このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

偉大な物理学者アインシュタインが受けた教育と幼少期のエピソード

投稿者:ライター Brunner Akiko(ブルーナ明子)

2019年8月22日

アインシュタインは数々の功績を残し今もなお「偉大な物理学者」として世界中で高い評価を受けている。このような高い才能を発揮したアインシュタインの幼少期の過ごし方について興味をもつ方もいるだろう。そこで今回はアインシュタインの偉大な功績と幼少期のエピソードについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. アインシュタインとは?現代の発展にも大きく影響を与えた功績

アインシュタインの功績がなければ現代の発展はないといわれるほど彼の功績は偉大なものであり、「現代物理学の父」や「20世紀最高の物理学者」とも評されている。こちらでは、アインシュタインの功績についていくつか紹介しよう。

「特殊相対性理論」および「一般相対性理論」を発表

アインシュタインは1905年に「特殊相対性理論」を発表し1916年に「一般相対性理論」を発表した。一般的にあまり馴染みがない理論ではあるが、この理論が無ければ現代の物理学の発展はなかったといわれている。

「光量子仮説」

1905年にアインシュタインは「物体から光が発生すること」「光は物体に吸収されて電子が外に飛び出す現象」から、「光(電磁波)はエネルギーをもつ粒子としてふるまう」とした仮説を発表したことでも知られている。

2. 【幼少期エピソード】優秀だったのは数学と物理だけ?!

世界中でさまざまな分野で影響力をもつアインシュタインは、どのような子ども時代を過ごしたのだろうか。こちらでは、アインシュタインの幼少期のエピソードについて紹介しよう。

幼児期は寡黙だった

もしかするとアインシュタインは「幼少期から英才教育を受けていた」などと考えている方もいるかもしれない。しかし、記録によるとアインシュタインは5歳頃まであまり言葉を発することはなかったため、両親は彼の成長や発達をとても心配したようだ。

方位磁石が科学に興味を持つきっかけに

アインシュタインは、5歳ころに父親から方位磁石(コンパス)をもらったことを機に「自然界の仕組み」に強い関心を抱くようになったことが広く知られている。アインシュタインの数々の理論の原点は、この方位磁石からはじまったといっても過言ではないだろう。

9歳で「ピタゴラスの定理」を証明

アインシュタインは9歳のときに「ピタゴラスの定理」の存在をはじめて知った。その後はその定理についての証明を寝食を忘れて考え抜き、若干9歳にて自力で証明することに成功したのである。アインシュタインは、この頃からすでに数学に関する才能を発揮していたことが知られている。

12歳で「ユークリッド幾何学」を独学した

アインシュタインが12歳の頃に電気化学に精通する叔父から「ユークリッド幾何学」の本をもらい夢中で学んだという。さらにこの頃にアインシュタインは「微分学」「積分学」も独学で学んだといわれている。

数学と物理のみが成績優秀

アインシュタインは、全ての分野において才能があったと思っている方もいるかもしれないが、じつは成績優秀であったのは強い関心を抱く「数学と物理」のみで、その他の関心のない科目については授業にさえも出席しなかったそうだ。

アインシュタインは団体行動や規則などを好まず、人間関係にも不器用な側面もあったそうで、しばしば教師とも衝突していたらしい。

バイオリンも堪能だった

アインシュタインは、科学の分野で有名な人物のためあまり知られていないが、実はバイオリンが堪能であり、特にモーツアルトの作品を好んだといわれている。

3. どんな教育を受けていた?

天才といわれるアインシュタインは幼少期にどのような教育を受けて育ったのだろうか。

実は、アインシュタインの幼少期は初めから神童という扱いをされてきたわけではない。むしろ、言葉を発することが遅かったため、両親や家族からはとても心配される子どもであったいわれている。しかし、彼の両親や家族はユダヤ教徒であり、後に彼の才能が開花したのは幼少期に受けた「ユダヤ式教育」が影響したのではないかという見かたもある。

ユダヤ式教育

ユダヤ式教育とは何千年も前からユダヤ教の聖典を用いてその教えに基づきながら家庭で行なわれてきた、独自性の高い英才教育のことである。特に「自分たちを守る唯一無二の手段」として教養を身につけることを重視している点が大きな特徴になる。

最近では世界中から注目される教育方法となり、宗教や人種を超えて広まりつつあるものである。

ユダヤ式教育の特徴

ユダヤ式教育の特徴は「ナンバー・ワン」になることよりも「オンリー・ワン」になることを重視し、子どもの才能を信頼した関わりが重視されている。さらに「常に問いをもつ」「分析する」「分からないことは質問する」「議論する」「仲間を大切にする」という5点にも着目した教育が施される。

アインシュタインは幼少期からこの教育を受け、親の信頼を受けていたからこそ自然と興味をもった事柄にじっくりと向き合うことができ、その才能を開花させて偉大なる功績につなげられたと推察できる。

結論

今回は、偉大な物理学者であるアインシュタインについて詳しく紹介したがいかがだっただろうか。天才は必ずしも万能ではないということに驚いた方もいることだろう。アインシュタインには独学で学ぶことのできる才能が備わっていたが、家庭での教育や家族や・友人などとの関わりも彼の才能の開花を後押ししたことに違いない。みなさんにもぜひ自分の子どもの才能を信じて子のども伸び目を伸ばしていける関わり方の参考にしていただきたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ