このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

看護師流「生後2か月の寝かしつけのコツ」特徴や時間、音楽まで解説

投稿者:看護師・助産師 BrunnerAkiko(ブルーナアキコ)

2019年9月30日

赤ちゃんが生まれて少しずつ身のまわりの世話にも慣れてきても、寝かせつけが上手くいかずに睡眠不足が続いているという夫婦もいることだろう。そこで今回は、生後2か月頃の赤ちゃんの寝かしつけについて具体的な方法やコツについて解説しよう。

1. 2か月児の特徴を理解しておこう!寝かしつけの時間は?

2か月頃の赤ちゃんを寝かしつけるコツを知る前にまずは、この時期の特徴を理解しておくことが大切である。その特徴を知ることで寝かしつけがしやすくなるため、ここで確認しておこう。

まだまだ覚醒時間も睡眠時間も不安定

2か月頃は寝ていても覚醒しやすいという特徴がある。これは、まだ睡眠が浅いことに加えてまだ昼夜の区別がつきにくいことも関連しているといわれている。

「新生児の頃は授乳で寝かしつけられたのに今はすぐ起きる」というのもそのためである。

寝付く時間もばらばら

前述のようにこの頃の赤ちゃんはまだ昼夜の区別もつきにくいため、寝付く時間もばらばらだ。そのため、大人のように就寝時間や起床時間をきっかり決めることは困難である。

2. 2か月児におすすめの寝かしつけ方法を紹介!絵本や音楽は必要?

まだ視力も聴覚も十分に発達していない2か月の赤ちゃんの寝かしつけに「絵本や音楽は必要?」という疑問について回答しよう。この頃の赤ちゃんに「絵本を読み聞かせると眠くなる」「この音楽を聞かせたからよく眠る」ということは残念ながらまだ稀である。

しかし、絵本の朗読やリラックスできるような音楽を低温量で流すことは赤ちゃんの「入眠儀式」づくりにつながり「絵本が終わったら寝る」「音楽が聞こえたら眠くなる」という条件反射を促すことが可能といわれている。

そのため、すぐに絵本や音楽で寝かしつけの効果が得られなくても毎日決まった時間に決まったことを継続していくことが後の寝かしつけに役立つのだ。また、絵本の朗読により胎内で聞き慣れた声をきかせることは赤ちゃんを安心させるられることを覚えておくとよいだろう。

3. 2か月児を寝かしつけるコツを解説!

2か月児を寝かしつけるコツはさまざま提唱されているが、共通するポイントをいくつか紹介しよう。

生活リズムづくりを促す環境を整える

前述の通りこの頃は感覚も未発達なため昼夜の区別もつきにくいことに加えて睡眠時間も短く生活リズムが不安定である。

そのため、朝起床したときには日の光を浴びさせ、日中覚醒したときには可能な限り明るくにぎやかな家庭内の場所で過ごす環境を整えることを日課とするとよいだろう。

寝かしつけの際には部屋を暗くしてできる限り静かに、穏やかに過ごせる環境を整えることが大切だ。この時期から少しずつ赤ちゃんが寝る時間であることを理解できるように促すと後の寝かしつけにも役立つ。

快適な睡眠環境を整える

赤ちゃんが「寝かしつけたのにすぐ起きた」ということを避けるためにもまずは快適な状態や環境を整えることが重要だ。

まずは赤ちゃんが満腹であり便やガスでお腹の張りがないようにする。オムツも清潔であり、温度や湿度も快適な状況に整えて部屋を暗くすることが大切である。

スキンシップを十分にとる

この頃はまだまだ胎外環境に不慣れであり、心身ともに不安定である。そのため、刺激にも敏感になり緊張していることから、しっかりと抱きしめたり、ベビーマッサージをするなどしてリラックスさせることもポイントになる。

胎内環境を再現してみる

さらに寝かしつけをスムーズにしたいという場合は「おひなまき」を試してみるとよいだろう。入眠儀式の1つとして取り入れておくのもおすすめだ。

これは、バスタオルやおくるみなどを用いて赤ちゃんの体位を胎内にいたときの姿勢に整える方法である。この方法で姿勢を整えると多くの赤ちゃんが安心して落ち着くことができる。入院中に助産師からの指導を受けていない人は、ぜひ動画サイトなどで検索して安全な方法で挑戦していただきたい。

4. 話題の「ジーナ式」とは?

育児のトレンドとして「ジーナ式」を見聞きしたことがある方もいるだろう。これは、イギリスのナニー(ベビーシッター)の経験をもとに提唱された育児方法のことである。寝かしつけにおいて上手くジーナ式を活用できれば、お父さんも参加可能であるためお母さんと交代で睡眠や休養の時間をを確保できる。

ただしジーナ式の内容は、主に子どもの生活を成長・発達に応じて生活を管理していく内容であるが、あくまでもナニーとしての経験から実践をすすめている方法であり、医学的見地とは異なる方法を提唱している場合もあるという点も理解しておきたい。

またジーナ式にチャレンジしてみたいという方は、文化背景や価値観の違いなどが見受けられることを覚えておくとよいだろう。例えば「子どもは別の部屋に寝かしつける」などとあるが日本には馴染みがなく物理的にも難しいことが多い。そのため、あまり神経質になり過ぎずに適宜家庭の状況に応じた方法で取り入れることをおすすめしたい。

結論

今回は2か月頃の赤ちゃんの寝かしつけについて詳しく解説したが、いかがだっただろうか。寝かしつけは、パパも参加しやすく赤ちゃんとの関係を築くことにも役立つことに加えてママの睡眠や休養を確保することにもつながる。そのため、ぜひこちらの内容を参考に寝かしつけに積極的に関わっていただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ