このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

保育士直伝「テーブルの食べこぼし掃除はこれだけ」楽するアイデアとは

投稿者:保育士 旗手早奈恵(はたてさなえ)

2019年8月30日

子どもと生活していると、1日3度の食事に加えておやつと、食卓に座る回数が多いことに気付く。必然的に毎回食べこぼしでテーブルや床が散らかったり汚れたりしてしまうが、すぐに片付けないとさらなる散らかりを招いたり、子どもの服を汚してしまったりするので油断はできない。そこで、食べこぼしを手早く掃除する方法や片付けに便利なグッズを紹介しよう。アイデアを参考にキレイなテーブルをキープしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. ちょっとしたものならウェットティッシュ、乾燥したものなら卓上掃除機

食卓の横にウェットティッシュを置いておくと、食事をする前の子どもの手を拭いたり、ちょっとした食べこぼしをキレイにしたりする際に非常に便利だ。インテリアに合うようなオシャレなウェットティッシュケースも市販されているので、そういったものを食卓の横に置いておくのもよい。

パンやお菓子など、乾燥したものが散らかった場合は卓上掃除機があると役に立つ。食事を終えた子どもが食べこぼしをさらに散らかしてしまう前に、とりあえずサッと吸い取ってすぐに次の行動に移れる。卓上掃除機は、子どもが成長したら食べこぼし以外にも工作の紙くずや消しゴムのカスなどを吸い取るのにも役立ち、車内の清掃にも活躍してくれる。一台あると育児の強い味方になってくれるだろう。

2. 食事用スタイは必須!食べこぼしをキャッチして着替えを減らそう

食べこぼしをする時期は、食事用のスタイを着用するようにしよう。布のスタイでは洗濯物の量が増えてしまい、大変だが、食事用に販売されているプラスチックやシリコン素材のスタイは水を通さない素材で出来ているため、汁気のあるものや飲み物をこぼしてしまっても服が汚れにくい。スタイの裾部分がポケット状の受け皿になり、食べこぼしや水分をキャッチしてためておけるようになっているタイプも多く、食事用のスタイを選ぶときにはそういった点もチェックするのを忘れずに行おう。

はじめのうちは食事用のスタイを嫌がる子どももいるが、椅子に座ってスタイを付けることを食事の流れに取り入れるようにしてみよう。じきにスタイの着用が習慣になり、食べこぼしも少なくなる。

外食をする際にも食事用スタイがあると食べこぼしの片付けに大変便利で着替えも減る。オムツや着替えは忘れずに持っていくという方も、食事用スタイは忘れてしまいがちなのではないだろうか。食事用スタイは100円ショップなどにも販売されているので、何枚か揃えてお出かけのセットにも入れておきたい。

3. テーブルや床に食べこぼしマットを敷くと掃除も楽々

テーブルや床が毎回食べこぼしでひどく散らかってしまうという場合は、食事の前に食べこぼし用のマットを敷くのもいい。食べた後は食べこぼしをマットに乗せたままゴミ箱まで運ぶことができるし、洗える素材のものも多く手入れも難しくない。シリコン素材のものであれば、卓上でもずれにくく、使った後は食器と一緒に洗い、水気を拭き取るだけで、次の食事の時にも使える。何枚もマットを持たなくて良いのでオススメだ。

トレイも食べこぼしを運びやすく、まるごと洗えて扱いやすいが、年齢によっては、トレイごとひっくり返してしまうのでオススメできない。子どもの様子に合わせたグッズを選ぶようにしよう。

4. 仕上げはやっぱり台ふきんで。きれいに拭きあげて清潔を保とう

食べこぼしに便利なグッズを使ったとしても、仕上げは台ふきんで拭きあげるのが衛生的だろう。もちろん台ふきんも消毒と乾燥に気をつけ、清潔を保てるよう心がけたい。

キッチン用のアルコールスプレーを使用するのもよい方法だ。食事の後はテーブルの天板だけを拭きがちだが、飲み物をこぼした後などはテーブルの脚なども汚れていることが多い。後々の清掃では元のようにキレイにならないこともあるので、天板以外の汚れにも気を配ろう。

ただし、子育て中はこうしたケアが難しいこともあるだろう。そうした場合にはひとまずサッと拭けるテーブル用の掃除シートや、専用のものでなくても前述のウェットティッシュで無理せずこまめに掃除できるように体制を整えよう。

結論

家族揃っての食事やおやつの時間は楽しいひとときだが、1日に何度も食べこぼしを片付けるのはなかなか大変な作業だ。便利なグッズの助けを借りながら、食べこぼしの片付けも簡単に楽しくやってみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ