このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【子ども服のリメイク法】スタイ・リュック・手作りおもちゃに変身!

投稿者:ライター 佐藤夏帆(さとうなほ)

2019年8月22日

「かわいい子ども服、思い出がいっぱいで捨てられない」とお考えの方はいないだろうか?子ども服は小さくてかわいいだけでなく思い入れもあるので、すでにサイズアウトしても、なかなか捨てられないものだ。子ども服はそのまま保存しておくのもよいが、ちょっとした工夫でこれから使うものにリメイクできれば、思い出を捨てずにすみ、エコでもある。今回は、子ども服をスタイやリュックや手作りおもちゃにリメイクする簡単な方法を紹介する。

1. スタイの簡単なリメイク法

サイズアウトした子ども服をスタイにリメイクするという方法もある。スタイはいくらあっても困ることはない。そこで、子ども服を使ったスタイの簡単な作り方を紹介する。材料は、サイズアウトした子ども服、マジックテープ、縫い針、糸のみで作ることができる。

マジックテープは縫い付けるタイプとアイロンの熱で貼り付けるものとがあり、より簡単なのはアイロンの熱で貼り付けるタイプだ。しかし強度が高いのは縫い付けるタイプなので、どちらも試してみるのがよいだろう。

作り方の手順は、まずスタイの型を決め、サイズアウトした子ども服を同じ型で2枚裁断する。次に表同士を合わせて縫い合わせる(ひっくり返すので、返し口を残しておく)。表側が出てくるように返し口から布をひっくり返し、返し口部分を縫い合わせる。最後にマジックテープを取り付けて完成だ。子ども服ならではの色合いや模様のおかげで、簡単にかわいいスタイを作ることができる。

2. リュックへ簡単リメイク!

サイズアウトした子ども服は簡単にリュックにリメイクすることもできる。材料はサイズアウトした子ども服のスカート1枚、5㎝の紐2本と120㎝の紐2本、ハサミ、縫い針、糸を用意する。まずスカートを裏返して、5㎝の紐を輪っか状にし、その輪っかの部分をスカートの下の左右の端に入れ挟む。

紐を挟んだままスカートの下部分を抜い、表が出てくるようにひっくり返し、スカートの下端にリュックの紐を通す部分ができたことを確認する。次にスカートのウエスト部分の両端に少し切り込みを入れて、両サイドの穴から1本ずつ120㎝の紐を通していく。そのまま紐を引くと巾着袋状になる。

はじめに作った5㎝の紐の輪っかに、ウエストに通した紐の先を結ぶと、リュックの完成だ。子ども服のスカートを余すことなくリメイクでき、ほとんどハサミを使わずにリュックを作ることができる。もともと縫われていたスカートを使うことにより縫う作業も少なく済むので、裁縫初心者におすすめだ。

3. 手作りおもちゃへ簡単にリメイクする方法

サイズアウトした子ども服で手作りおもちゃにリメイクするというのも楽しい。手作りおもちゃと聞くとハードルが高そうなイメージであるが、今回はとびっきり簡単な「お手玉」の作り方なのでご安心を!材料は、サイズアウトした子ども服(上下どちらでも可)、中に詰めるもの(ペレットや綿)、縫い針、糸のみで作ることができる。

ペレットや綿は手芸用品店やインターネットで購入できる。まずは、子ども服を縦10㎝×横16㎝程度に切り、縦半分に折って縦の繋がっていない部分を縫って筒状にする。次に、輪になっている上下のどちらかをぐし縫い(目の粗い波縫い)し、糸を切る前にギュッと引っ張り縫い締め、緩まないように何度か縫い玉結びをする。それをグルンと表に返して、開いている口をぐし縫い(目の粗い波縫い)し、縫い終わってもまだ糸を引っ張らずに、縫い代を内側に折り入れる。そこにペレットを袋の上ギリギリまで入れ、最後に糸をギュッと引っ張り、緩まないように何度か塗う。

そして最後に玉結びをして完成だ。小さな子どもは掴んだり投げたりして遊び、少し大きくなってからはお手玉遊びができるようになる。簡単に作れて長く使えるのが最大のポイントだ。

結論

サイズアウトした子ども服を、スタイ・リュック・手作りおもちゃにリメイクする方法を紹介した。まずは簡単なものから作ってみて、次はもう少し難しいものを作ってみるなど、少しずつ作れるものを増やしていけば、子ども服を捨てる必要がなくなるかもしれない。子ども服をリメイクすることは、大切な思い出を捨てずにすむだけでなく、これからの大切な思い出を作ることにも繋がる。簡単にできる子ども服のリメイクに挑戦してみよう!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ