このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子ども服の衣替えが楽になる!100均アイテムや収納術を紹介

投稿者:ライター 植村麻衣子(うえむら まいこ)

2019年10月17日

季節の変わり目は気温差が激しく、子ども服の衣替えをいつ頃やればよいのか頭を悩ませている方が多いのではないだろうか。また、子ども服の量が多く、衣替えをしたくてもうまく区切りをつけてやるタイミングを逃し、結局上手く収納できずに困っている方もいるのではないだろうか。そこで今回は、子ども服の衣替えのタイミングや収納のアイデアを紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 子ども服の衣替えの時期はいつ?

衣替えの時期は住んでいる地域やその年の天気などによって若干異なるが、一般的には夏は6月1日、冬は10月1日からといわれている。

しかし、子どもは大人と比べて体温が高く汗をかきやすいため、夏は気温が安定してくる4月の後半から、冬は気温が20℃を下回ってくる頃に子ども服の衣替えをすることをおすすめする。

ただし、衣替えの日に完全に洋服を入れ替えてしまうと、急に暑くなったり寒くなったりしたときに着る洋服がなくなり困ってしまう。そのため、衣替えの日から2~3週間くらいは前シーズンの洋服を何着か残しておくようにしよう。このとき、その日の気温や体温に都度合わせやすいよう、薄手の洋服やアウターを残しておくと安心だ。

2. 100均のアイテムで収納に工夫を

文庫本収納袋

オフシーズンの子ども服を、衣類用の収納袋に入れてしまっている方は少なくないだろう。しかし、衣類用の収納袋は中身がよく見えないデザインのものが多く、どの子ども服が入っているのか外から見ただけではよくわからない。

一方、文庫本収納袋はふたの部分が透明になっているため、どの子ども服が入っているのか外からみただけですぐにわかる。また、サイズやシーズンごとに分けて子ども服を収納しておけば、クローゼットなどに積み重ねてしまっておくことができる。さらに衣類用の収納袋と同じ不織布でできているため、通気性がよいという利点もある。

ペーパーボックス

ペーパーボックスはカラーボックスにぴったり納まるものや、小物などを収納しやすい小さいものなどサイズ展開が豊富なため、子ども服の収納に使いやすいアイテムだ。さらに、モノトーンやアンティーク調、木目調などデザイン性にも優れていることから、押し入れなどに入らない場合でもインテリアに合わせて選ぶことができる。また、基本的に中身が見えないデザインであるため、衣替えのときにすぐに取り出せるようサイズやシーズンごとに分けて収納し、どの子ども服が入っているのかボックスの側面に書いておくようにしよう。

3. 衣替えが楽になるクローゼット収納術

断捨離で収納スペースを確保

子ども服は思い出が詰まっていることが多く、なかなか手放すことができないという方も少なくないのではないだろうか。しかし、クローゼットの収納スペースには限界があるため、衣替えのタイミングで子ども服の断捨離をするようにしよう。

まずは洋服を一度全部取り出し、サイズアウトした洋服や今シーズン一度も着なかった洋服、シミなどの汚れが付いてしまった洋服などがないかどうか確認し、整理しよう。どうしても捨てきれない洋服がある場合は、いったん別の場所に期限を決めて保管しておけば、ひとまず収納スペースを確保することができるのでおすすめだ。

また、もったいなくて捨てることができない子ども服は、フリマやリサイクルショップに「売る」という選択肢もある。フリマに出品する洋服は別の場所に保管し、売れ残ってしまったら処分するようにしよう。

圧縮袋でコンパクトに

子ども服を整理してもクローゼットにおさまりきならない場合や厚手のコートなどは、圧縮袋をうまく利用しよう。

小さな子ども服や小物など、専用の圧縮袋では大きすぎる場合には、ジップロックなどの食品用保存袋に収納すると、きれいにおさまるのでおすすめだ。また、圧縮袋に入れることで洋服が独立するようになるため、引き出しや収納ボックスに立てて入れれば洋服の出し入れが楽になるというメリットもある。

結論

子ども服の衣替えについて、衣替えの時期や収納のアイデアなどを紹介した。なにかと面倒な子ども服の衣替えだが、衣替えの前にしっかりと断捨離をし、100均のアイテムや収納術をうまく取り入れることで負担がぐっと軽くなる。いつ子どもの衣替えをしようか悩んでいる方や衣替えが面倒で億劫だという方は、ぜひ今回紹介した内容を参考に子ども服の衣替えをしてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ