このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

1歳児が喜ぶおもちゃ、遊ばないおもちゃ。その差が判明した

投稿者:ライター 佐々倉亜貴子(ささくらあきこ)

2019年10月29日

1歳を過ぎてつかまり立ちや伝い歩き、自立歩行ができるようになると、移動や遊びの幅が広がる。好き嫌いがはっきりしたり、細かい作業ができるようになるのもこの時期からだ。そんな子どもの好奇心を育てるためにも、おもちゃ選びは重要である。今回は1歳児におすすめのおもちゃやその選び方などを紹介する。成長や興味に合わせたおもちゃを用意して、子どもの好奇心を刺激しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 1歳ごろのおもちゃ!おすすめの選び方とは?

1歳ごろの子どもにはどのようなおもちゃが適しているのだろうか。まずは、おすすめのおもちゃの選び方を紹介する。

色がはっきりしたもの

子どもにとって赤、青、黄色、緑などはっきりとした色は識別しやすい。そのため、おもちゃもカラフルなものの方が興味を示すだろう。「遊んでくれるおもちゃ」を選ぶためにも色がはっきりとしたカラフルなものを選ぼう。

安全な素材でできているもの

1歳になり周囲に興味や好奇心を持ち始めた子どもは、なんでも口に入れて確かめようとする。そのため、この時期のおもちゃは安全な素材でできていることも重要なポイントだ。子どもが舐めても害のない塗装かどうか、口に入れた時に誤って飲み込んだり口にはまってしまうサイズではないかをチェックしよう。

衛生的に使用できるもの

先ほども述べた通り、子どもはなんでも口に入れてしまう。おもちゃは遊んでいるうちにどうしても汚れてしまうため、お手入れが簡単で衛生的に使えるかどうかもチェックしよう。布製のおもちゃであれば、濯機で丸洗いができるものを選ぶと衛生的に保ちやすい。また、水洗いや洗剤などでも洗えるため、プラスチック製のおもちゃもおすすめだ。

身体や指先を動かして使うもの

1歳の子どもにとって「変化があるおもちゃ」は魅力的である。押すと音楽が流れる、触ると形が変わるなど、子どもが分かりやすい動きをするおもちゃを選ぼう。ほかにも、押し車のような身体を使うおもちゃや積み木など指先を使うおもちゃなども運動の練習になるため、子どもの成長によい効果があるといわれている。

2. おもちゃ選びに迷ったら!輸入おもちゃショップ「ボーネルンド」

おもちゃを売っている場所は、近所にも多くあるだろう。しかし、おもちゃをしっかりと吟味して買いたい場合、輸入おもちゃを取り扱う「ボーネルンド」がおすすめである。

ボーネルンドは、世界中からあそび道具や知育玩具の輸入を行う日本の会社だ。日本にいながら、教育発展国が多いヨーロッパなどで人気のおもちゃを購入できるため、注目が集まっている。ボーネルンドは全国にショップ展開をしているほか、オンラインショップも運営しており、直接おもちゃを見て購入することも自宅からオンラインショップで買うことも可能だ。

おもちゃ選びで特に重宝するのが、ボーネルンドのオンラインショップである。オンラインショップでは、買い物をする以外にもおもちゃに関する特集や人気ランキングなどがチェックできる。各おもちゃのページには商品の写真が多数掲載され、細部の作りまで確認できることも魅力だ。また、商品説明以外にそのおもちゃを使った遊び方の例やヒントなどもあり、購入後の使い方も想像しやすい。
おもちゃ選びに迷ったら、ぜひチェックしてほしいショップである。

3. 0~1歳向けで最も有名なおもちゃ「ルーピング・コースター」がおすすめ!

0~1歳向けのおもちゃを探していると、「ルーピング・コースター」という名前を目にすることがあるだろう。ルーピング・コースターは、色とりどりのワイヤーに付いたビーズを動かして遊ぶ有名な知育玩具の1つである。子育て中の方へのアンケートで、「おすすめの知育玩具」としてランクインするなど、人気も高いおもちゃだと言える。実際に、ルーピング・コースターの特徴や効果を見てみよう。

色の勉強になる

ルーピング・コースターはワイヤーもビーズも色とりどりのパーツでできているため、色の勉強にも役立つ。「赤を動かしてみよう」「青いビーズはどれ?」など声かけをしながら遊べば、自然に色と名前が一致していくはずだ。

認識力が養われる

ルーピング・コースターは、立体的な動きをするおもちゃだ。ワイヤーはくねくねした形で、ビーズにもさまざまな形がある。しっかりと遊ぶにはパーツの違いを理解する必要があるため、色、形、大きさや空間の認識力が養われる。

指先、手先を動かす練習になる

ビーズをつまみ、ワイヤーに沿って動かす作業は、1歳児にとってはなかなか難しいものである。最初は動かすことが難しいビーズも、練習を重ねることでスムーズに移動できるようになるだろう。ルーピング・コースターには遊びながら指先や手先を動かし、脳を刺激する効果もある。
この記事もCheck!

結論

今回は、1歳の子どもにおすすめのおもちゃやその選び方などを紹介した。1歳を過ぎると、急激に遊びの幅やできる動作が増えてくる。この時期だからこそ、脳を刺激する子ども向けのおもちゃが必要だ。1歳の子どものおもちゃ選びに迷ったら、今回紹介したサイトやアイテムを参考に検討してほしい。子どもの好奇心を刺激するおもちゃを選び、家族で楽しく遊ぼう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ