性格や自立度にもよるが、親子留学がおすすめの年齢の目安は、2歳〜10歳だ。10歳より上の年齢になると、子ども単身で留学するケースの方が多くなる。

親子留学の期間

親子留学は、最短で1週間のプランがあり、一年を通していつでも留学ができる。そのなかでも、夏休みや年末年始などの休暇シーズンに留学するケースが多い。将来的に本格的な長期の留学を検討していたり、海外移住の可能性があったりする家庭で、親子留学を機に現地での生活を事前に試してみるというケースもある。

3. 親子留学にかかる費用の目安

親子留学の費用がどのくらいかかるのか、気になる方も多いだろう。そこで、親子留学に必要な諸費用や、親子留学に最近人気があるセブ島への親子留学費用の目安を解説しよう。

セブ島が親子留学におすすめの理由

語学を習得するなら、アメリカやオーストラリアへ!と考える方は多い。しかし、セブ島でも、公用語が英語のためしっかりと学ぶことができる。さらにアメリカやオーストラリアに比べて、日本から近く、留学費用もリーズナブルである。一年を通して温暖な気候であることも魅力の一つだ。

親子留学に必要な諸費用

一般的に、留学するには次のような費用がかかる。

・親の語学学校の費用
・子どもの学校の費用
・滞在先の費用
・現地までの交通費
・ビザの申請費用
・海外保険費用
・その他手数料など

セブ島への親子留学にかかる費用の目安

大手旅行会社JTBの、フィリピンセブ島への親子留学プランの費用を参考にすると、次のように計算される。ただし、為替レートは変動するため、執筆時のレート1ドル=108円、1ペソ=21円で計算している。

滞在先の費用

JTBのプランでは学生寮に親子で泊まることができ、平日3食付き、学校の費用と合わせて4週間で子ども1900ドル、大人1550ドルになる。(それぞれ日本円で、205,200円、167,400円)

学校の費用

JTBのプランでは学校の費用は上記の滞在費に含まれているが、入学金と教材費が別途必要になる。JTBのプランでは入学金が一人あたり150ドル(16,200円)で、教材費は約400ペソ(840円)だ。さらに、総合管理費が1200ペソ(2520円)、電気代が400ペソ(840円)必要である。

現地までの交通費

飛行機で成田空港からセブ空港まで行く場合、JAL国際線を平日子ども(2~11歳)一人、大人一人エコノミークラス利用で、往復95,500円になる。セブ空港から滞在先への送迎は25ドルで、日本円にして2,700円。その他、日本の自宅から成田空港までの交通費も必要だ。

ビザの申請費用

ビザの申請は、留学先の学校がおこなってくれる場合が多い。セブ島では、留学の際にSSPという特別就学許可証と、ACR-I-CARDという外国人登録証が必要である。SSPとACR-I-CARDの発行手数料は、1人あたりそれぞれ6,500ペソ、3,500ペソとなっている。(日本円でそれぞれ13,650円、7,350円)

セブ島への4週間の親子留学費用

上記を合計すると、556,300円で、その他旅行会社への手数料や海外送金手数料、保険料などが別途必要だ。だいたいの目安にはなるが、JTBでセブ島への海外旅行費用は4日間で一人あたり54,800円~116,800円になっているので、4週間556,300円はお得だと言えるだろう。

結論

親子留学は、英語の早期教育だけではなく留学先でしか体験できないことがあり、親子ともに成長できる。また、親子一緒に留学することで絆が深まり、たくさんの思い出ができるだろう。夏休みなどの長期休暇に、ぜひ親子留学を検討してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ