このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

59%の子供が気にする【運動会のお父さん】正解の服装とは?

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年9月27日

子どもの運動会へ着ていく服装は、意外にも重要だ。株式会社ネオマーケティングが小学生を対象に、2017年におこなった調査(※1)によると、59.8%もの子どもが「運動会にはかっこいいお父さんにきてほしい」と回答したという。お父さんの運動会ファッションは、お母さん同士の話題にもあがりやすい。「かっこいいお父さん」として子どもの運動会に参加するためにも、運動会ファッションの極意を確認しておこう。

1. 運動会の服装は「TPO×動きやすさ」がカギ!

運動会のTPOとは

運動会の服装で、子どもやほかの保護者に引かれないようにするためには「TPO」と「動きやすさ」がカギである。

運動会は、いつもお世話になっている先生方や、数多くの保護者と顔を合わせる機会でもあるため、ある程度「きちんとした雰囲気」が求められる。とはいえ、スラックスやジャケットといったカッチリ系のコーディネートだと、運動会の手伝いや保護者競技の場で大変動きにくく、運動会の雰囲気にもそぐわない。

TPOに合うのは「サッと動けるきれいめコーデ」

運動会に着ていくお父さんの服装は、「サッと動けるきれいめコーデ」を目指すとよい。「ポロシャツ」や「Tシャツ」、「コットンシャツ」に「チノパン」などを組み合わせてみてはいかがだろうか。きれいめコーデを目指すなら、いずれも柄がない、単色に近いものを着用するのがおすすめだ。ホワイト×デニム、水色×ホワイト、オールブラック、モノトーンなど、上下の色の組み合わせにも配慮したい。

さらに「おしゃれなお父さん」といわれるには、トレンドを「ほんの少しだけ」足すのがポイントだ。最近ではオーバーサイズがメンズファッションのトレンドであるため、Tシャツもオーバーサイズのシルエットのものやあえて1サイズ大きいTシャツやシャツを取り入れてみるとよいだろう。

2. 上下ジャージはNG?運動会でお父さんにしてほしくない服装

運動会でお父さんにしてほしくないNGファッションも存在する。たとえば「上下ジャージ」だ。スポーツウェアとして生まれたジャージは、たしかに運動会で競技に参加する際は役に立ちそうだ。

しかし上も下もジャージだと、運動会に携わる教師の1人のように見えてしまったり、休日のリラックスしたお父さんのように見えたりする可能性もある。「きちんとした雰囲気」を出したいなら、「アウターだけ」もしくは「パンツだけ」ジャージにするのがおすすめだ。

「ピチピチのシャツ」や「過剰なおしゃれ」もNG

身体のシルエットが見えるピチピチのシャツは、下着のようにも見え、目立ちすぎてしまうため、運動会では避けて欲しいという声が多いようだ。

アクセサリーを多く身につけるのも、サッと動き回りたい運動会には合っていないと取られがちだ。また、上下ダボっとした服装のB系ファッションやストリート系ファッションも、きれいめコーデとは言い難く、見る人によって評価がわかれるため、運動会には避けたほうが無難である。

3. スニーカーは新調すべき?運動会で履く靴の選び方

日頃革靴を履くお父さんのなかには、スニーカーを持っておらず、運動会のために新調するかどうか迷っている方もいるかもしれない。たしかに、革靴で運動会に参加するのはTPOが合っていないと判断されるだけでなく、かかとが高めなものは校庭や園庭が荒れるという理由から控えて欲しいというアナウンスがある場合もある。

動きにくいブーツも、運動会の競技の際に上手く実力が発揮できなくなる恐れがある。ちなみに、かかとのないビーチサンダルや草履も、運動には不向きなうえ、あまりきちんとしているようには見えないため控えたほうが安心だ。

一方、「スニーカー」には、長時間履いていても疲れにくいという特徴もあり、運動会にぴったりな靴だといえるだろう。普段はあまりスニーカーを履かないなら、本格的なスポーツシューズでなく、ちょっとしたおでかけにも使えるおしゃれなスニーカーを購入のもよいだろう。

「コンバース」や「VANS」のようなキャンバス地を使ったスニーカーなら比較的安価で手に入りやすく、ハイカットのモデルなら足首を守ってくれるため捻挫の予防にもなる。ロングセラーのモデルのためファッションに合わせやすい。

4. 運動会のUV対策になる「帽子」もおしゃれのポイント

運動会がおこなわれる初夏や秋口は、熱中症や紫外線の対策もしっかりおこないたい時期だ。そこで役立つ「帽子」は、おしゃれなお父さんを演出するのにも便利なファッションアイテムである。

パナマ帽やハンチング帽など、さまざまな種類の帽子があるが、運動会の雰囲気に合わせるにはやはりキャップがおすすめだ。ダサいお父さんという印象を避けるためには、オールメッシュのスポーティーなキャップでなく、布製のものをセレクトしたい。

一見して帽子はどれも同じ形に見えるが、実際にかぶると印象が大きく変わる。頭や顔の形によって似合うものが変わるので、必ず試着をして購入するようにしよう。多くの場合「つば」は大きめでブランドロゴなどが入っていないものが一番使い回しやすいので迷ったらこうしたものを探してみるのもアリだ。

結論

運動会のお父さんの服装は意外にも人に見られているため、気を使いたいところだ。きれいめな雰囲気で、かつ動きやすい服装がポイントとなる。ちなみに、株式会社ネオマーケティングによると(※1)、運動会で子どもが「嫌だ」と感じるお父さんの見た目や行動の、断トツ1位が「お腹が出ている」、「太っている」という項目だ。もし運動会まで時間があるなら、服装選びとともにダイエットにも挑戦してみてはいかがだろうか。

参考文献

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ