このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

「無理かな?」子どもの美術館デビュー!いつから?準備まで解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 8日

美術館といえば、大人が静かに鑑賞する場所で、「子どもと美術館に行くなんてとんでもない!」と思う方も多いのではないだろうか。しかし、中には、「子連れ歓迎」をうたっている美術館や、子連れにやさしい設備の整った美術館もある。美術館に行くことで、子どもの想像力や感性を磨く機会にもなるだろう。そこで今回は、子どもと美術館に行く際にチェックしたい事柄をまとめたので、子どもの美術館デビューの参考にしてほしい

1. 美術館はいつから連れて行けるのか

美術館は、物音を立ててはいけないというイメージがあり、子どもを連れて行くのはなかなか勇気がいることだろう。しかし最近は、ベビーカーを用意するなど子連れに配慮する美術館も増えているようだ。

走らない、騒がないといったマナーを守る、赤ちゃんがぐずったときは会場から離れるなど周囲への配慮はもちろん必要だが、基本的に美術館側さえOKであれば、「何歳から」といった決まりはない。行きたい美術館のルールや設備と、我が子の状況などをあわせて考慮することが大切だ

2. 子どもと一緒に行く美術館の選び方

子どもと一緒に美術館を満喫するためには、どのような美術館を選ぶかが重要だ。そこで、美術館選びのポイントを見ていこう。

ベビーカーの貸し出しなど子どものための設備は整っているか

子連れ歓迎をうたう美術館の多くは、子ども向けの設備が整っている。オムツ換えシートや授乳室の有無など、基本的な設備が整っているか確認しておこう。

また、ベビーカーを使用する場合は、館内でベビーカーを使用できるか、ベビーカーの貸し出しを行っているかもあわせてチェックしておきたい。

駐車場はあるか

車で行くことを考えている場合は、駐車場の有無や料金、美術館に駐車場がない場合は近隣の駐車場の状況などを調べておくと、当日に慌てずにすむだろう。

食事をする場所はあるか

美術館の中には、レストランやカフェを併設しているところもある。子どもがあまり美術館に興味を持てない場合は、美術館の中で食事をする予定を立てておくと、子どものモチベーションアップになるだろう。

また、美術館の中には外の庭などでお弁当を食べられるところもあり、そういった美術館を選ぶとピクニック気分で楽しめそうだ。

子ども向けの展示はあるか

最近は、子ども専用の時間を設けたり子ども向けの展示を置いたりと、子どもが楽しめる工夫を凝らした美術館も増えているようだ。

たとえば、東京都にある「森美術館」は、開館前の美術館を小さな子ども連れの親子に開放し、子どもと一緒に美術館を楽しめる「親子ツアー」を行っている。

また、徳島にある「大塚国際美術館」は、レプリカを実際に触って楽しむことができるところが人気を集めている。

こういった美術館を選ぶと周囲に気兼ねなく足を運ぶことができるし、子どももより楽しむことができそうだ。

3. 子どもと美術館に行くための準備

子どもと一緒に行く美術館が決まったら、美術館に行く準備を整えておこう。しっかり事前に準備をしておくことで、美術館でのひとときがより楽しいものとなるだろう。

絵本などを見て美術館への期待感を高める

図書館などに行くと、子ども向けのアートに関する本がたくさん並んでいる。そういった本を子どもと一緒に見て美術館への期待感を高めておくと、より美術館に行くことが楽しみになるだろう。

また、行く予定の美術館のホームページなどを見ながら、子どものイメージを膨らませておくのもいいだろう。

混み合っている時間帯をチェック

子どもと一緒に美術館に行く場合、なるべく混み合っている時間は避けたい。混んでいる時間帯はベビーカーの入場が制限されることもあるし、何より周囲が気になりゆっくり楽しめないだろう。空いている時間帯や曜日を確認してから足を運ぶことをおすすめしたい。

美術館のイベントをチェックしておく

美術館の中には、子ども向けにワークショップなど楽しいイベントを行っているところもある。そういったイベントをチェックしておくと、より子どもの心をつかむことができそうだ。

マナーをしっかり伝える

美術館には皆が楽しむための様々なマナーがある。足を運ぶ前にそういったマナーをしっかりと確認しておくことが大切だ。美術館の中には、子ども向けのガイドブックを用意しているところもあり、その中にはイラスト付きでわかりやすく、子どもに美術館のマナーを解説しているものもあるので、そういったものを利用するのもおすすめだ。

結論

「子どもは美術館に行っても楽しくないのでは?」と思う方も多いかもしれない。しかし、子どもならではの柔軟な視点で楽しんだり、刺激を受けたりすることもあるし、もしかしたらアートに興味を持つきっかけにもなることも考えられる。事前準備をしっかりとすれば、もっと気軽に子どもと一緒に美術館に足を運べるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ