このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【子どもの耳掃除】いつから?必要性は?注意点は?疑問を解説

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年8月31日

「子どもが耳掃除を嫌がって困っている」という方は多いのではないだろうか。最近は、「耳掃除は必要ない」という話をメディアなどで聞くこともある一方で、耳あかが溜まりすぎると不安に思う方もいるだろう。そこで今回は、子どもの耳掃除の必要性など、耳掃除に関する疑問にお答えしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 子どもの耳掃除の必要性は?

最近、「耳あかは自然に外に出るから、耳掃除は必要ない」という意見をよく耳にする。実際にアメリカ耳鼻咽喉科頭頸部外科学会の耳ケアガイドラインには、「耳掃除をしすぎると、かえって耳あかを耳の奥に押し込んでしまったり、耳の中に傷をつけてしまったりする危険性があるため、やりすぎは禁物であり、多くの人にとっては耳掃除自体が不要だ」といった内容が記されている。

これは子どもも同様だと考えられる。体質により耳あかがたまりやすい子どももいるが、その場合も耳の入り口あたりを時折掃除する程度でいいそうだ。耳あかを外に排出しにくい体質などの理由で、耳の中に耳垢がたまりすぎることがあるようだが、この場合は耳鼻科に耳掃除をまかせた方がいいだろう。

2. 子どもの耳掃除はいつからできるの?

耳掃除は本来必要のないものという意見が多いが、耳掃除は副交感神経を刺激しリラックスする効果を得られるともされている。そのため、子どもが嫌がらないのであれば、親子のスキンシップのひとつとして取り入れるのもいいだろう。

子どもの耳掃除は、「何歳からならできる」という明確な決まりはなく、0歳児であっても耳掃除を行うことはできる。ただ、赤ちゃんの耳の中はデリケートなので、傷つけないよう注意が必要だ。

また、年齢に関わらず、耳の中を傷つけないよう耳掃除には綿棒を使用することをおすすめしたい。耳あかがカサカサしている場合は綿棒にオリーブ油などをつけたり、お風呂上がりに行ったりすれば耳あかが柔らかくなり、耳掃除がしやすい。掃除をするときは、耳の入り口を優しく拭うようにするとよい。

子どもがリラックスできる態勢であればひざまくらでも座って横からでも構わないが、子どもが急に動くなどして、耳の中を傷つけないように注意が必要だ。

3. 子どもの耳掃除の注意点は?

では、子どもに耳掃除を行う場合、どういったことに注意するとよいのだろうか。以下に注意したいポイントを挙げたので、参考にしてほしい。

耳掃除はやりすぎない

耳掃除はやりすぎると耳の中に傷をつけてしまうことがあるので、注意が必要だ。子どもがやりたがっても、2週間〜1か月に1度くらいにとどめておこう。

耳の中に綿棒を入れすぎない

綿棒を耳の中に入れすぎると、かえって耳あかを耳の奥に押し込んでしまうことがある。また、耳の奥に綿棒が当たると痛みを感じる場合があり、それがきっかけで子どもが耳掃除を嫌がるようになることもある。耳の入り口から1㎝程度でとどめておこう。

子どもに動かないよう言い聞かせる

耳掃除の最中に子どもが急に動くと、耳の奥に綿棒が刺さるなど事故につながるおそれがあるので、動かないように子どもに言い聞かせることが大切だ。また、耳掃除中は、周囲の状況にも注意を払おう。子どもがじっとしていても、兄弟が近くにいて急にぶつかってくるといったことも考えられる。安全な場所で行うようにしたい。

綿棒は子どもの手の届かないところに

綿棒など耳掃除の道具は、子どもの手の届かないところに保管することが大切だ。自分で耳掃除をしようとして怪我をする事故は珍しくないそうだ。

結論

子どもが耳掃除を嫌がる場合は無理に行う必要はなさそうだ。もしも、耳あかのたまりが気になるようであれば、耳鼻科にまかせる方が安心だろう。耳掃除は子どもとのスキンシップや信頼関係を深めるための手段として、子どもが「心地よい」と感じる範囲で取り入れてみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ