このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子ども服の収納には無印の収納グッズがおすすめな理由

投稿者:ライター Brunner Akiko(ブルーナ明子)

2019年9月12日

子どもは服の数が大人よりもはるかに多い。それゆえ、子ども服の効率的な収納方法に悩む方も多いだろう。今回は、そんな悩みを解決すべくシンプルなデザインゆえに長く使い続けられる無印の収納グッズを活用した方法をいくつか紹介しよう。

1. 収納場所の確保には「ユニットシェルフ」がおすすめ!

子ども服の収納を考えるときには、まず「収納する場所」を決定することが重要になる。それぞれの家の構造や間取り、動線などに合わせて「最も子どもの着替えを手軽に済ませられる場所」を見つけ出すことが大きなポイントだ。

その場所に押し入れやクローゼットがある場合には、その空間を活用したいが、仕切りのない押し入れやクローゼットでは子ども服の収納が非効率になりやすい。

そこで、それぞれの押し入れやクローゼットの高さや奥行に応じて組み合わせを自由に選ぶことのできる「ユニットシェルフ」を活用しよう。子ども服を収納したい場所に押し入れもクローゼットもないという場合には、「ユニットシェルフ」の棚素材の選び方でインテリアの一部として置き備えることも可能だ。

無印の「ユニットシェルフ」は、それぞれの部屋や他の家具との相性や好みに応じてフレームをスチール・ステンレス・パイン材から選ぶことができ、棚やパーツもカラーや素材から選ぶことができるのでコーディネートもしやすいのが特徴である。
子ども服の収納場所の確保に悩んだ場合には、ぜひ活用していただきたい。

2. 服の種類の分類には「ソフトボックス」が大活躍!

無印のポリエステル綿麻混素材の「ソフトボックス」は、「子ども用」などの所有者別や「保育園用」「季節別」などの用途別に大まかに子ども服を大まかに分類するときに便利なアイテムである。

「ソフトボックス」は素材が布で軽く柔らかいため手軽に使用できることに加えて安全性も高く、子ども服の収納に最適だ。さらに「ソフトボックス」は素材が布であるため若干折り返して使用することも可能である。

そのため、押し入れやクローゼットの高さにピッタリのサイズが見つからなくとも折り返すことで微調整しながら使用できる点も大きなおすすめポイントになる。また「ソフトボックス」は、フタの有無も選ぶことができるため限られた季節に使用する子ども服など長期保管するものはフタ式のソフトケースを使い分けると衣類の汚れを気にせずに保管できるだろう。

3. 手軽に収納・整理したいときの王道は「ポリプロピレン収納ケース」!

押し入れやクローゼットの中に置き備えるだけで手軽に使い勝手も抜群な収納方法を探している方におすすめなのが「ポリプロピレン収納」である。ポリプロピレンの素材感を活かした半透明の仕上がりであるため、子ども服など収納内容を確認しやすいことに加えて軽くて丈夫なため取扱いやすいのが特徴だ。

さらに無印良品の製品では「衣装ケース」「クローゼットケース」「収納ケース・横ワイド」「収納ケース」を展開しているため、設置予定場所の奥行や高さに応じて最適な組み合わせを選ぶことができるのも大きな魅力である。

子どもの発達に応じて好きなキャラクターのシールや上着、ズボン、下着など子ども服の収納内容が一目で理解できる分かりやすい表示を引き出し部分などに添付すると子どもでも衣類の管理や着替えがスムーズにできるようになるはずだ。

使用場所や用途に応じて「ポリプロピレン収納」の底に差し込むだけで設置できる別売りの滑り止めやキャスターを使用するとよいだろう。ケースの開け閉めの際にケースが動いてしまうことが気になる場合には、滑り止めを活用することをおすすめしたい。

こちらの製品を活用する際の注意点としては、製品の大きさや高さによって「最大積み重ね段数」が指定されているため、破損を防ぎながら安全に使用するためにもそれを遵守するべきであるという点になる。

4. 整理して収納したいときには「仕切り」を活用しよう!

収納ケースの中に靴下や下着などを整理して収納したいときに活躍するのが「ポリスチレン仕切板」や「高さが変えられる不織布仕切ケース」である。

「ポリスチレン仕切板」は、子ども服はもちろんだが、靴下や下着・ハンカチなど細やかなものを小分けに収納したい場合にも便利である。仕切りの幅も自由に組み替えて設定できるため、用途に応じて調整できるためスッキリと使い勝手もよく収納できるのが特徴だ。

「高さが変えられる不織布仕切ケース」は、ケースの深さに応じて上部を折り曲げて使用することもできるため子ども服の大きさに応じてぴったりの高さに調整することが可能であるため使いがっても抜群だ。
折り曲げて微調整できるため子どもの成長に応じて子ども服の大きさが変化した場合でも長く使用し続けられるのも大きな特徴である。

結論

今回は、無印の収納グッズを活用した子ども服の収納アイデアをいくつか紹介したがいかがだっただろうか。家事や育児の時短のためにも、ぜひ生活の動線にも着目して効率的かつ使い勝手の抜群な子ども服の収納方法をこちらの記事を参考に実践していただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ