このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「あれ?どこ?」がなくなる!大量のプリントを機能的に収納するノウハウ

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年9月 6日

子どもの幼稚園や学校のプリントはどんどん溜まる一方で、必要な時に必要なプリントが見つからない!とお困りの方も多いのではないだろうか?プリントの片付けを後回しにしているうちに、テーブルの上がプリントの山になるということもあるかもしれない。そこで今回は、手間なくすっきり片付けることができるプリント収納術を紹介しよう。

1. 大切なプリントは壁掛け収納

幼稚園や学校などからもらってくるプリント類は、懇談会の申し込みや集金のお知らせなど、期日が決まっているものがたくさんある。こういった大切なプリント類は、忘れないように常に目につく場所に収納できると安心だ。そこでおすすめなのが壁掛け収納である。

バインダーやボードを使った壁掛け収納

提出期限が決まっているプリントはバインダーに挟み、そのバインダーをフックにかけておく方法がおすすめだ。子どもが2人以上の場合は、バインダーは子どもごとに分けるとよい。

コルクボードやホワイトボードを子どもごとに用意し、そこに貼っておく方法もおすすめだ。家族みんなが目にする場所に設置すると、提出忘れを防ぐこともできるだろう。

100均のファイルボックスを使った壁掛け収納

100均に売っている半透明のファイルボックスのふたや持ち手を取り外し、フックなどを使って壁に取り付けると、プリント収納ボックスになる。いくつか用意してラベルを貼り、プリントの種類ごとに分類して収納すると、さらに使いやすくなりそうだ。

2. 冷蔵庫収納には「冷蔵庫ピタッとファイル」がおすすめ

プリントを冷蔵庫に貼り付けているという方も多いのではないだろうか。

確かに冷蔵庫は常に目に入る場所なので、大切なプリントを貼り付けるには絶好の場所だが、気がつくと冷蔵庫がプリントだらけになることもあるだろう。そんな悩みを解消してくれるアイテムが、キングジムから発売されている「冷蔵庫ピタッとファイル」という商品だ。

最大A3サイズまで収納可能なので、学校などから持ち帰るほとんどのプリントを折らずにそのまま収納できる。シンプルなデザインなので、冷蔵庫周りがすっきりした印象になるところもポイントだ。ペンやマーカーも一緒に収納できるので、すぐに提出しなければならないプリントがあったときも、キッチンでそのまま記入して子どもに手渡すことができて、提出し忘れることを防げそうだ。

3. プリントの量が多いときはプリント収納棚を利用

大量のプリントを分類して収納するのはなかなか手間のかかる作業だ。この作業が面倒で、ついついプリントが溜まりがちになるという方も多いのではないだろうか。そんな方におすすめなのがプリント収納棚の活用だ。

プリント収納棚は市販のものもあるが、トレイなどを重ねて自作するのもおすすめだ。プリントの量に合わせて調節できるので、市販のものよりも使い勝手がよくなりそうだ。木製のトレイを利用すると、インテリアとしても利用できる。それぞれの棚の段にどのプリントを入れるのかラベルを貼っておくと、あとはもらったプリントを放り込むだけなので、整理が苦手な方でも安心だ。

4. すぐに使わないプリントは収納ボックスを利用

学校などでもらってくるプリントの中には、「取っておきたいがすぐには使わない」というものもたくさんある。そういったプリント類は収納ボックスへの収納がおすすめだ。100均などのボックスにそのまま放り込み、定期的に不要なプリントを処分する方法がもっとも手間いらずだ。

また四角いファイルボックスにタグ付きのクリアフォルダを入れておき、分類して収納するとさらにすっきりするし、プリントを見直したくなったときに探しやすくなる。

結論

増えがちなプリントの収納は、子どもの人数やプリントの量、ライフスタイルなどにより最適な方法はさまざまだろう。また、いくらすっきりと収納できても、出し入れに手間がかかるとなかなか継続できず、結局はプリントの山ができることになりかねない。自分にとってもっとも出し入れしやすく、プリントの量にも見合った収納方法を選択することが大切だ。今回ご紹介した方法を参考に、それぞれの家庭に最適なやり方を模索してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ