このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

指名買い続出中のベビーシューズクリップが100均でも手に入る?

投稿者:ライター 長末初音(ながすえはつね)

2019年10月20日

交通機関や公園に子どもの靴が片方落ちている。そんな悲しい景色を生み出さないための落下防止アイテム【ベビーシューズクリップ】をご存知だろうか。100均で手軽に手に入れやすく、手作りも可能なベビーシューズクリップは、あなたのご家庭にも欠かせないお出かけアイテムとなるかもしれない。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 靴を無くさない!ベビーシューズクリップとは

ベビーシューズクリップとは、お出かけ先で子どもが靴を脱いだ際に、落としたり忘れたりしないように繋いで持っておけるアイテムだ。ひも状のバンドの先にクリップがついた形状をしていて、ベビーカーにバンドを、クリップにベビーシューズをつけることで、靴をぶら下げて持ち歩ける便利グッズである。

長距離移動中や歩き疲れた際、子どもはしばしばベビーシューズを脱ぎたがる。そんなときに発生してしまうのが靴を無くすというアクシデントだ。脱いだ靴をベビーカーのそばに置いておいていて、持ち帰ることを忘れてしまったり、バスケットに入れたつもりで、落としてしまったりしてしまった経験のある親御さんもいる。

その点、ベビーシューズクリップがあれば安心だ。子どもが靴を脱いだら、必ずベビーシューズクリップに吊るしておく癖をつけるとよいだろう。ベビーシューズクリップはベビーカー以外に、バッグへ装着したり手持ちにしたりしても便利なため、お出かけ時の救世主として人気を集めている。

2. ベビーシューズクリップは100均ダイソーで購入可能

ベビーシューズクリップは100均のダイソーで購入できる。2段階で調節可能なラバーベルトに、やや大きな靴型のクリップがついているのが特徴だ。カラーはピンクとブルーの2色である。ダイソーには100円以外の製品もあるが、ベビーシューズクリップは100円のため、安心して購入してほしい。

3. その他のベビーシューズクリップ入手方法

100均のセリアやベビー用品店の西松屋では、残念ながらベビーシューズクリップは取り扱われていない。ブランケットなどを下げるマルチクリップは販売されているため、こちらを代用する方もいるようだ。ただし、ベビーシューズ専用に作られたわけではないので、注意して使用しなければならない。

ダイソー以外の購入先なら、ミンネやクリーマといったハンドメイドの通販サイトがおすすめだ。商品名は、ベビーシューズクリップ以外に「ベビーシューズクリッパー」と記載されているものもある。

シリコンビーズや木製のおもちゃが付属しているクリップもあり、ハンドメイドならではの味わいがあるのも魅力だ。費用の相場は1,000~2,000円前後で100均よりは高いものの、手作りだからこそ、ベビーカーをおしゃれに彩る1点ものを見つけられる可能性も高い。

4. ベビーシューズクリップは手作りもおすすめ

使いたいベビーシューズクリップが見つからない、買ったクリップでは靴が落ちてしまう、とお悩みの場合は、ご自身で手作りするのもおすすめだ。手作りのベビーシューズクリップなら、デザインを自分好みのものにできるほか、クリップ部に頑丈なものを取りつけることもできる。

ストラップ状のベビーシューズクリップは、ワイド型の洗濯ばさみと紐、ビーズなどの装飾用材料があれば簡単に手作りできる。ベビーカーに取り付ける部分を工夫したいなら、ハンドメイドのバッグなどに使用するナスカンや、登山道具の一種であるカラビナを使う方法もある。

結論

芝生広場で裸足になって遊んだり、帰省で長時間電車に乗ったりする際、脱いだベビーシューズの心配ばかりするわけにはいかない。ベビーシューズクリップは、子どもとのお出かけ時間をより安心して過ごしやすいものにするアイテムだ。ダイソーで販売されているが、近くに店舗がない方や複数の種類から選びたい方は、ミンネなどのハンドメイド品通販サイトも確認してみてほしい。お父さんお母さんが手作りしてみるのも素敵だ。時間が取れるなら、大事な子どもの靴を守るベビーシューズクリップ作りに取り組んでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ