このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

結局「IQ」って何?その意味やデメリット、IQが高い子の特徴とは

投稿者:ライター BrunnerAkiko(ブルーナアキコ)

2019年9月11日

子育てに関する情報の中で一際目に留まる言葉の1つが「IQ」ではないだろうか。しかし、IQの意味や何を示すものであるのかを十分に理解できているという方は少ないはずだ。そこで今回は、子どもの教育にも関連の深いIQについてその示す意味や特徴などについて詳しく解説しよう。

1. IQとは?テストはどんなもの?

IQとは、人の知能レベルを数値化して示す「Intelligence Quotient」の頭文字をとったもので、検査可能な年齢に至れば専門的検査である「知能検査」を受けることでその値を知ることができる。

この値の解釈としてはIQ=90は知的発達の遅れを示し、IQ=90〜110では普通、IQ=110以上は知的発達が進んでいるとされる。

最近では、それぞれの子どもにとって最適な教育の提供や教育方針を決定するために2歳ころからIQを調べることもあるようだ。

2. IQテストのメリットとデメリット

こちらでは、IQテストによって得られる結果のメリットとデメリットについて解説しよう。

メリット

IQテストのメリットとしては、子どもの状態に応じた適切な教育を受ける機会を提供することができたり、能力開花のためのサポートを効果的に実践することができる点があげられる。

しかし、IQは年齢や発達によっても変動するものである点に注意しておかなければならない。そのため、IQに着目した教育に力を入れたいという方は専門家に適宜相談した上で進めることをおすすめしたい。

デメリット

IQテストのデメリットとしては、テスト項目に言語・音楽・創作活動などは含まれていないため、音楽や芸術の能力については評価することができない。その為、IQテストは子どもの能力を100%評価できるものではないという点があげられる。

また、IQテストと一口に言っても世界中で使用されるテストには種類があるため、国などの方針でテスト項目が異なることも注意しておきたい。

3. IQの高い子どもたちの特徴

日本においてはIQテストあまり馴染みがないため、気になるIQテストで高値を得る子どもたちの特徴についていくつか紹介しよう。

記憶力や学習能力が高い

IQの値が高い子どもは、観察力・洞察力が優れており、同世代の子どもたちと比較すると何事でも「覚えが早い」という共通点がある。

たった一度しか教えられていないことでも、突然1人でできるようになる場合は他の子どもよりもIQ値が高い可能性があるといわれている。

集中力が非常に高い

IQの値が高い子どもは何かに取り組んだときに時間を忘れたり、呼びかけなどにも気付かないほど没頭することもある。

これは、情報処理能力が高いため誰かからの指示を受けなくても自らの思考を自分で展開することができるためといわれている。

興味や関心のあることが明確である

IQの値が高い子どもほど自己分析できるスキルをもちあわせている。

そのため「自分は、国語の書き取りをするよりも、算数の問題を解く方が好き」など、興味や関心を持つ分野が明確である。

4. 日本とアメリカではIQテストの捉え方が異なる

日本においてはIQテストは発達障害などの疾患の診断や適切な療育方法の方針決定のために活用されることが多い。対してアメリカでは、能力の高い子どもたちを「ギフテッド」と認定し、その能力開花を効果的にサポートが行われているが、この「ギフテッド」の判断材料の1つとしてIQテストが使われている。

また日本ではギフテッドに当たる子どもたちへの教育支援は限られているが、アメリカではギフテッドの子どもたち向けの教育の機会や能力開花のための教育を受ける方法や種類も豊富だ。私立学校はもちろん、公立学校やホームスクーリングのプログラムまで、豊富な中から選択することができる。

日本ではマイナーなイメージの強いIQテストによる評価も国によって活用方法が異なることも覚えておくとよいだろう。

結論

アメリカで実施された研究では、IQの高い子どもたちは家庭環境の影響も受けていることが明らかとなっている。具体的には、子どもの教育に関心の高い家庭で育った子どもたちは、そうではない家庭と比べると明らかな差が認められたというものだ。そのため、子どものIQ値を高めたり、能力開発に好影響を与えるのかについて関心をもちながら子どもたちとの関わり方のヒントを得るのもよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ