このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

83%が始めてる。リビング学習とは?もっと差がつく取り入れ方とは

投稿者:ライター 今井里香(いまいりか)

2019年9月13日

最近子どもをリビングで勉強させる「リビング学習」が増えているようだ。実際に雑誌「Como」で小学生のお母さんにアンケートをとったところ、子どもの勉強場所として83%の方がリビングと答えている。さらにリビング学習は、百ます計算で有名な陰山英男先生も推奨しているようだ。そこで今回は、リビング学習の効果や効果的なやり方をご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. リビング学習の効果とは

ではリビング学習にはどういった効果があるのだろうか。リビング学習を推奨する陰山先生によると、「リビングは子どもをリラックスさせてくれる場所であり、集中力はリラックスできる状況から生まれると考えられる。そのためリビング学習は、子どもが集中して学習に取り組めるというメリットがある」そうだ。

また居住環境と子どもの成長に関する研究をする静岡大学の名誉教授、外山知徳先生は、「親が近くにいる安心感から、低学年ほどリビング学習のメリットが得られやすい」と述べてる。

またお父さんやお母さんにとっても、子どもが勉強している様子をいつでも確認できることはメリットがあるようだ。子どもの理解度をさりげなくチェックしたり、子どもの質問にすぐに答えられたりするためだ。

またリビングの少しざわざわした中で勉強をすることで、集中力が養われるという声もある。

一方で子どもの教育に詳しい親野智可等先生は、「リビングでの学習は子どもの姿が常に見える分、親が口を出す回数が多くなることがあり、そうすると子どもがやる気を失ってしまうこともある」と述べている。リビング学習の効果は、取り組み方次第では得られないこともあるようなので注意が必要だ。

2. リビング学習の効果的なやり方

陰山先生によると、リビング学習を成功させるためには、以下のポイントを守ることが重要なのだそうだ。

・お母さんやお父さんが正面に座ることは避ける
リビング学習の良さは子どもがリラックスできることなのに、お父さんやお母さんが正面に座ることで子どもは緊張してしまい、リビング学習の良さが半減してしまうそうだ。

・食事の支度で集中を妨げないよう注意する
リビング学習をするとき、ダイニングテーブルで行う子どももいるだろう。その場合、食事の支度で集中が途切れないように注意したい。

・学習しやすい収納環境を整える
リビングに学習机を置くことが一番望ましいが、それが難しい場合は学習道具を収納する専用の棚を置くなど、環境を整えると勉強へのスイッチが入りやすくなる。

・適度な生活感でリラックスさせる
「子どもが勉強しているから」と、音を立てないように気をつかうお父さんお母さんもいるかもしれないが、適度な生活音はあったほうがむしろリラックスして集中できるのだそうだ。

また親野智可等先生は、リビング学習は子どもの意思を尊重することが大切だと述べている。子どもによってタイプは様々で、リビングだとかえって落ち着いて勉強ができないという子もいるためだ。また勉強場所をその日の気分によって変える子どももいるが、特に問題ないと親野先生は述べている。

3. リビング学習に必要なもの

ではリビング学習ではどういったものを用意すると良いのだろうか。リビング学習でまず考えなければならないのが、学習する場所だ。学習机を置くスペースがある場合は、子ども専用の学習机を用意したい。シンプルでコンパクトなものを選ぶと、リビングで圧迫感が少なく、ライフスタイルに合わせて置き場所や使い方を変更しやすいのでおすすめだ。

学習机を置くことができない場合は、学習する場所に合わせて椅子を用意したり収納棚を用意したりする必要があるだろう。なお収納棚は、ランドセルを置くスペースのあるものがおすすめだ。


ダイニングで勉強する場合、明るさが足りないこともある。その場合は勉強用のライトを用意してあげるといいだろう。

4. リビング学習がはかどるレイアウト

リビング学習を効果的に行うには、家事の動線と子どもの勉強机がぶつからないことは重要なポイントだ。そこで窓際や壁に向けて勉強机をおくのがおすすめだ。お父さんお母さんは家事に集中できるし、子どもはお父さんお母さんの姿が目に入らないことで、緊張が和らぎ一層集中できるだろう。

収納棚は、勉強するスペースのすぐそばに置いておこう。そうすることでいつでも必要なものを取り出すことができるし、片付けもしやすいだろう。また勉強道具と遊び道具は分けて収納するといいだろう。勉強スペースから遊び道具が見えないように工夫することも大切だ。

結論

リビング学習は、メリットがたくさんあるが、やり方によっては効果が得られないこともある。どこで勉強するかよりも、親がどう子どもと向き合っていくのかが大切なのかもしれない。特にリビング学習は子どもが常に目の前にいるだけに、子どもとの向き合い方が一層重要となるだろう。リビング学習は子どもとの関わり方を見直すいいきっかけにもなるかもしれない。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ