このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

どうすれば?3歳児の睡眠と寝かしつけのキホンを看護師が解説!

投稿者:看護師・助産師 BrunnerAkiko(ブルーナアキコ)

2019年10月27日

3歳になるとそれまでとは見違えるように体格も体力もぐっと向上することに加えて自分の意思も強くなる。しかし、睡眠時間はさほど短くはならないが「昼寝をすると機嫌よく過ごせるが夜寝かしつけが難しくなる」などという悩みを抱える方もいるはずだ。そこで今回は、3歳児の睡眠の特徴と寝かしつけの方法やコツについて詳しく解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PR 子育て世代から大人気のコープデリ!

時短冷凍セット、定番冷蔵セット、離乳食セット、3つのおためしセットそれぞれに「もう一品プレゼント」もついてきて、特別価格500円(税込)から販売中!ぜひこの機会にお試しを!

詳しくはこちらから!

1. 3歳児の睡眠時間はどれくらい?

3~5歳児の健全な成長発達のために必要な睡眠時間は、アメリカ「国立睡眠財団」(※1)によると1日11~13時間といわれている。睡眠時間は特に個人差があるため、明確に何時間とは提唱されていないが医学分野でもこの時間が子どもに必要な睡眠として考えられている。

それゆえ、子どもと関わる中で様子を観察しながら、睡眠時間や寝かしつけの時間を調整していくことが大切である。

2. 3歳児は昼寝なし?昼寝の特徴

心身ともに明らかな成長を実感できるのが3歳児の特徴でもある。そのためついつい「昼寝は不要」と感じてしまう場合もあるだろう。

しかし、昼寝をしない場合では夕方にぐずり出したり、食事中に眠ってしまったりということもあるはずだ。このように昼寝の有無や程度に個人差がみられはじめるのも3歳児の特徴である。こちらでは3歳児の望ましい昼寝の方法について解説しよう。

3歳児の昼寝はすべき?

前述の通り3歳児では個人差もみられるようになるが、都内の幼児を対象にした調査では70%の子どもが自宅では昼寝をしないということが明らかとなっている。

しかし、3歳児であればその日ごとの体調や園生活、活動内容によって体力の消耗や疲労感が異なる。そのため、様子を観察しながら子どもの状態に合わせて判断することが必要になる。

例えば、夕方にぐずり出したり、食事中に眠ってしまったりことが続く場合は昼寝のために寝かしつけた方が子どもも心身ともに穏やかに過ごすことができるだろう。

昼寝する時間帯と長さ

3歳児の子どもが昼寝するときには、夜間の睡眠確保や寝つきに影響を与えないためにも時間帯は「昼食を終えた後」に寝かしつけるのが望ましいとされる。時間の長さの目安としては長くても「1時間から2時間まで」とするとよいだろう。

長くても午後3時までに目覚めさせることで、夜間の寝かしつけや睡眠に支障を及ぼさずに済むといわれている。

3. 3歳児の寝かしつけのコツ!

生活リズムを整える

前述の通り3歳児の睡眠時間は1日10~13時間とされる。そのため、成長発達に欠かせない睡眠時間を十分に確保できる生活リズムをもつことがポイントになる。

親のライフスタイルにもよるが、起床してしっかり朝日を浴びて早めに就寝する生活が夜のスムーズな寝かしつけにもつながる。朝日を浴びるとメラトニンという睡眠ホルモンが成長ホルモン分泌を促す。メラトニンは起床後14~15時間後に分泌がはじまり、その数時間後にピークを迎える。

そのため、寝かしつけの頃に子どもも自然と眠気を感じることができるのだ。昼寝は、子どもに必要な睡眠時間を補助するものと考えておくとよいだろう。

しっかりと体を使って遊ぶ習慣をもつ

子どもがしっかりと体をつかって遊ぶことは運動不足解消にもなることに加えて、夜間の自然な寝つきにつなげることができる。

日中に十分な活動や運動をした子どもほど寝かしつけに苦労しない場合が多いと言われている。

部屋は暗くしてスマホは持ち込まない

子どもを寝かしつける前には、子どもに明るい光を発するスマートホンやタブレットなどは見せないことが重要である。

ブルーライトなど明るい光を浴びると前述の良質な睡眠を促すメラトニンの放出が抑制されてしまい、眠気も生じにくくなるだけでなく興奮する原因にもなりかねない。

絵本の読み聞かせアプリなど便利なものもあるが、寝かしつけには従来からの紙絵本で極力刺激を与えぬように努めるべきである。

4. 寝かしつけの方法は?絵本や抱っこは効果的?

寝かしつけの方法として絵本の読み聞かせや抱っこを「入眠儀式」の1つとして取り入れることはよいだろう。

しかし「入眠儀式」とする場合には毎日決まった時間に決まったことを継続して就寝前の寝かしつけで実施し「これが終わったらねんねする」と子どもに理解してもらう必要がある。そのため「昨日はできたけど今日は無理」などと単発的になるとスムーズな寝かしつけ効果は期待できない。

また、体重も増加してきている3歳児を抱っこで寝かしつけることは親の身体的な負担にもなるため、短時間で済ませる・抱っこ紐などを利用する・別の寝かしつけ方法に変更するなどして肩こりや腱鞘炎などを防ぐ対策も考慮していくべきだろう。

結論

今回は、3歳児の寝かしつけについて睡眠や寝かしつけの特徴や方法について詳しく解説したがいかがだっただろうか。
子のども睡眠確保は、子どもの心身の健全な成長発達には欠かせないものである。そのため、ぜひこちらの内容を参考に効率的に子どもを寝かしつけて十分な睡眠を確保できるようにサポートしていただきたい。

参考文献

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ