このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

買った方が早い。子育て中は食器洗浄器に頼った方良い理由。選び方も公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 8日

子育て中の方の多くが、育児と家事の両立に悩んでいるのではないだろうか。特に育児中は洗濯やお皿洗い、掃除の頻度が高く、子どもを見ながらこれらの家事を回すことは至難の技だ。今回は子育て中の方にこそ知ってほしい食器洗浄器のメリット・デメリットや、選び方のポイントなどをご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 食器洗浄器とは?価格の相場は?

食器洗浄器とは、食器をセットし洗剤を投入したら、あとはスイッチを入れるだけで洗いから乾燥まで行ってくれる家電製品だ。

食器洗浄器にはキッチンに組み込まれている「ビルドインタイプ」と、キッチンなどの上に置いて使用する「卓上タイプ」の2つのタイプがあり、最近は一度に大量に洗浄できるビルドインタイプを導入する方が増えているようだ。

食器洗浄器の価格の相場は、価格ドットコムの2019年8月人気売れ筋ランキングを見てみると、据え置き型は4万円〜6万円、ビルドイン型は8万円〜10万円のものを購入している方が多いようだ。

2. 食器洗浄器導入のメリット・デメリット

では食器洗浄器を導入するメリット・デメリットにはどういったものがあるのだろうか。

食器洗浄器のメリット

パナソニックの調査によると、実際に食器洗浄器を導入した方の9割近くが「満足している」と答えている。では具体的にどのような点にメリットを感じているのだろうか。同調査の結果から見てみよう。

食器洗いの時間を短縮できる

パナソニックの調査によると、1回の食器洗いに費やす平均時間はおよそ19.4分、それを1日2回行うとすると食器洗いだけで1日40分ほど費やしていることになる。基本的に食器洗いは毎日必ず行わなければならないものなので、かなりの負担となるだろう。

しかし食器洗浄器を使用することで、約85%の方が「食事の後片付けの時間を短縮できた」と感じていることがわかった。

汚れが落ちやすい

実際に食器洗浄器を使ってみた印象に対する回答で最も多かったものが、「油汚れが思った以上に落ちた」というもので約84%を占めた。これ以外にも上位の意見には「高温で洗うので清潔感がある」「手洗いでは落ちにくい汚れも落ちた」といったものがあり、多くの方が食器洗浄器に「汚れが落ちやすい」というメリットを感じていることがわかる。

光熱費の節約につながる

食器洗浄器を使用したメリットに対する回答では、節電・節水をあげる方が約60%ほどを占めた。

手荒れを防ぐことができる

半数の方が手荒れが気にならなくなったと回答した。

食器洗浄器のデメリット

では食器洗浄器のデメリットはないのだろうか?ベルメゾンの調査によると、食器洗浄器を所有している方のうちのおよそ34%ほどがほとんど使用していないと答えていることがわかった。その方達の回答内容から、食器洗浄器のデメリットを見ていこう。

手洗いの方が早い

食器洗浄器を持っているにも関わらず使用していない方の約6割が、「手で洗った方が早い」と回答している。なお少量を洗うと効率が悪いと答えている方が40%ほどいるため、洗う食器の量と食器洗浄器の大きさが見合っておらず、使い勝手が悪いと感じている方もいるのかもしれない。

洗えないものがある

食器洗浄器は、食器の素材や形状によって使用できないものがあり、その点を理由にあげた方も多かった。

3. 食器洗浄器の選び方

食器洗浄器のデメリットには、ライフスタイルに見合った食器洗浄器を選択していないことで生じるものもあるだろう。食器洗浄器のメリットを十分感じるためには、ライフスタイルを考慮し最適なものを選ぶことが大切だ。そこで子育て家庭が重視すべき食器洗浄器選びのポイントをご紹介しよう。

食器洗浄器の大きさ

一度に洗う食器の量と食器洗浄器の大きさが見合っていないと、使い勝手が悪くなるだろう。ただし食器洗浄器が大きいとその分キッチンのスペースが狭くなってしまうため、その点もあわせて考慮する必要がある。キッチンのスペースを確保しつつ一気に大量に洗いたいという方は、コストはかかるがビルドインタイプの導入を検討してみてはいかがだろうか。

食器洗浄器の機能

食器洗浄器により洗浄方式が異なるため、それぞれの特徴をチェックし好みのものを選択しよう。また小さな子どもがいる場合、運転音の大きさや安全機能(チャイルドロック等)などもチェックしておこう。

食器の出し入れのしやすさ

毎日使用するものだから、少しでも使いやすいものを選択したいもの。食器の出し入れがしやすいと、その分ストレスも軽減されるだろう。大きな食器を入れることができるか、カゴの取り外しは可能かなど、細かいところまでチェックをしてみてほしい。

結論

食器洗浄器は各家庭に最適なものを選択することで、確実に家事の時短につながり負担を軽減してくれるだろう。食器洗浄器によって節約された時間を家族団欒の時間にあてると、家族の絆もいっそう深まるのではないだろうか。家族の幸せのために食器洗浄器の導入を検討してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ