このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

押入れがジャングル?子ども服を効率よく収納して自分で片付けてもらう方法

投稿者:ライター 佐藤夏帆(さとうなほ)

2019年8月29日

せっかくある「押入れ」を、上手に活用することが難しいとお悩みの方も多いのではないだろうか。子どもの洋服や本、おもちゃなどの子ども用品を収納することができれば、部屋をもっと広く有効活用ができる。そこで今回は、子ども用押入れ収納の簡単な作り方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 理想の押入れ収納とは?

押入れ収納は、布団などの寝具の他、ヒーターなどの季節家電・衣類など、様々なものを効率よく収納できる状態に作っていく様に工夫しよう。押入れは広いので、たくさん物を収納できそうな気がするが、よく考えずにどんどん詰め込んでしまうとデッドスペースができたり取り出しにくくなったりする。

子どものほしい物が、押入れの奥深くに入っていると一旦全て押入れから出さなければならならず、非効率的だ。無駄なスペースをできる限りなくし、子どもも簡単に物を出し入れできるような押入れ収納が理想だ。

2. 100均で安く簡単にDIY

押入れ収納を1番安く作るには、やはり100均グッズを利用するのがよいだろう。100均で販売しているすのこに100均のキャスターを付け、その上に衣装ケースや子どものおもちゃなどを乗せれば、奥行きがありすぎて使いずらい押入れも有効に活用できる。子どもの力でも引き出しやすく、コロコロと転がせるので出し入れや整理がしやすい。

また、100均の突っ張り棒を取り付けてハンガーを使えば、クローゼットのように服をかけることができる。「突っ張り棒だけでは重すぎて落ちてしまうのでは?」とお考えの方もいるだろう。そのような場合でも、100均のソフトレザーとネジを使って吊るしベルトを作り、そこに突っ張り棒を通せば多少重くても落ちにくくなる。100均はアイデア次第で様々な収納グッズをDIYできるので、できるだけ安価に作りたい方や、ものづくりが好きという方にもおすすめだ。

3. ニトリで賢く簡単にDIY

ニトリでは様々な種類の収納グッズがお手頃価格で手に入る。色や素材の種類も豊富で、子どもの好みや発達段階に合った押入れ収納をDIYできる。例えば、ニトリの「押入れ収納キャリー」は、キャスターや引き出す取っ手も付いているので、押入れの奥に入っている物でも楽に引き出すことができる。

また、「幅の調整が出来る押入れ整理棚」は幅が74㎝〜90㎝まで伸縮自在で、ご家庭の押入れに合わせて調節できる。さらに、この棚の下にニトリの「押し入れ用フィッツユニットケース」を置けば、デッドスペースを有効活用できる。

「幅の調整が出来る押入れ整理棚」も「押し入れ用フィッツユニットケース」も、それぞれ積み重ねたり並べたりして好きに増やしていける。組み合わせるだけで簡単に自分好みの押入れ収納ができるので、子どもと一緒に収納グッズを選びに行くのもおすすめだ。

4. 子どもが自分で服を片付けるためには

子どもが進んで自分の服を片付けたいと思うようにするには、工夫が必要である。衣装ケースの引き出しが大きすぎたり重かったりすると、服の出し入れを嫌がってしまう。せっかく収納を作るのだから、子どもが自分で服を出し入れしやすい押入れ収納を心がけよう。

そこで、子どもが自ら服を片付けたいと思うような簡単な工夫を紹介する。まず衣装ケースはあまり大きすぎないものを選ぶようにしよう。まだ身体が小さな子どもがスッと引き出せる程度の大きさがよい。

次は子どもの目線から低すぎる位置や逆に高すぎる位置に衣装ケースを置かないようにしよう。高すぎると椅子に乗るなどしなければ届かないため、どうしても自発的におかたずけをさせることが難しくなってくる。低過ぎても出し入れしにくいので、子どもの成長に合わせて引き出しの位置を変えていくのがよいだろう。

押入れの奥には子どもが使わない季節物の家電や衣類を収納するようにし、手前に子どもがよく使う物を収納しよう。

どこに何が入っているか分かりやすくするため、マスキングテープに「くつした」や「ハンカチ」と書いて貼り付けたり、まだ文字が読めない子どもなら、靴下のシールを貼ったりするのもおすすめだ。この時、子どもが好きなキャラクターがあれば、そのシールを貼ることも子どものやる気を上げることに繋がるだろう。

結論

子ども用品や季節物の家電や衣類・布団などを、押入れに収納する方法を紹介した。子どもが服やおもちゃなどを簡単に出し入れできる押入れ収納のポイントを押さえていれば、子どもがストレスなく片付けることができる。子どもが自分の物を押入れ収納に片付けられるようになれば、次は子ども部屋全体、その次はリビングなど、少しずつ身の回りの整理整頓に挑戦してみよう!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ